腐ってもオタク女

作者 猫田芳仁

50

19人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

カクヨムに腐女子エッセイがあったとは! しかもこんなに面白いなんて!
ほくほくしながら読んでます。
どこを読んでも、浮世の悲しみをぬぐいさってくれるおもしろさ。
一人称が「吾輩」。

エピソードが「○○冊目」なのが、薄い本を想起させて、あぁんもう、しゃれてるぜ。
私もご講義の聴講、させてください……

★★★ Excellent!!!

私は腐女子ではありませんが、あっこの気持ちわかるぞと思う点もあるし、そんなんもありかマジかと思う点もある。
腐女子を「こういう感じでしょ」と、簡単に括っちゃいけません。その世界はディープでカオス。
覗いてみてください。きっと、どこか共感してしまう自分がいますよ。

★★★ Excellent!!!

腐女子。

いまやラノベに限らず、漫画やアニメなどで時には主人公の友人として、或いはヒロイン候補として無くてはならないタイプのキャラです。

普段、彼女達は何を考え、どう生き様を刻んでいるのか。
その骨格を知る事のできる貴重なエッセイです。

そして腐女子を知る事によって、もう一つ見えてくる事があります。
彼女達に推される、好かれる男性キャラの有り様です。

作者の方はマイナージャンルに傾倒されていますが、メジャーと比較されているので売れ線とは何かについても考察できます。

自作のキャラメイキングに悩んでいる作者の方々へのヒントが散りばめられている……読んでいて、そんな気がしてきました。

もちろん、楽しく読み易いので普通の読者の人達にもおススメです。