第121話・二人っきりの学園見学

 ファミレスを出たあと、俺はるーちゃんのお願いを聞いてとある場所へと一緒に向かっていた。

 太陽がギラギラと輝く炎天下の街中を、二人で話をしながら歩いて行く。

 しかし話とは言っても、大した事を喋っているわけじゃない。るーちゃんが転校して以降のお互いの話をしていたくらいだ。

 なんでも聞いたところによると、るーちゃんはあれからも母親の仕事の都合や恋愛事情で度々転校を繰り返していたらしい。

 恋愛ってのは素晴らしいものだとは思うけど、その全てが必ずしも良いものとは限らない。まあ、俺が異性と付き合った経験が無い以上、偉そうな事は言えないけど、他人の恋愛話や様々な破局エピソードを聞いたりしていると、要は恋愛って、お互いのバランスがかなり大事なんだとつくづく思う。

 そんな事を思いつつ、るーちゃんと話しをながら目的地へと向かって行く。


「――さあ。着いたよ」

「わあー。たっくんはここに通ってるんだね!」


 俺がるーちゃんを案内をして辿り着いたのは、花嵐恋からんこえ学園。

 ファミレスを出てからるーちゃんに頼まれたお願いとは、花嵐恋学園を見てみたい――というものだった。何でわざわざ花嵐恋学園を見たかったのかは分からないけど、特に断る理由も無かったからこうして一緒に来たというわけだ。


「うん。こっちが本校舎で、その向かいにあるのが運動部や文化部が使う部活専用棟。他にもレクリエーションに使う事を目的としたレクリエーション専用棟なんかもあるんだよ」

「へえー。けっこう敷地の広い学園なんだね」

「俺も最近知ったんだけど、敷地面積は全国の小中高大を含めて五本の指に入るくらいに広いんだってさ」

「凄いんだね……ねえ、たっくん。校舎の中には入れないかな?」

「うーん……入れない事は無いと思うけど、学生服も着てないしなあ……」

「そっか。無理を言ってごめんね……」

「いや、別に謝る事はないよ。でもまあ、せっかく来たんだし、ちょっと覗いて行くくらいはいいかな」

「いいの?」

「うん。でも、先生に見つかったら、一緒に怒られてもらう事になるけどね」

「分かった。もしも先生に見つかったら、私もたっくんと一緒に怒られるよ♪」


 にこにこと笑顔でそう答えるるーちゃん。俺としては多少なり躊躇ちゅうちょするだろうと思っていたんだけど、そんな予想とはまったく違った反応をされてしまった。

 まあ、俺の予想していた反応とは違ったけど、一緒に怒られる覚悟があるなら俺も腹を決めて校内を案内しようと思った。それにもしも先生に見つかったら、俺のダイナミック土下座を披露して許してもらうとしよう。


「そこまでの覚悟があるなら行こっか」

「うん! よろしくお願いします」


 俺はるーちゃんと一緒に校門を抜け、そのまま本校舎へと入って校舎内を見回り始めた。


「――どお? 特に珍しい物なんて無いでしょ?」

「そうかもしれないけど、やっぱり知らない学校の中って新鮮に見えるからドキドキしちゃうよ」


 校舎内に入って歩く事しばらく、るーちゃんは物珍しそうな感じで色々な場所に視線を移していく。

 確かに学校というくくりではどこも一緒かもしれないけど、るーちゃんが言ったみたいに知らない学校なら新鮮にも見えるんだろう。

 あちこちに視線を移するーちゃんを案内しながら、俺は自分の在籍している教室へと向かった。


「教室は結構広いみたいだけど、並んでる机の数はあんまり多くないんだね」


 るーちゃんは相変わらず楽しそうにしながら、廊下側の窓から教室の中を覗き込んでいる。

 他の学校がどんな感じなのかは分からないけど、少なくともるーちゃんが今通っている学校は、この学園より一クラスの人数が多いんだろう。


「この学園はAクラスからEクラスまであって、だいたい一クラス三十人くらいで構成されているんだ。あっ、ちなみにここが俺の居るクラスだよ」

「ここでたっくんが勉強してるんだね。席はどこかな?」

「校庭側の一番後ろの席だよ」

「教室の中には入れないのかな?」

「夏休みだからさすがに鍵がかかってると思うけどね」


 そう言いながら教室前方の出入口を開けてみようと手を伸ばしてみたけど、案の定と言うべきか、やはり扉には鍵がかかっていて開かなかった。

 部活で学園に来る奴は結構居るだろうけど、部活がある連中は基本的に本校舎には来ないだろうから、鍵がかかっていて当然だとは思う。


「それじゃあこっちも開かないのかな?」


 そう言うとるーちゃんは教室の後方へと向かい、そこにある扉に手をかけた。

 前方の扉はキッチリと鍵がかかっていたわけだし、そう都合良く後方の扉だけが開いてるって事は無いだろう。おそらくるーちゃんも、それは分かっていたと思う。


「あ、あれっ!?」


 しかしそんな俺の予想に反し、るーちゃんが手をかけた扉はガラガラッと音を立てて横にスライドした。


「あれっ!? どうしてそっちだけ鍵がかかってないんだ?」

「ど、どうしよっか?」


 開くはずがないと思っていた扉を、冗談半分で開けようとしたら開いた。

 自分がもたらした思わぬ結果に驚き、るーちゃんは困惑の表情を見せている。


「開いたものは仕方ないし、入っちゃおうか」


 そう言って俺はるーちゃんの横を通り抜けて教室の中へと入って行く。


「い、いいの?」

「大丈夫――って胸を張っては言えないけど、まあ、見つかった時の秘策はあるから。ほら、入っておいでよ」

「う、うん……それじゃあ、お邪魔します」


 るーちゃんはそう言うと遠慮がちに教室へと入って来た。

 思い切りが良かったり悪かったり、そんなところも昔と変わってないなと思った。


「こうしてみんなが居ない室内を見ると、結構この教室って広いんだな……」


 俺は自分が使っている席に座って教室内を見渡しながらそう呟いた。

 いつもはクラスメイトが居るからそうは感じなかったけど、普段居る人達が居ないだけでこうも違って見えるものなんだな――と、そんな風に感じた。


「ふふっ」

「どうかした? るーちゃん」

「あっ、ごめんね。なんだか小学生の時の事を思い出しちゃって」

「小学生の時?」

「うん。あの時もたっくんは、窓際の一番後ろの席だったなーって」


 るーちゃんにそう言われて思い出したけど、確かにあの時の俺も教室のこの位置に居た。


「そんな事よく覚えてたね」

「うん。ずっと見てたから……」


 そう言ったあと、るーちゃんは俺から視線を外して背中を向けた。

 それにしても、ずっと見てた――ってのは、俺を観察でもしてたって事なんだろうか。まあ、あの頃のるーちゃんはまだまだ男に対しての不信感や嫌悪感みたいなものはあったみたいだし、そういった理由で俺を見て男ってものを観察していたのかもしれない。


「ところでるーちゃん。どうして花嵐恋学園が見たかったの?」

「えっ? ああ、えっとね、私、八日前からお母さんとこの街に来てたの。それでね、こっちに来てからずっと色々な高校を見て回ってたの」

「へえー。どうしてそんな事を?」

「…………あ、あのね、たっくん! 私――」

「君達。ここで何をしてるのかね?」


 るーちゃんが俺の問い掛けに対して答えようとしたその時、教室後方の出入口から聞き覚えのある声が聞こえてきた。


「み、宮下先生!? 何でこんな所に?」

「それは私が真っ先に尋ねた事なんだがね?」

「いやまあ、その、なんと言いますか……」


 俺は教室の中へと入って来た宮下先生に対し、簡単にではあるが事情を話した。


「ふむ。君もよくよくこういった事に縁のある人間みたいだな」


 宮下先生はそう言いながら、チラリとるーちゃんの方を見た。


「まあ、事情は分かったが、このままここに居るのは好ましいとは言えないな」

「ごめんなさい。たっくんは悪くないんです。私が無理にお願いしたからいけないんです……」

「彼女はこう言っているが、そうなのかね?」

「確かにそうお願いはされましたけど、連れて来たのは俺の意志です。彼女の責任じゃありません」


 俺がそう言うと、宮下先生は小さく微笑んでから背を向け、教室の出入口へと向かって歩き始めた。


「まあいい。私は今から職員会議に出ないといけないから、これで失礼するよ。君達は他の先生に見つからない内にここを出たまえ」

「ありがとうございます」


 そう言うと宮下先生はこちらを振り向く事なく右手を軽く上げ、その手をプラプラと左右に振ってから教室を出て行った。


「……行こっか。るーちゃん」

「うん」


 俺達は宮下先生の言葉に従ってそのまま教室をあとにし、他の先生に見つからない様にしながら校門へと向かった。


「今日はありがとう。たっくん。おかげで楽しかった」

「ううん。大した案内ができなくてごめんね」

「そんな事ないよ。とっても嬉しかった。たっくんも昔と変わってなくて安心したし」


 そう言ってにこにこと微笑むるーちゃん。

 それにしても、昔と変わってないって事は、振られた時の様に冴えないままって事なんだろうか。そう考えるとちょっと悲しくなる。


「あっ、いけない!」

「どうかしたの?」

「お母さんとの待ち合わせ時間を過ぎてるの」

「えっ? そうなの!? それじゃあ急いで戻らないと!」

「う、うん」


 俺はるーちゃんと一緒に、急いでお母さんと待ち合わせをしているという駅前へと走り始めた。


「――はあはあっ」

「大丈夫? るーちゃん」

「う、うん。大丈夫だよ。ありがとう」


 二人で頑張って走り、俺達はようやく駅前の通りへと着いた。

 この炎天下を走ったから俺は結構疲れたけど、るーちゃんもそれは同じみたいで、顔に浮かんだ玉の様な汗がぽたぽたと地面に落ちていた。

 しかしそんな状況ながらも、るーちゃんは息切れを整えながらこちらを向いて微笑んだ。昔はそれなりに刺々とげとげしいところもあったけど、今はそんなところも薄らいだみたいで、本当に柔和にゅうわで優しい笑顔を見せる様になっていた。


「ふうっ……ほら。これで汗を拭きなよ」


 俺はポケットに入れていたハンカチを取り出し、るーちゃんへと差し出した。


「ありがとう。でも、たっくんはいいの?」

「大丈夫大丈夫。俺の汗なんて自分の服で拭いとけばいいから。それよりもるーちゃん、早く行かないと」

「あ、そうだった。でも、このハンカチ……」

「それはいいから早く行って。お母さんが待ってるんでしょ?」

「う、うん。ありがとう、たっくん。これ、必ず返しに来るから!」


 そう言ったるーちゃんは、俺に向かって手を振りながら駅の中へと向かう人波の中へと消えて行った。


「ふうっ……さすがにちょっと疲れたな……」


 学園からここまでほぼ休まずに走ったからだろうけど、日頃から運動不足気味な俺には正直ちょっときつかった。

 それにしても、るーちゃんはハンカチを返しに来るとか言ってたけど、今日で地元に帰ると駅に向かう途中で言っていたのに、どうやって俺にハンカチを返すつもりだろうか。まあ、昔っからそそっかしいところもあったし、今回もそんなところだろう。


「……帰るか」


 そう思いながら家への帰路を歩き始めたが、しばらく歩いたあと、俺のお腹からグゥーっと大きな音が鳴った。


「…………」


 その腹音にピタリと足を止めてきびすを返した俺は、そのまま朝訪れたラーメン屋へと向かいながら杏子に電話をかけ始めた。

 そして俺の呼び掛けに嬉々としてやって来た杏子と一緒にラーメン屋へと入り、俺は好物のとんこつラーメンに再び舌鼓を打った。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます