第162話・祭りのあと

 一番忙しいお昼時を過ぎると、飲食関係のお店はどこもそれなりに客足は落ち着きを見せ始める。しかしそんな中でも、我らが喫茶店はお昼時とあまり変わらない賑わいを未だに見せていた。

 俺は厨房の中で注文された品が出来上がるのを待ちながら、左手の平に付いたままの七つのスタンプを見つめる。

 休憩時間中に杏子と愛紗がやっていたロシアンクレープ屋をあとにした俺とまひるちゃんは、杏子達のクラスがやっている他の出店を回りながら、せっせと杏子の言っていたスタンプ集めをした。個人的にはスタンプラリーに興味は無かったんだけど、まひるちゃんはこのスタンプ集めをやりたがっていたし、それを楽しんでたみたいだから良かったと思う。


「それにしてもこのスタンプ、全然消えやしねえな……」


 手の平に残ったままのスタンプを見つめながら小さくそう呟く。

 休憩から戻った時にハンドソープでしっかりと手を洗ったんだけど、このスタンプに使われている特殊インクとやらは、にじむどころか微塵みじんも落ちる様子がなかった。


「お待ちどうさま!」


 軽快な声と共に調理担当のクラスメイトが注文された品を俺の所へと持って来た。

 そして用意された品を丁寧にシルバーのおぼんに乗せてから厨房をあとにし、俺はこの品を注文した人達のもとへと向かって行く。


「お待たせしました。サンドイッチBセットと、特製ケーキセットです」

「ありがとう、お兄ちゃん。はかま姿が様になってるね。ねっ、愛紗」

「う、うん。とても似合ってると思います」

「そうか? ありがとな」

「いえ……」


 二人からの言葉を照れくさく思いながらお礼の言葉を口にすると、愛紗は少し微笑みながら顔を俯かせた。


「注文はそれだけでいいのか?」

「うん。愛紗と半分ずつ交換して食べるから大丈夫だよ」

「そっか。それじゃあ、ゆっくりと食べていってくれ」

「ありがとう。あっ、ところでお兄ちゃん。ちゃんと七つのスタンプを集めてくれた?」

「ああ。ちゃんと集めたよ。ほら」


 俺はスタンプが残る左手の平を杏子に開き見せた。するとそれを見た杏子はにっこりと笑顔を浮かべ、赤色の綺麗な包み紙がされた小さな長方形の箱を白い袋から二つ取り出した。


「はい、お兄ちゃん。スタンプコンプリートおめでとう。サンタさんからの贈り物だよ♪」


 杏子は可愛らしくそう言いながら、二つの箱を手渡してくる。これで妹じゃなかったら、思わず惚れてしまいそうな笑顔だ。

 しかもサンタさんからの贈り物とは、洒落た演出だと思う。箱を入れていた白い袋も、サンタを意識しての事だろう。


「サンキュ。もう一個はあとでまひろに渡しとくよ」

「うん。お願いするね」

「ああ。ちなみに中身は何なんだ?」

「ふっふっふ。それは開けた時のお楽しみなのでーす♪」


 そう答えた杏子を前に、俺はすぐこの話題に対する追及を諦めた。杏子の性格上、こうなると絶対に教えてくれないからだ。


「へいへい。そんじゃまあ、開ける時を楽しみにしとくよ。それじゃあ、俺は仕事に戻るから」


 そう言うと杏子は、『ちぇっ、もうちょっと粘って聞いてくれてもいいのにさ』とぼやいていた。杏子的には俺ともっと遊びたかったんだろうけど、今の俺にはのんびりと杏子に付き合ってやる時間はない。

 ブツブツと不満を口にする杏子に愛紗が優しくケーキを差し出すのを見つつ、俺は厨房へと戻った。

 そして杏子達が店を出てから一時間ほどが経ち、そろそろ十六時を迎えようかという頃。店内に白衣を着た宮下先生がやって来た。


「繁盛しているみたいだな」

「おかげ様で好調ですよ」

「そうか。ところで、涼風はどうしている?」

「まひろですか? まひろならあっちで接客してますけど、どうかしたんですか?」

「いや。少々気になる話しを聞いたので、様子を見に来たんだ」


 宮下先生の言葉を聞いた俺は、心臓がドキッと大きく跳ねた。勘ぐり過ぎかもしれないけど、まひろとまひるちゃんの入れ替わりがバレたのかと思ったからだ。

 動揺する気持ちを必死に隠しつつ、俺は宮下先生の言う『気になる話』というのを聞き出そうとした。


「気になる話って何ですか?」

「ん? ああ、大した事ではないよ。昼間に君の妹さんがやっているクレープ屋に行ったのだが、その時に君の妹さんから話を聞いたのだよ。『まひろさんの様子がちょっと変だった』とな。それで体調でも悪くしているのではないかと思って、様子を見に来たわけだ」


 ――杏子の奴、余計な事を言いやがって。


 そんな事を思いながらも、それを口にする事も態度に出す事もできない。


「そうだったんですか。でも、俺が見る限りは変わった様子はありませんけどね」

「そうか。それならそれでいいさ。まあ、せっかくここまで来たんだから、このお店の売り上げに貢献するとしよう。空いてる席に案内してくれたまえ」

「あ、はいっ。それじゃあこちらへどうぞ」


 何かしらの追求を受けると思っていたから拍子抜けした感は否めないけど、平穏無事にこの場を切り抜けられたのだから良しとしよう。


「ご注文はどうしますか?」

「ふむ。色々とあって迷うな……」


 案内した席に座った宮下先生は、メニュー表を開き見ながら悩み始めた。

 普段からスパッと物事を決めているイメージがあるから、こんな風に悩んでいる宮下先生はとても新鮮に見えてしまう。


「宮下先生でも悩んだりするんですね」

「私もただの人間だからな。時には迷い悩む事もあるさ」

「宮下先生はいつも迷い無く突き進んでる感じがするから、ちょっと意外でしたよ」

「ふむ。迷いも悩みも無く生きている人間など居ないとは思うが、もしもそんな人間が居たとしたら、その人物は個人的には幸せなんだろうな」

「個人的には?」

「自分のやる事や考えに迷いが無いというのは、一見すると良く感じるかもしれない。だが、これは案外危ない事でもあるのだよ。それができる人間は、どこまでも迷い無く自身の行動を疑わない。それが例え、周りからいけないと言われる行動であったとしてもだ。だからこそ、一切の迷いが無い人間が居たとしたら、それはとてつもなく怖い存在でもあるのだよ。人は迷いや悩みがあるからこそ、他人の言葉に耳を傾ける。時にはそれで失敗もするだろうが、人は失敗という経験から考察を経て別の答えへと至る事ができる。そこが人間の素晴らしいところでもあるのだよ」

「なんだか難しい話ですね」

「別に難しくはないさ。要するに人間というのは、迷い悩んでこそ人間だという事なのだから」


 宮下先生は自らの持論を簡潔にそうまとめると、持っていたメニュー表をパタッと閉じてテーブルに置き、『君のお勧めを持って来てくれたまえ』と言った。

 そしてそのあと、俺が持って来たお勧めの品をペロリと平らげた宮下先生は、帰り際に『人というのはどこまでも、自分を騙せてしまう生き物なのだな』という、謎の一言を残して去って行った。


「あー、腹減ったなー」


 宮下先生が店を出て行ったあとで厨房へ戻ると、渡がお腹を押さえながら大きな声でそう言った。


「そういえば渡、休憩には行ったのか?」

「いいや。みんなの休憩の調整やら呼び込みやらで全然行ってねえ」

「マジかよ。だったら腹も減るよな。あっ、そうだ。冷蔵庫に買って来たクレープがあるから、良かったら食べてくれよ」

「おっ、いいのか? わりいな」


 渡はそう言うと嬉しそうに冷蔵庫の方へと向かった。

 そして俺は再び接客をする為に、厨房を出て店内へと向かい始めた。


「あっ!?」


 店内に戻ってから数十秒後。

 俺はある事を思い出し、急いできびすを返してから厨房の方へと引き返した。


「渡! クレープを食うのはちょっと待っ――」

「ぐわあぁぁぁぁぁぁぁ――――――――っ!!」


 杏子のお店で買ったクレープがロシアンクレープだという事をすっかり忘れていた俺は、急いで渡がそのクレープを食べるのを止めようとした。しかしそれも間に合わず、厨房内に渡の大きな叫び声が響き渡った。


「み、みずうぅぅぅぅぅぅぅ――――――――!」

「あっちゃあ……」


 水を求めて悶え苦しむ渡。

 俺は冷蔵庫から水の入ったペットボトルを取り出し、狂った様に悶え苦しむ渡にそれを飲ませた。


× × × ×


「お待たせ。龍之介」

「大して待ってないよ。それじゃあ行くか」

「うん」


 十七時になって店を閉め、その後片付けした俺達は、学園の一室を使って打ち上げをする事になっていた。そこで俺はまひるちゃんと一緒に素早く学園を抜け出し、まひろが待っている最寄駅へと向かった。

 そしてまひるちゃんと入れ替わりでまひろと合流した俺は、今日の出来事を話しながら学園への道を歩き始めた。


「――へえー。そんな事があったんだね」

「ああ。結構大変だったよ。最後なんてロシアンクレープの当たりを引いた渡の世話をしなきゃいけなかったし」


 これはあとで杏子に聞いた話になるが、あのロシアンクレープにはハバネロの一種で凄まじく辛い唐辛子と言われている、キャロライナ・リーパーをクリームに混ぜ込んでいたらしい。

 そんな危険な物を混ぜ込んで売るなよ――と、俺が杏子に言ったのは言うまでもないだろう。


「渡君、大丈夫だったの?」

「ああ。これでもかってくらいに甘い物を口に詰め込んでたから、多分大丈夫だろう」


 打ち上げの時にみんなと話が合わないとまずいので、色々な事を話しながら歩いていると、突然冷たく強い風が吹いてきた。


「ううーっ! やっぱり陽が落ちると滅茶苦茶寒いな」


 まひるちゃんを駅まで送り届けたあと、屋外にある約束の場所でまひろがやって来るのを待っていた俺は、その間にすっかり身体が冷えてしまい、全身が小刻みに震え始めていた。


「大丈夫?」

「大丈夫だとは言い難いけど、もう少しで学園に着くから大丈夫さ」

「良かったらこれ使ってよ」


 まひろはポケットから手の平サイズのカイロを取り出すと、にこっと微笑みながらそれを俺に差し出してきた。


「ありがたいけど、それじゃあまひろが寒いだろう?」

「ううん、僕は大丈夫。さっきまでずっと暖かい所に居たから。だから遠慮しなくていいよ」

「そうか? それじゃあ、遠慮なく使わせてもらうよ」

「うん。そうしてよ」


 俺はまひろが差し出してくれたカイロをありがたく受け取ったんだけど、この時のまひろに妙な違和感を覚えた。

 その違和感が何かと言われれば返答に困るけど、一瞬目に映った何かが俺の中で妙に引っかかった。まるで、間違い探しの絵でも見た様な感覚で。


「どうかしたの?」

「えっ!? ああいや、なんでもない」


 きょとんとしながら小首を傾げるまひろにそう言いながら、俺は受け取ったカイロを両手で包み込んだ。


「ああ~。温かい……」


 冷えた手に伝わってくるカイロの温かさが心地良く、さっきまでの違和感はどこかへ消え去っていた。


「よし。風邪をひかないように学園へ急ごう」

「うん」


 そう言ってまひろと一緒に少し駆け足で学園へ向かい、俺達は無事にみんなと一緒に文化祭の打ち上げを楽しんだ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます