アネさん探偵と美術館の幽霊 3

「……ショーケースが、一つしかない」

 二つ隣接していると思われていたショーケースは、一つしかなかった。


「そっか。周りが暗いから、ガラスが半分鏡みたいに映っていたのか!」

「うん。展示物の焼き物が、半分鏡になったガラスに映っていた。だから、一つしかないショーケースが、二つあるように見えるの。結構気づかないものでしょ」

「ガラスを通して見る二宮よりも、反射した展示物の虚像の方が手前に映ってたんだ。身体が透けているように見えたのは、そのせいか。でも、だったらどうやって女が消えたんだ?」

「ほら、ショーケースの隣。パイプ椅子があるでしょ」

 二宮が指を指す。たしかにそこに、パイプ椅子が一つあった。

「若林さん、あそこには学芸員さんも座るんですよね?」

「普通の美術館なら、アルバイトの監視員の方が座りますけど。うちでは来場者さまの質問に答えられるよう、たまに学芸員が座ることもあります。特に今の時期は暇な私ですね」

 あははーと笑う若林。

 再びひそひそ話。

「……つまり、この椅子に座った瞬間、ショーケースの土台に隠れて見えなくなった、ってことか?」

「多分、私や田月くんが座っても、土台から頭が出ると思いますけど。若林さんの身長だったら可能です」

「なるほど……。すみません、若林さん」

「はい、なんでしょう」

 

「若林さんの、身長、座高、靴のサイズって⁉」

(そんなスリーサイズ初めて聞いた!)

「あ……し、身長は149センチ、靴は20センチです!」

(そして答えちゃうんだ、若林さん⁉)

 色々ビックリする二宮杏寧だった。


「座高は、すみません。小・中校時代以来計っていなくて……」

「まあ、座高ってなんのために計るかわからねえよな」

「たしか今は、身体測定の座高の欄は廃止されたような気がします」

 とはいえ、今必要な情報は座高だったりする。

「まあ、座ってもらえばわかるだろ」

「ですね。すみませんが、若林さん座っていただけますか?」

「なんだかよくわかりませんが、わかりました」


 そして推理通りに、座った彼女の姿はショーケースの土台ですっかり見えなくなっていた。

 確信した二人は、これまでの事情を若林に説明する。

「……というわけなんですけど。心当たりありませんか?」

「あー! それであの時、叫びながら走っていったんですね? 叫んだり走ったりしないでください、って言おうとした時にはいなくなってて。そうですか、私を幽霊だと勘違いしたんですか」

「やっぱり……」


 田月と二宮の頭の中で、井上シャルルが泣き叫んで逃げていた。

 安易に想像できるところが悲しい。


「でも、変だよな。シャルルは『髪が長い』女って言っていただろ? 若林さんの髪型は、とてもロングには見えないし」

 田月のもっともな疑問に、若林はあっさり答えた。

「ああ。それは、ウィッグです」

「ウィッグ? なんでまた?」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます