第94話・思わぬ真実

 風邪で学園を休んでいる茜の家へとプリントを届けに来た俺と渡は、茜の部屋の前で立ち尽くしていた。何度か扉をコンコンと叩いてみたけど、まったく反応が無いからだ。


「茜の奴、やっぱり寝てるんじゃないか?」

「うーん……それじゃあ困るんだよな~」


 俺がそう言うと、渡は顔をしかめながら唸って腕組をする。

 渡は困ると言うが、俺達の目的はプリントを届ける事で、本人に直接渡さないと駄目というわけではないんだから、母親であるあおいさんに渡しておけば目的としては達成されるわけだ。

 とりあえずここに居て何度も扉をノックし続けるのはよろしくないので、俺は渡を連れて下に居る碧さんにプリントを渡して帰ろうと考えた。


「水沢さーん! 起きてるー?」


 そんな事を考えて行動に移そうとしたその時、何を思ったのか、渡は大きな声で部屋の中に向けて問い掛けた。


「バカ! 何やってんだお前は!」

「だってよ、単にノックの音が小さくて聞こえてないだけかもしれないだろ?」

「アホか。こう言う時は普通寝てるって考えるだろうが」


 渡は『そうかなあー?』などと言いながら、首を捻っている。本当にコイツは何も考えてないんだろう。


「……誰?」


 アホな渡を引き連れてその場を離れようとした時、部屋の中からか細い声が聞こえてきた。

 それは紛れもなく茜の声だったが、普段のアイツとは思えない程に弱々しい。


「あっ! 水沢さん? オレオレ! 日比野渡だよ!」

「わ、渡君!? ど、どうして家に?」


 茜は渡がここに居る事に対して明らかに動揺している風だった。まあ、当然だとは思うけど。


「いやね、先生に頼まれてプリントを届けに来たんだよ。そしたら水沢さんのお母さんに、直接渡してあげて――って言われたんだよね」

「そうだったんだ。ありがとう、今扉を開けるから」

「あ、そうだ。ついでに龍之介も来てるよ」

「えっ!? りゅ、龍ちゃんも来てるの!?」


 いきなり茜の声のトーンが高くなり、慌てた様に早口になる。

 まあ、現在の俺と茜の気まずい雰囲気を考えれば、茜がこうなるのは至極当然の結果と言えるだろう。


「あ、ああ。一応な」

「あ、あの、えっと……ちょ、ちょっと待っててっ!」


 そう言うと茜が部屋の中で何やらドタバタとしている音が聞こえ始めた。


 ――いったい何をやってるんだアイツは?


 大人しく扉が開くのを待っていると、部屋の中で何かを床に落とす音や、『これじゃダメー!』などと叫ぶ茜の声が聞こえてきた。


「――ど、どうぞ……」


 ようやくそのドタバタと騒がしい音が止むと、部屋の扉がキィッと音を立ててゆっくりと開き、茜が小さく開いた扉の隙間から紅くなった顔を覗かせた。

 顔を紅くした茜に促され、俺と渡はとりあえず茜の部屋へと入った。茜の部屋へ入るのはかなり久しぶりだったけど、室内は相変らずメルヘンチックな雰囲気でいっぱいだった。

 タンスの上や机の上にも飾られている大小様々なぬいぐるみの数々に、ピンク色のカーテン。

 普段使っているベッドすらも、どこかお姫様的な雰囲気を感じさせる可愛い仕様になっていて、そこに上半身を起こして座っている茜のパジャマも、明るい黄色の生地に小さなウサギのイラストが沢山散りばめられた非常に可愛らしい物だ。

 そしてそんな茜のすぐ傍らには、小さな頃からのお気に入りであるウサギのキャラクター、うさうさのぬいぐるみが置いてあって、そのうさうさの頭を意識的にか無意識的にかは分からないけど、茜はせっせと撫でている。


「そ、その辺に適当に座っていいよ……」


 茜は淡い空色の絨毯が敷かれた床を指差す。

 それを聞いた俺と渡は、小さな透明のクリアガラス製のテーブルがある場所の近くへと座った。


「水沢さん。体調はどうなの?」

「あっ、うん。もうほとんど治ってるから大丈夫だよ。心配かけてごめんね」

「いいよいいよ。むしろ俺よりも、コイツの方が心配してたんじゃないかな?」

「えっ!?」


 そんな渡の言葉に、茜が驚いた表情を向けてきた。

 俺はそんな茜の視線を受け、思わず視線を逸らしてから渡に反論を始める。


「へ、変な事を言ってんじゃないよ!」

「えー? だってお前、授業中もずっと水沢さんの席を見ながら溜息吐いてたじゃないかよ」

「うっ……」


 まさかこの馬鹿にそんなところを見られていたとは一生の不覚。俺は痛い事実を突かれ、ぐうの音も出なくなってしまった。

 それにしても、廊下側の一番前の席に居る渡が、どうして対角線に居る俺の行動をそんなにしっかりと見ているんだろうか。


 ――まさかコイツ、本当にアッチの気があるんじゃないだろうな?


「龍之介。何でまた俺から距離をとるんだ?」

「気にすんな。大した理由は無いから」

「……まあいいや。てな訳で、俺は水沢さんを心配しているコイツを引き連れて来たってわけなんだよね」

「そうだったんだ……ごめんね、龍ちゃん。心配かけて」

「あ、いや……まあ……別にいいけどさ」


 そう言って微笑んでいる茜を見ていると、なんだかちょっとほっとした。


「あっ、電話かかってきた。ちょっとごめんな」


 着信音は聞こえなかったが、渡はそう言うとなぜか鞄を持って部屋を出て行った。


「あ、そうだ。とりあえずプリントを渡しておくな。机の上に置いておくから」

「うん。ありがとう」


 鞄から持って来たプリントを取り出し、茜が使っているファンシーな雰囲気を漂わせる机の上に置くと、後ろから茜がお礼を言う声が届いた。その声音はどことなく明るさを感じさせる。

 そしてプリントを机の上に置いた俺は、再び小さなテーブルの側に座った。


「寝てなくて大丈夫か?」

「うん。大丈夫」

「そっか。それにしても、今回は珍しく風邪が長引いてるよな」

「そうだね。最近ちょっと気分が優れなかったからかな」


 多分、茜の気分が優れなかった理由の一端は俺だと思う。もちろん原因は他にもあると思うし、俺の事が茜の中でどれだけストレスの割合を占めていたかは分からない。

 でも、茜が今こうなっている原因の一つなのは間違い無いと思う。だからこそ、俺はちゃんとケジメをつけないといけないと思った。

 最初こそ渡に言いくるめられて嫌々来た感じだったけど、これは良いチャンスでもある。考え方はせこいかもしれないけど、他に人目が無い今が、茜に謝る絶好の機会だと思う。


「茜、あのさ……ごめんな」

「えっ? 急にどうしたの?」

「ほら、最近の俺、ちょっと態度がおかしかっただろ?」

「あっ……うん。ちょっとね」


 茜は苦笑いしながらそう答えた。

 俺の言葉に対し、ちょっとね――と答えるところが、茜が気を遣ってくれてるんだなと思わせる。


「悪かった! このとおりだ!」


 俺は茜を正面にして正座をし、茜に向かって深々と頭を下げた。

 こんな事で許されるかどうかは分からないけど、とりあえずこうしなければ何も始まらない。


「あ、頭を上げてよ、龍ちゃん。そんな事しなくていいから」

「でもさ……」

「本当にいいの。こうしてここに来てくれただけで十分だから」


 にこっと微笑みながらそう言う茜。

 その微笑みはなぜか長い年月見ていなかったかの様に懐かしく、そして温かく感じた。


「おまたせ~♪ 龍ちゃん」


 ちょっとだけ和んだ雰囲気の中、カチャッと音を立てて開いた扉から、白のティーカップを花柄のトレーに乗せた碧さんが入って来た。


「はい。どうぞ」

「わざわざありがとうございます」


 持っていたトレーから一つのティーカップを目の前の小さなテーブルに置くと、なぜか碧さんは俺の対面側に座った。


「お母さん。何してるの?」

「ん? 私も久しぶりに龍ちゃんとお話しようと思って」

「もうっ! 龍ちゃんは私と話をしてるんだから、お母さんは邪魔しないでよね!」


 茜はそう言うとベッドから下りて碧さんを立たせ、無理やり部屋から追い出そうとした。


「茜のケチー! 私だって龍ちゃんとお話したいのに~」

「お母さんは夕食の支度があるでしょ!」

「そういえばそうだったわね。それじゃあ、お母さん買い物に行って来るから、龍ちゃん、その間は茜の事をお願いね♪」

「あ、はい。それと碧さん、渡を見ませんでしたか?」

「ん? あの子なら、見たいテレビがあるから――って、さっき帰ったよ?」

「はあっ!?」


 碧さんはそう答えると、にこにこしながら手を振って部屋を出て行った。

 渡が本当に帰ったとなると、今この家に居るのは俺と茜の二人だけになる。その事実が俺の中の気まずさを再び呼び覚ましていく。


「あー、えっと……茜、病人なんだからちゃんと寝とけよ」

「あ、うん。そうだね……」


 茜はハハハッ――と笑いながら自分のベッドに戻ってそのまま横になり、毛布を口元が隠れるくらいまで引き上げると、俺をチラチラと見てきた。


「……ねえ、龍ちゃん。ちょっと聞いてもいいかな?」

「何だ?」

「あの……渡君が言ってた事は本当なのかな?」

「渡が言ってた事?」

「だからその……私の事を心配してたって話……」


 茜の顔は紅く染まっていて、そう聞きながら口元まで上げていた毛布を、今度は鼻が隠れる位まで引き上げていた。


「そ、そりゃあ、風邪だって聞いてたわけだし、心配くらいはするさ。当たり前だろ……」

「そうなんだね。ありがとう……」


 茜は小さくお礼を言うと、今度は頭まで毛布を被ってしまった。

 そんな茜を見ていると、なんだかむず痒い気持ちになってしまう。


「――あのさ、もう一つだけ聞いていいかな?」


 しばらくして頭まですっぽりと被っていた毛布を首元まで下げると、茜は真剣な表情でそう尋ねてきた。


「あ、ああ。いいけど」

「……あのね、どうして機嫌が悪かったのかな?」


 茜はかなり遠慮気味にそう尋ねてきた。

 正直に言えば、そんな事を聞かれるのではないかという予想はしていた。しかし予想とは言っても、状況を考えればそんな事を聞かれる可能性は限り無く高いわけだから、予想とはちょっと違うのかもしれない。


「べ、別に機嫌が悪かったわけじゃないよ……」


 この期に及んでも、俺はまた下手な嘘をついてしまう。

 人間は成長すると、素直になれなくなる生き物なのだろうか。


「嘘。だって龍ちゃん、ずっと恐い顔をして私を避けてたもん」


 流石は幼馴染と言うべきなのか、俺が表情に出し過ぎていただけなのか、茜は俺の返答に対してそう即答してきた。


「うっ……」

「ほら、やっぱり嘘ついてる。龍ちゃんは昔っから、嘘をつく時に視線を逸らすんだもん」


 俺は自分を守る為に茜の視線から目を逸らしたのだが、図星を突かれて動揺している俺を茜が見逃すわけもなく、更に追撃をかけてきた。

 それにしても、俺にそんな癖があったとは初耳だった。どおりで茜にはよく嘘を見抜かれてたわけだ。


「何で俺が知らない癖を茜が知ってんだよ……」

「それは……龍ちゃんをいつも見てたから……」


 ――何だ? それはつまり、俺の弱点を探そうと常に観察してたって事か?


「ずいぶん暇な事をしてんだな」


 そう言うと茜は、途端に口をアヒルの様にしてむくれた。


「はあっ……龍ちゃんはやっぱり龍ちゃんだね」

「どういうこっちゃ?」

「龍ちゃんらしいって事だよ」


 ベッドに寝そべったまま、にこっと笑う茜。なんだかそんな茜が、今の俺には非常に可愛く見えた。


 ――いやいや! これは今の状況でそう見えてるだけなんだ。


 俺は頭を左右にブンブンと振り、その雑念を飛ばす。


「それよりも龍ちゃん、私の質問にちゃんと答えてよ。もしも次に嘘をついたら、コレだからね!」


 ゆっくりと上半身を起こした茜はそう言うと、グッと握り締めてた右拳をスッと俺の方へと突き出した。

 茜の言うコレとは、次に嘘をついたらパンチの洗礼をお見舞いするんだからねっ――と言う意味だろう。なんと恐ろしい死の宣告だろうか。


「はあっ……分かったよ」


 俺は突き出された茜の右拳を前に観念し、今までの経緯を説明した。

 それはあの昼休みに目撃した告白の場面から、日曜日に目撃した森山とのデートの事までしっかりと。


「――そ、そんな事だったの!?」


 俺が話を終えると、黙って話しを聞いていた茜は呆れた様な、それでいてビックリした様な、なんとも複雑な表情をしていた。


「そんな事だったんだよ」


 俺は恥ずかしさからぶっきら棒にそう答えた。すると茜はプッと吹き出し、突然大きな声で笑い始めた。

 そんな茜を不満げに見ていると、それに気付いたのか、茜は『ごめんごめん』と言って浮かんでいた笑い涙を手で拭った。


「森山君に告白されたとかデートしてたとか、それは龍ちゃんの誤解だよ」

「えっ!?」


 それは意外な答えだった。

 だって誰がどう見たって、あの昼休みに見聞きした事は告白以外の何でもないと普通は思うから。


「あーっ! その目は信じてないな?」

「いや、だってさ、森山に『君が好きなんだ』って言われてたじゃないか」

「あ、ああ~。それはねえ…………」

「やっぱり告白されてたんじゃないのか?」

「いや……あれはね、森山君の事じゃなくて、森山君の妹さんの事なの」

「はあっ?」


 詳しく話を聞いてみると、あの昼休みの告白と思い込んでいた出来事は、森山が自分の妹について茜にお願い事をしていただけとの事だった。

 つまり茜の話だと、花嵐恋からんこえ学園の一年生である森山の妹が、入学時に部活動見学で見た茜の姿に惚れ込んだらしく、なんとか茜と仲良くなりたいと思っていたらしい。だが森山の妹は引っ込み思案な性格らしく、それができないでいたらしい。

 そしてそれを知った兄の森山が、なんとか茜と仲良くなる切っ掛けを作ってあげようと画策したのが、あの昼休みの出来事だったらしいのだ。

 つまり森山の望んでいた事は、妹が憧れる茜に仲良くしてやってほしい――と言う事。

 そしてあの日曜日のデート疑惑については、妹が誕生日が近いという事で、森山がサプライズで茜が選んでくれた物をプレゼントしようと計画していたらしく、そのプレゼント選びに付き合っただけらしい。


「その話ってマジなのか?」

「こんな事で嘘ついてどうするの? それと、この話は絶対に誰にも内緒だからね?」


 茜が見せる妙な迫力に、俺は有無を言わさずウンウンと頷かされた。

 この話が真実なら、俺は告白と勘違いをしたあの場面を見てからずっと、自分が抱いたくだらない妄想の為に無駄にイライラしていただけという事になる。なんて恥ずかしい自爆だろうか。


「それにしても龍ちゃん。誤解してたのは分かったけど、どうしてそれであんな態度をとってたの?」

「えっ?」

「だって、私が告白をされたと思ってたから怒ってたんでしょ? あっ! もしかして龍ちゃん、実は私を好きだったりして!」

「バ、バカ言ってんじゃねーよっ! 俺は茜が森山との事を内緒にしてたから、その事で怒ってただけだっつーの! くだらない事を言ってないで、病人は大人しく寝てろ!」


 茜の言葉に動揺した俺は、慌てて否定の言葉を羅列した。

 すると茜は『冗談だよ~』と言いながら、再びベッドに寝そべって毛布を口元まで上げた。


「でも、ちょっと残念かな――わた――すき――な――だけどなあ……」


 毛布で口元を覆っているからしっかりとは聞き取れなかったけど、何かが残念だという事だけは分かった。


「ほら、あんまり無茶するから、また熱が上がったんじゃないのか?」


 茜の顔ははっきりと分かるくらいに赤く染まっていて、風邪がぶり返したんじゃないかと心配になった。

 俺は茜に安静にしている様に言い、一階の洗面所へと向かう。

 そしてそこで持っていたハンカチを取り出してから水に浸し、水が滴らない程度に絞ってから茜のもとへと戻った。


「ほら、これを額に乗せて安静にしてろ」

「ありがとう、龍ちゃん。あ~、冷たくて気持ちいい~」


 茜の額にハンカチを乗せ、俺はベッドの横の床へと座った。


「そのまましばらく大人しく寝てろ」

「うん…………ねえ、龍ちゃん。この状況、前に龍ちゃんから貸してもらったラブコメ漫画に似てると思わない?」


 茜にラブコメ漫画を貸したのは、確か一年生の時だった。

 という事は、幼馴染である女の子のところへ看病に来た主人公に、その女の子が告白をするって内容の漫画である事なのは間違い無い。だが、シチュエーション的に似ていると言えばそうだが、俺と茜では決定的に違うところがある。


「まあ、似てるっちゃ似てるが、あれは主人公も相手の女の子が好きだって前提があるから、俺達とは全然違うんじゃないか?」

「……龍ちゃんは、私の事が嫌いなの?」

「はあっ!?」

「だ、だから、龍ちゃんは私の事が嫌いなの?」


 茜は素早く毛布を頭まで被り、その状態で再びそう聞いてくる。


「べ、別に嫌いって事は無いさ。それに嫌いだったら、心配なんてするわけ無いだろ?」


 そう言うと茜は鼻の部分まで毛布を下げ、小さく口を開いた。


「良かった……安心したよ。ねえ、龍ちゃん……私ね――」

「龍ちゃ~ん。お夕飯、一緒に食べていかない?」


 憂いを含んだ様な瞳で俺を見つめる茜にドギマギしていると、突然部屋の扉がキイッと音を立てて開き、碧さんが部屋へと入って来た。


「お、お母さん!?」

「あれっ? 私、お邪魔だったかしら?」


 部屋へと入って来た碧さんは左手で口元を覆い隠し、俺と茜を交互に見ながらそう言った。


「もうっ! お母さんのバカッ!」

「あらあら~。ごめんなさいね~♪」


 碧さんはにこにこと笑顔で俺達に謝った。

 そしてそんな碧さんを見ながら、この人は本当に天然なんだな――と、今更ながらに俺はそう思った。


「ねえ、龍ちゃん。久しぶりに一緒にご飯を作りましょうよ♪」

「ははっ。いいですよ」


 一気に場の雰囲気が変わってしまい、俺は苦笑いしながらそう答えた。


「それじゃあ茜、龍ちゃんを借りて行くねー♪」

「もう……お母さんたら……」


 茜はしょうがないなと言った感じで溜息を吐いていた。

 そして足取りも軽く部屋を出て行った碧さんに続き、俺も部屋を出ようと腰を上げる。


「ねえ、龍ちゃん。もしもこのまま彼女ができなかったらどうする?」


 ――コイツはなんて不吉な事を言いやがるんだ? もしもそれが現実になったらどうしてくれるんだよ。


「どうもこうも、そうなってみないと分からないよ」

「それじゃあさ、もしも……もしも龍ちゃんにずっと彼女ができなかったら、可哀相だから私がもらってあげるよ」


 そんな事をニヤッとした表情で言う茜。そういった申し出は嬉しいとは思うけど、上から目線なのが引っ掛かる。

 まあ、それが茜の冗談だというのは分かるので、俺もそれに乗っかっておくとしよう。


「そっか。それじゃあ、その時は是非もらってやってくれ」

「うん! 了解だよ!」


 満面の笑みでそう答えた茜を見ながら部屋をあとにし、碧さんと一緒に料理を作りながら、俺はいつもの様に茜との結婚についての話を色々とされた。

 そして料理を作る途中で杏子も電話で呼び、そのあとはだいぶ調子が良くなったと言う茜を交え、出来上がった料理を久しぶりに茜ファミリーと一緒に堪能した。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます