4話 清楚で健気な街娘なのです

 メトカーフ家の屋敷は街の少し外れた所、柵で囲われた場所にある。俺も何回か通る機会があったが、流石は領主の屋敷、凄く大きかった。日本じゃ見かけない西洋風屋敷だったし、少し憧れがある。


 とまあ、何故こんな事を話しているのかと言いますと、現在俺はメトカーフ家屋敷の見える場所で見張りをしているからだ。


「寒みぃ」


 昼間は暖かいとはいえ、朝の冷え込みは凄く少し服装が薄かった。うう、早く出てこいよアレン。


「大丈夫?」

「リディアさんは大丈夫なんですか」

「うん。これくらいなら慣れてるから。だからーー」


 ムギュッと抱かれた。人形の抱き上げられる。温かいし柔らかいけど、しかし、リディアさん結構力持ちなんだなぁ。俺よりも全然腕力がある。


「むふふ、あったか〜い」

「それはよかったです」


 頭におかれたリディアさんの顔はきっとふやけているのだろうが、それもここまでだ。


「リディアさん、出てきましたよ」

「うん、だね」


 門が開きそこから出て来たのは質の良い衣服に身を包んだアレン。側には執事も控えており、近づくことは出来ない。


「カナデちゃん、出来そう?」

「とりあえずやってみます。『我写すは理想の萌えなり』」


 少し距離はあるが、おそらく視認さえ出来れば俺は理想変化をすることが出来る。まあ確証のないことなので、今こうして確かめている訳だが。

 そして、何よりも最大の目的なのが、アレンの理想がどんなものなのかを知るという事だ。

 物陰に隠れてバレないように『萌え』を発動した俺は、支部長の時同様むくむくと成長した。いつもの服だと破れてしまうので、あらかじめ大き目の服を着ている。


「出来たね」

「はい、これがアレンの理想ですね」

「だけど意外だね。あいつ派手だからもっとこう派手な子が好きなのかと思った」

「理想っていうのは自分とは程遠いものですからね。驚くこともありませんよ」

「そうだね。じゃあ、これに似合う洋服を買いに行こうか」

「はい。作戦の決行日は明日。今日は入念に準備しましょう」


 そして俺とリディアさんは闇夜に紛れて、じゃなくて、朝日に照らされて街へと躍り出た。


 そんな紆余曲折ーーストーキングとかショッピングーーを経た翌日、俺は今、開戦を控えてリディアさんと監視をしていた場所に再びいた。

 因みに俺、変化は解いているが、対アレン用衣装は纏っています。


 この件、つまりはハニートラップ作戦なのだが、この作戦に参加するのは俺だけじゃない。お察しの通り、リディアさんも参加している。これはまあ俺のお目付役っていうのと、重要な案件なのでリディアもという支部長命令だ。

 だから俺とリディアさんはこれも勤務で、服買って美味しいものを食べてなんかをしているけど、これが任務で。まあ何が言いたいのかというと、昼間っからお酒を飲む優越感ってこんな感じなのかなってことだ。最高っ!


「カナデちゃん準備はいい?」

「はい。慣れてますから」

「慣れてるんだ……」


 苦笑いされた。

 そりゃ慣れてますよ。買い物の時、かわいく寄っていくらまけてもらったと思ってるんだ。祭はほとんど奢ってもらえたし金を使わずに堪能してくらいだ。

 相手には俺に貢がせ、俺はかわいさで癒しを与える。まさにwin-winで健全な関係だ。


「それはともかくとして、昨日渡したネックレスは持ってるね?」

「はい。ここに」


 まだペッチャンコだから取り出しやすい胸元から、翠色をした小さな結晶が1つ付けられたネックレスを取り出した。

 これはリディアさんから貰ったもので、なんでも俺を守るためのものらしい。


「危ない時はすぐにそれを握りしめてね。私の持つ親石に反応が来るようになってるから」

「はい」


 不安に顔を染めるリディアさん。えぇ、そんなに不安? 作戦内容的にそこまで危険な事はないんだけど……。別に暗殺するわけでもないし、だったら大丈夫だろう。そもそもアレンが会うのは俺であって俺ではない理想ーー架空の存在だし。身元特定はされんのです。


「大丈夫ですよリディアさん。そこまで危険な事はしませんから」

「そうなんだけど、そうじゃなくて……。カナデちゃんがあいつに汚されてしまうと思うとね」

「汚されるって……」

「きっと直ぐに胸触るだろうし肩を抱いてくるよ! 気をつけて。ううん、気をつけなくても私が絶対に止めるから!」

「やめてくださいね……」


 ホント。リディアさんの過保護化が進行している。いい雰囲気になるならいいし、それに、アレンの求める属性のする反応ならそれとなく回避できる筈。

 フンスフンスと俺よりも、というか俺とは違う方向に気合いが入っているリディアさんを横目に門に目をやる。毎日同じ時間に出て来るわけじゃないだろうから、気をぬくにも抜けない。

 何事も初めが肝心だ。出会いが肝心だ。第1印象に勝ることなど、それこそ半年とか長期に渡るものしかない。一発勝負で、ここが最初の勝負どころ。


「来たっ」


 いつの間にかリディアさんも意識が戻っていたようで、考え込んでいた俺はその言葉で現実に戻された。


「カナデちゃん」

「わかってます。『我写すは理想の萌えなり』」


 さてと、行きますか。

 みるみるうちに昨日と同じ姿に変化していく俺。それと同時にだぼだぼだった服もフィットして、しっかりと着こなしていく。


「じゃあ行ってきます」


 柔らかな笑顔を浮かべて目線が近づいたリディアさんに言った。もう、役に成るのだ。

 リディアさんも頷いてくれたところで、俺ーー私はアレンの方へと向かって歩いた。……これだと決闘しに行くみたいだな。まあ私の手にはというか腕の中には決闘には似つかわしくない、リンゴーーみたいな果物でいっぱいの籠が抱かれているんだけど。これがベタだけどまだ有象無象な私という理想にアレンの意識を向かせるきっかけだ。

 一歩一歩縮まる距離。まだ、まだ早い……。20メートル、10メートル、5メートル。今だ! さあ、ア◯デ◯ー賞獲りに行くぞ!


「あっ」


 わざとリンゴ(みたいな果物ってめんどくさい)を1つ落としそれ慌てて拾おうとして籠をひっくり返す。漫画とかでよくありそうなシチュエーションだけど、よくあることなら不自然ないだろう。……まあ、ないとは一概には言えないけど。大丈夫だ。

 その証拠にほら、アレンもこっちを見て近づいてきた。女好きのアレン、美女っぽい女性がいれば近づいて来るのは自明の理。


「大丈夫か」

「は、はい」

「手伝おう」

「い、いえ。そんな申し訳ないです」

「気にするな」

「ありがとうございます」


 思いの外ぐいぐい来るな。まあこれもまだ予想の範疇。

 その後落としたリンゴを籠に集めた。そこで手と手が触れ合って、なんていう展開まありだが今回は出会うだけ。あくまでも私という理想を認識させる事が目標だ。だからまだそれはあざとすぎる。

 地面につけていた膝部分の服の埃を払って立つ。


「本当にありがとうございました」


 私は深く礼をした。もちろん笑顔は忘れずに。風が吹いて髪が舞った。


「あ、ああ」


 ふっ、どもったぞ。このまま、


「どうかされましたか?」


 私はぐいっとアレンに近づいて、目を覗き込むようにした。するとアレンは今までの反応とはうって変わって顔を逸らした。

 私はそれに気がついているし、だからそう顔を赤くしてこう言うのだ。


「す、すいませんっ」

「気にするな」


 と、気丈に振る舞ってはいるがアレンも少し恥ずかしそうだ。アレンの目の前にいる私はそう、アレンの理想の姿なのだから。


 シルクのように柔らかな、薄い色素の金髪は背中まで伸び、時折吹く風にゆらりと揺れる。整った顔には2つの青目がきらりと強く輝き、真っ直ぐさを垣間見させる。背丈は男性としては少し高いくらいのアレンの肩ほどで、胸は普通だが確かな柔らかさがある。そしてそんな姿にアレンは清楚という属性を求めた。

 私は、アレンの理想である私は、清楚で健気な街娘なのです。


「では、私、急ぐのでこれで失礼します」

「あ、少し待ってくれ」

「すいません! 本当にありがとうございました!」


 俺はそう言ってその場を去った。後ろにはアレンのあっという情けない声がしたが、気にしない。


 アレンから離脱し、あらかじめリディアさんと決めておいた待ち合わせ場所に向かった。そして、抱きつかれた。


「ゲフッ」

「大丈夫!? 何もされてない? よかったよー!」

「リディアさん、ギブ、ギブです」


 若干の絞め技を決められた俺はなんとか抜けだした。


「ご、ごめんね」

「いえ、心配されるのは嬉しいです」

「そ、それで。首尾はどう?」

「上々です。完璧でしたね」

「そっか。じゃあカナデちゃんの計画通り、明日はまた接触だね」

「はい」


 そう、これはまだ作戦の第1段階。まだまだお前の復讐はこれから……じゃなくて、ハニートラップはこれからだ。

 まあ、どちらしても最低だな。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


感想やレビュー、お待ちしてます

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます