半神の趣味的日常 ~Liberation from history tragedy ~

湯煙

第一部 半神 誕生編

プロローグ

prologue あなたはどうだろう?


 時間を遡る力が手に入ったら……


 歴史上の有名人に会いたくはならないだろうか?


 悲しい最後を迎えた美女達を救いたくはならないだろうか?


 失われた芸術を取り戻したくはならないだろうか?

 …………

 ……


 俺はなるよ?

 ただし、歴史を変えないという条件付きだけどね。


 ……あなたはどうだろうか?


 何故そんなことを訊くのかって?


 それは……しばらくつきあってくれるなら、教えてあげるさ……。

 

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます