第二章 <Ⅱ>

 県立埴輪山高校一年七組に、昼が来たー。


 あたしと青深はるみ陽蕗子ひろこは机を寄せて、例のごとくに弁当を食べている。主食はとっくに平らげ、デザートに取り掛かったところだ。机に山のように盛り上げたお菓子と果物は、あたしたちが白銀を歓迎するために準備した代物だった。


「来ないなら、こちらから行くまでだ!」


 青深が、横咥えにした落花らっか煎餅せんべいを、歯でバキリと折った。


「どこにー?」


 ハート型のチョコレートを手にして固まっていた陽蕗子が、子ウサギのような目を丸くする。


白銀しろがねの家に決まってんだろう」


 青深の目が据わっている。背後から陽炎のようなものが立ち昇っているのは錯覚だろうか。


「カチコミすか、親分?」(カチコミ=殴りこみのこと・極道用語)


 ちょっと訊いてみた。


莫迦バッカ野郎! 迎えに行くんだ!」


 また殴られた。ギャラリーにはウケている。


「それがいい! そうしよっ!」


 陽蕗子のふっくらした頬に、輝くような笑くぼが浮かんだ。


「今日?」


「そうだな。部活の後だから、時間は――」


「ちょっと待って。今日は、そっとしといた方がいいと思うよ」


 あたしが考えながら口を挟むと、青深の横目が「なぜ」と尋ねた。


「だって、久し振りの学校で、めっちゃ気疲れして寝込んじゃったのかも知れないでしょ。今日も来るつもりでいたのに、来られなかったんだとしたら、本人はメゲてると思うし」


「なるほどな」


 こいつに(気疲れ)という感覚があるかどうか疑問だったが、青深は謙虚に頷いた。


「そうかあ。時雨はこういうの鋭いんだよね」


 陽蕗子がこくこくとうなずく。


「そうか。よし、それなら――」


 腕組みをした青深が言った。


「明日から週末まで中間考査だ。ならば……」


 ふと見ると、ななめ後方でラグビー部が半身になって身構えている。


「日曜日だ。校庭に集え!」


「がってん!」 「がってん!」 「ガッテン!」


 野太い声がひとつ混じった。


 日に焼けた拳を掲げたラグビー部が、広い肩をすくめて頭をかいている。手元の弁当箱が異様にデカい。


「すまん。つい――。はなしが聞こえてしまって。俺にもできることがあれば手伝うぞ」


 すると。


「うちも手伝うよー」


「白銀のこと、気になってたんだ!」


「ヤバいよねー」


「俺も混ぜて」


「このコアラ、貰っていい?」


「ヤバいだろ」


 教室のあちこちで耳をそばだてていた同級生たちが集結してきた。


「共感してくれて、ありがたいよ」


 青深がまぶしげに目を細めてギャラリーを見渡した。お前はどこのイケメンだ。


「実を言うと、時雨が言い出したんだ。こいつがどうしても白銀に会いたいって」


 青深がそう告げると、どよめきが湧いた。


「桐原。なんか、ありがと!」


「泣ける!」


「時雨、ナイス!」


「ヤバ過ぎる」


 あたしの周りが笑顔で囲まれている。誰か、助けて。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます