アネさんと理想の結婚相手 1

 どのような流れでそうなったのか。

 2‐Aで行われていた保健の授業中、突然結婚の話になった。その話になったのが授業が終わる十分前だったので、すぐに終わったのだが。

 昼休みに突入した後も、教室はその話題で盛り上がっている。



「やっぱり、結婚する相手だったら、お金持ちがいーなー」

「えー。なんかゲスイ考えだなあ」

「愛があってもー、お金がなかったら苦労するよー。それでー、高学歴で、スタイルよくて、イケメンでー」

「そんな人、いてもあんたじゃ捕まらないでしょ……」

「そういうエリの理想はなんなのー?」

「え、私⁉ ……そ、そりゃ、やさしい人が……」

「はいはい乙女乙女ー。……カマトトぶって」

「ボソっというのやめてよ!」

「私はねェー、シャルル君がいいなぁー」

「あ、あんた抜け駆けずるいわよ!」

「シャルル君かー。私はショタくんと結婚したいー」

「あ、わかるわかる! かわいいよね、彼! それに気さくだし、結構優しいし。英語もすごくできるから、海外とかで働きそう」

「えー。あたしより身長低い男はパス」


(田月くん、モテてますなあ)

 卵焼きを食べながら、二宮杏寧あんねはのんびりと、傍観者として女子たちの会話を聞いていた。

 が。


「ねぇそう言えば、アネさんって、ショタくんと付き合ってんの?」


 お金持ちと結婚したいと言っていた女子に会話を振られ、彼女は卵焼きを弁当箱に落とした。


「ちょ、ちょっとチエミ! そういうこと聞くのは、」

「何よエリ。ちょっとした世間話じゃない」

「二宮さんビックリしてかたまってるじゃない! そういう話は、人を選んで!」

「あらま、本当。彫刻みたい」

「ち、違うよ!」

 なんだかからかわれる流れになりつつある。

 我に返った二宮は、すぐに否定した。


「つ……付き合ってナイ、ヨ?」


 ……残念なことに、声が裏返っている。視線も明後日の方向だ。


 それを聞いて――。

 そうなんだと正直に受け止める天然な人間が、一分。

 そうであってほしいと願う人間が、三割(男子含む)。

 絶対付き合っている、と思い込む人間が六割。

 ああ、両片思いなんだな。と、推測する人間が九里九分。


 その中で、両片思いだと判断したクラスメイトの緑川エリは、二宮のために少し話の軌道をそらすことにした。


「じゃあさ、二宮さんは、結婚相手はどんな理想を思ってるのかな?」

「私ですか? 私は……」


 今までの会話を振り返り、考える二宮。

 興味ありませんと装いつつ、必死で耳を澄ます男子たち。彼らにはまったく気づかず、彼女は『理想の結婚相手』について続けた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます