泡世界――もしくは、博士は如何にして世界を救いしか

作者 水乃流

2

1人が評価しました

★で称える

レビューを書く

書かれたレビューはまだありません

この小説の魅力を、あなたの言葉で伝えてみませんか?