第118話・夢と現実の狭間

 夏というのは実にいい。季節によって良さというのは色々あるけど、人の気持ちを開放的にすると言った意味では夏が一番だろう。

 パラソルの下に敷いたレジャーシートを横にずらした砂の上に俺は寝そべり、そのかたわらでは麦わら帽子を被ったまひるちゃんが楽しそうに俺の身体に砂をかけている。


「まひるちゃん。大丈夫?」

「はい! 大丈夫です!」


 俺の問い掛けに元気良く返事をし、一生懸命に砂を被せながらパンパンと手の平で砂を固めていくまひるちゃん。自分で作り上げていくその作業が楽しくてたまらないんだろう。

 まあ、その気持ちは分からないでもない。俺も小さな頃は砂遊びに夢中になったし、作った砂山に俺と茜のどちらがトンネルを掘るかで喧嘩をした事もあったから。

 しかしさすがにこの歳になって堂々と砂遊びをする事は無い。

 なにせ俺くらいの年齢の奴が公園で砂遊びをしていたら、間違い無く怪しい奴として認識されるだろうから。

 だが、こういった場所では小さな子供の様に遊んでいても、誰も変には思わない。人の感覚や認識というのは場所によって変わると言うけど、これが母なる海の成せる神秘のパワーなのかもしれない。

 こんな感じでふと小難しい事を考えてしまったりもするけど、結局のところ楽しんでいるまひるちゃんを見ているのが楽しいわけだ。


「まひるちゃん。ちゃんと水分補給をしながらやるんだよ?」

「はいっ!」


 まひるちゃんは素直に返事をしてはいるけど、俺の身体に砂をかけるのに夢中になっているみたいだから、本当に分かっているのか心配になる。まあ、俺が注意して時々声を掛ければ問題は無いだろう。

 そう思いながら笑顔のまひるちゃんを見ていた俺は、ついついウトウトとしてそのまま眠ってしまった。

 その光景を目にした時、俺はこれが夢である事がすぐに分かった。

 なぜなら俺は今、小学生の時に転校して来たまひろを見ていたからだ。あの頃からまひろは本当に可愛らしく、その可愛らしさは年を追う毎に増している様に感じる。

 走馬灯――そう言ってしまうと不吉な言い方になるけど、まるでそんな感じのダイジェスト映像でも見るかの様に、俺はまひろと知り合ってからの出来事を再体験していた。

 そしてこんな感じで過去の再体験をしていた俺は、ついに先月の出来事に行き着いた。六月に行った花嫁選抜コンテストだ。それはつい最近の出来事だというのに、今ではとても懐かしく感じる。

 今の俺に最も近い思い出に感慨深くなっていると、場面は早送りの様に移り変わり、花嫁衣裳の撮影場面へと切り替わった。この出来事は今もはっきりと覚えている。なにせお姫様抱っこをしたまひろから、ほっぺにキスを受けた場面だから。

 この時の俺が抱いた気持ち。

 それは他人が聞くと変に思うかもしれないけど、正直嬉しかった。ちなみにだが、キスをされた事が嬉しかったわけじゃない。

 まひろとは親友だけど、アイツとは派手に遊んだ事や一緒に遠出をした事が無い。思い出と言えば学校やその登下校中での出来事がほとんどで、あとはたまに休日にゲーセンで遊んだりとか、本当にそんな些細な事ばかりだ。

 もちろんそれはそれで良い思い出なんだけど、花嫁選抜コンテストにおける出来事は、俺にとって初めて、まひろと一緒に派手な事をした――という嬉しい思い出でもある。

 そんな思い出の再体験をしていると、いよいよ例のキスシーンが訪れようとしていた。そしてこの場面に辿り着いた俺は、あの時の自分と気持ちがリンクしていた。

 しかしこれは夢だから、お姫様抱っこで抱えているまひろの重さや体温、その感触すらも感じない。だけど記憶に残っているその感覚は甦ってくる気はした。


『あなたに出会えて、本当に良かった』


 ――えっ?


 夢の中のまひろからそんな言葉が出たあと、俺の左頬に温かく柔らかな感触を感じた。

 そして次の瞬間、俺の意識はゆっくりと覚醒を始めて現実世界へと戻った。


「んんっ……まひる……ちゃん?」

「あっ……」


 目が覚めた俺の目の前には、凄まじく顔を近付けているまひるちゃんの顔があった。


「えっと……何でまひるちゃんの顔がこんな近くに?」


 俺は未だ夢見心地な感じで、つまりは寝ぼけた感じでそう尋ねた。


「いや……あのぉ……何か見ましたか?」


 まひるちゃんは顔を紅く染め、うろたえる様にしながらそう聞いてくる。

 俺はその質問に対し、寝ぼけた頭で考えながら答えた。


「うん……キスされた」

「ええっ!? あ、あれは違うんです! つい……と言うかその……あの、えっと…………」


 俺の言葉にまひるちゃんは大きな声を上げながら更に慌てふためきだす。

 そしてそんなまひるちゃんの慌てた様子を見た俺は、意識が一気に覚醒した。


「お、落ち着いてまひるちゃん! 俺はまひろにキスされた時の夢を見てただけだから!」

「えっ? お、お兄ちゃんに……ですか?」


 それを聞いたまひるちゃんは、ペンギンの様にパタパタと忙しく動かしていた手の動きを止めた。


「そうそう。まひろから聞いてないかな? 花嫁選抜コンテストの話をさ」

「あっ、聞いてます。そういえば確か、お兄ちゃんのほっぺにキスをしたところを撮影されたって聞きました」

「うん。ちょうどその時の夢を見ててさ、ほんの少し前の事なのに、なんだか凄く懐かしい感じがしたよ」

「そ、そうだったんですね。ちょっとビックリしました……」


 まひるちゃんは右手を胸まで持ってきて、心底ほっとした様にしながら大きく息を出した。


「そういえばまひるちゃん。『あれは違うんです!』とか言ってたけど、いったい何の事だったの?」

「えっ!? わ、私、そんな事を言いましたか?」

「えっ? 言ってたと思うけどなあ……」

「き、気のせいですよ!」

「……本当に俺の気のせい?」

「本当ですよ!? お兄ちゃんはきっと寝ぼけてたんですよっ!」


 こんなにも力強くそう言われると、俺も自信がなくなってくる。なにせあの時は、本当に寝ぼけていたから。


「そっか。でも、いい夢を見たよ。そういえばあの時、何か言葉が聞こえたあとで頬に温かくて柔らかい感触があったんだよなあ……あれも夢だったのかな?」

「うにゅ……」


 俺がそう呟くと、まひるちゃんは妙な声を上げて再び顔を赤らめながらその場で立ち上がった。


「どうしたの?」

「もうっ! お兄ちゃんなんて知りません!」


 いきなりそんな事を言うと、まひるちゃんはプイッとそっぽを向いた。

 そして俺はそんなまひるちゃんの様子を見て、かなり焦ってしまった。


「ま、まひるちゃん。俺が何かしたなら謝るよ」

「意地悪なお兄ちゃんは、帰るまでそこから出してあげません」


 まひるちゃんは可愛らしく口を尖らせながらそんな事を言う。


 ――何この愛くるしい子!? 今すぐここから出て抱きしめたいっ!


 そう思いはするものの、まひるちゃんはかなり念入りに砂を固めていたのか、俺は腕はおろか指一本すら動かせない状態だった。


「まひるちゃん。俺が悪かったから、ここから出してくれよ」

「ダメです。私を置いて寝ちゃったお兄ちゃんは、そのままでお仕置きしちゃうんですから♪」

「ええっ!?」


 このあと俺は、まひるちゃんにたっぷりとくすぐりと言う名のお仕置きを受けた。

 それにしても、まひろしか知らないはずの俺の弱点である首の横を的確に狙ってきたって事は、まひろがまひるちゃんに俺の弱点を喋ったって事だ。これは今度まひろを問い詰めて、俺の弱点を喋っていたらジュースでもおごらせよう。

 こうしてくすぐり地獄を受けていた俺はまひるちゃんのお願いを何でも一つ聞く事を条件に許され、なんとかそのくすぐり地獄から解放された。

 そしてそんな俺にまひるちゃんがしてきたお願いはなんともささやかなもので、『また一緒に遊んで下さい』という可愛らしいものだった。ホント、無欲と言うか何と言うか、まひるちゃんはどこまでも可愛らしい。

 そんな約束をまひるちゃんとして砂から掘り起こされたあとは、時間の許す限り一緒に海の遊びを楽しみ、初めてのまひるちゃんとの海遊びは楽しい思い出と共に過ぎ去って行った。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます