第116話・夏の海は危険がいっぱい

 砂浜から少し離れた海の上で、浮き輪を使ってプカプカと波に揺られているまひるちゃん。そしてそんなまひるちゃんのすぐ近くで、俺も波に揺られながら海水浴を満喫していた。


「初めて来た海はどお? まひるちゃん」

「楽しいです。それにこのプカプカと浮かんでいる感覚、なんだか不思議な気分ですね」


 まひるちゃんは浮き輪でのんびりと波に揺られているのが気に入ったらしく、ずっとこの調子でゆらゆらと波に揺られながら会話をしていた。今日は風も穏やかで波も小さいし、こんな風に浮き輪を使って揺られているのも楽しい。

 俺はそんな事を思いながら仰向けになって身体の力を抜き、足先を軽く動かし始めた。

 そして小さな波に揺られながら空を見ると、ギラギラと輝く太陽が空の真上に見えた。そんな太陽の位置からそろそろお昼時なのかなと思い、体勢を変えて砂浜の方を見ると、パラソルの下でお弁当を食べている家族連れや、海の家で何かを食べている人達の姿が目に映った。


 ――グウゥゥゥゥ。


 そんな様子を見てしまったからか、水中で自分のお腹が激しく鳴ったのが分かった。そして自分の腹の虫が鳴ったあと、俺は右手首にしている完全防水仕様の腕時計見た。すると時計の針は、午後十二時十七分を指し示していた。

 その時間を見てそろそろまひるちゃんの日焼け止めを塗り直す時間でもあるし、ちょうど良いと思った俺は、すぐ横で波に揺られているまひるちゃんへと身体を向けた。


「まひるちゃん。お昼も過ぎてるし、そろそろお昼ご飯でも食べない?」

「あっ、もうそんな時間なんですね」

「うん。何か食べたい物はある?」

「えーっと……そうですね……」


 食べたい物の候補が沢山あるのか、まひるちゃんは左手の人差し指を口元へとつけて悩み始めた。

 まるで推理をしている探偵の如く悩んでいるその姿は真剣そのもので、何を食べるかという事でここまで真剣に悩んでいるその姿が、俺にはとても可愛らしく見える。


「とりあえず浜まで戻ろうか。色々見ながら決めてもいいし」

「そうですね」


 そう言うとまひるちゃんは少し恥ずかしげに頷き、浮き輪を頼りに小さな波に乗って砂浜の方へと移動を始めた。

 そして無事に砂浜へと上がった俺達はパラソルの下まで戻り、濡れた身体を軽くタオルで拭いてから浮き輪を風で飛ばない様に固定し、この浜辺にいくつかある海の家をそれぞれ見て回った。

 財布はしっかりと防水した上で持ち歩いているし、それ以外の貴重品はちゃんと近くのコインロッカーに入れてあるから、誰かに盗られるといった心配は無い。


「――ふうっ……どこも人がいっぱいだね」

「そうですね……」


 二人で海の家を何軒か見て回ったけど、やはりお昼時という事もあってか、どの店もほぼ満員状態。とてものんびりと食事をできそうな感じではなかった。


「待つのも時間がかかりそうだし、テイクアウトの焼きそばでも買って食べよっか?」

「はい。そうですね」


 二人で比較的並んでいる人が少ない海の家へと向かい、テイクアウト用の焼きそばを売っている列へと並ぶ。

 しかし比較的人が少ない場所を選んだとは言え、俺達が焼きそばを買うまでに二十分はかかった。


「まひるちゃん。大丈夫?」

「は、はい。大丈夫です……」


 目的の焼きそばを買ってパラソルの下へと戻ると、まひるちゃんは明らかに疲れた表情を見せていた。

 今までこうして炎天下で商品を買う為に並ぶ事など無かっただろうから、具合が悪くなってしまったんだろう。俺と一緒に買い物をしたかったとは言え、直射日光の下で二十分も並ぶのは相当に辛かっただろうから。


「顔色も良くないし、無理しなくていいから少し横になってていいよ?」

「ありがとうございます……それじゃあ、少しだけ……」

「うん」


 俺は持って来ていたタオルを何枚か重ね合わせて枕代わりにし、そこに頭を乗せて横たわる様にうながした。するとまひるちゃんは『ありがとうございます』とお礼を言ってから静かに身体を寝かせ、タオルで作った枕に頭を乗せて横になった。

 そしてまひるちゃんが横になったあと、俺は身体が冷えない様に持って来ていた大き目のバスタオルをまひるちゃんの身体に被せた。


「ごめんなさい、お兄ちゃん……せっかく海まで遊びに来たのに……」

「そんなの気にしなくていいよ。まひるちゃんとは話す機会もなかなか無かったし、こうして喋ってるだけでも楽しいもんだよ」

「……お兄ちゃんは本当に優しいですよね」

「そうかな? 自分ではよく分からないよ」


 俺は苦笑いを浮かべつつそう答えた。

 自分の事は自分が一番よく分かっている――なんて言葉はよく聞くけど、実際は自分の事などよく分からない。むしろ周りに居る妹や友達の方が、俺という人間をよく分かっている気がする。


「そうですよ。これじゃあ私まで……」

「ん? 私まで何?」

「……ううん。何でもありません」


 まひるちゃんはにっこりと笑顔を見せてそう答えた。

 何を言いたかったのかは分からないけど、本人が何でもないと言っている以上、それを追求する必要は無いだろう。


「それよりもお兄ちゃん。学園での面白いお話を聞かせてくれませんか?」

「学園での面白い話? うーん……そうだなあ……」


 俺は今までの出来事を思い出しながら、どの話をしようかと迷った。


「そうだ! 俺の友達に渡って奴が居るんだけど、そいつの話でもしよっか?」

「聞きたいです。どんなお話なんですか?」

「去年の修学旅行の時の話しなんだけどさ――」


 俺の隣で横になっているまひるちゃんの方を向いて渡の話を始めると、その話を聞きながらまひるちゃんはくすくすと笑い始めた。そして渡の話をして盛り上がる間にまひるちゃんの顔色は随分と良くなり、三十分も経つ頃には海に来た時の様に元気を取り戻した。

 それから元気になったまひるちゃんと一緒に少し固くなった焼きそばを食べたあと、俺達はお客さんが少なくなった海の家へ行ってからデザートのかき氷を注文した。

 そして二人でかき氷を食べる最中、俺がキーンと頭に冷たさが響く度に頭を押さえていると、その姿を見る度にまひるちゃんが可愛らしく微笑んでいた。


「――お兄ちゃん。私、ちょっとお花摘みに行って来ますね」


 海の家でかき氷を食べたあと、パラソルの下へと戻って二人で話をしていると、まひるちゃんは少し恥ずかしげにそう言ってから立ち上がり、レジャーシートの枠外に置いていたビーチサンダルを履いた。


「分かったよ。気を付けてね」


 そう言うとまひるちゃんは『はい』と言ってコクンと頷き、そそくさと公衆トイレがある方へと向かって行った。そしてまひるちゃんが駆けて行くのを見たあと、俺は少しだけその場に寝そべってから大きく伸びをした。

 陽の光を遮るパラソルの横に見える空はどこまでも青く、周りで楽しげにはしゃぐ人達の声に混じり、波の引いては寄せる音が聞こえてくる。

 こんな感じでしばらくはこの独特な喧騒に耳を傾けつつ、のんびりとしていたんだけど、なかなかまひるちゃんが帰って来ない事に俺は少しずつ不安を感じ始めていた。


「ちょっと戻って来るのが遅いよな……」


 まひるちゃんがここを離れてから、既に二十分は経っていた。

 公衆トイレはここから五分もかからない位置にあるから、通常はここまで遅くなる事は無い。しかしこういった場所ではトイレ待ちの人が多かったりもするから、単純に時間がかかっているだけって可能性もある。

 でも、もしかしたらまた具合が悪くなったのかもしれないと思った俺は、素早く起き上がってからサンダルを履き、急いで公衆トイレのある方へと向かい始めた。

 こうして俺はそれなりに混雑をしている様子のトイレへと辿り着いたんだけど、さすがに女子トイレの中へまひるちゃんを捜しに行く事はできないので、公衆トイレに並ぶ人達の中にまひるちゃんが居ないかを見て回り、そこにまひるちゃんが居なかったらトイレ付近で待ってみようと思っていた。

 そしてトイレ待ちで並んでいる人達をさらっと見て進みながら歩いていると、その近くにある大きな木の下で三人の大学生らしき男達に囲まれているまひるちゃんの姿を見つけた。


「な、何だ!?」


 その様子を見た俺は、慌てて囲まれているまひるちゃんのもとへと走った。どうも雰囲気から察するに、まひるちゃんはナンパをされている感じだった。

 それにしても、これに関しては俺が迂闊だったと思う。普通に考えてまひるちゃんみたいな可愛い子が一人で居たら、ナンパの対象になるのは当然。今のこの状況は、その可能性を失念していた俺の責任だ。


「なあ、俺達と一緒に遊ぼうよ!」

「ちょっと待って下さい!」


 三人の内の一人が、まひるちゃんの手を掴んで少し強引な行動をとろうとしていた。それを見た俺は精一杯の声でそう言ってからまひるちゃんの手を掴んでいる男の手を振り払い、まひるちゃんと男達の間に割って入った。


「えっ!? 何? 誰?」


 三人の男達は突如現れた俺に対し、邪魔者を見る様な不機嫌な視線を送ってくる。男達からすればナンパの邪魔をされたのだから、当然と言えば当然の反応だろう。


「お、お兄ちゃん……」


 まひるちゃんは相当怖かったらしく、現れた俺を見るなり背中にしがみついて来た。


「ああっ! こののお兄さんだったんだ!」


 そう言いながら三人はケラケラと笑う。

 もはやチャライを取り越して、失礼極まりないとしか言い様がない。


「ねえ、お兄さん。ちょっと妹さんを俺達に貸してもらえませんかね?」


 ――コイツはいったい何を言っているんだ? 物や道具じゃあるまいし、まひるちゃんを貸してもらえないかだって?


 その言葉を聞いた俺は、激しくいきどおりを感じた。

 そしてそれと同時に、まひるちゃんを怖い目に遭わせてしまった自分への怒りも湧き起こった。


「お、お兄ちゃん? だい……じょうぶ?」


 相手の言葉に対して何も答えずに黙っている俺に対し、まひるちゃんは心配そうに震える声でそう聞いてきた。


「この子は俺の大切な彼女なんです! だからちょっかいを出さないで下さいっ!」

「えっ!?」

「行こう。まひる」


 まひるちゃんが驚いた様な声を上げるのと同時に俺はまひるちゃんの手を掴み、三人の男達の前から足早にまひるちゃんを連れ出した。するとさっきまで居た場所から舌打ちと何かを言っている男達の声が聞こえたけど、俺はまひるちゃんを物の様に言われた事にいきどおっていて、その男達が何を言っているかなんて事を気にする余裕は無かった。

 そして俺は非常に腹立たしい気分を感じながら、二人で設置したパラソルのある場所へとまひるちゃんの手を引きながら足早に歩いた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます