草むしり

作者 水円 岳

19

8人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

学校の校庭で草むしり。他の方も書いておられる通り、決まったシチュエーションと舞台でここまでバリエーション豊かにお話を続けられるのは凄いなと。
ネタの種類も、同音異句の言葉遊び、ニヒルなユーモア、親しみやすい王道の起承転結から予想だにしなかった急展開まで。まさしく、読み始めると手が止まらなくなる四コマ漫画、の小説版といった趣であります。
客観的に考えるとかなり過酷な草むしり環境ですが、飄々とした人物が多く、さらっと読む分にはほのぼの日常系の風すら漂っており、読み込む深度によって想像する景色が変わるのも楽しいです。

★★ Very Good!!

草むしりで、どのくらいネタを思いつきますか?
校庭の草むしりだけで、50ネタ以上連載されています。
四コマの自主企画向けに連載を始められた作品ですので、1エピソードは二人の会話が四回のみで、さくっと読むことが出来ます。
そう、ネタ数もさることながら、毎回同じ短い形式で、きちんとまとめられているのです。