第88話・遠い昔の二人の約束

 七夕祭りの熱気が益々の高まりを見せる中、俺と杏子はあちこちの屋台を巡りながらその雰囲気を思う存分に楽しんでいた。

 しかし二人で祭りを楽しんでいる途中から、俺には少し気になる事があった。


「杏子。さっきからちょいちょい足を気にしてるみたいだけど、どうかしたのか?」

「あ、うん。なんだか履いてる下駄が合わなかったみたいで、少し足が痛くて」

「大丈夫か? 無理するなよ?」

「うん。多分大丈夫。ありがとう、お兄ちゃん」


 そう言ってにこっと微笑んで見せる杏子。本当に出会った頃と違って、よく笑顔を見せる様になった。

 杏子が俺の妹になる前。つまり、本当の母親と過ごしていた頃の杏子の事はほぼ知らない。だけどきっと、元々はこんな風に明るく笑顔が多い子だったんだろうと思う。

 杏子の母親の顔は写真でしか見た事がないけど、天国に居る杏子の母親が今の杏子を見たら、きっと喜んでくれると思える。


「あっ、見て見て! お兄ちゃん!」


 そんな事を考えていると杏子が声を掛けてきたので、俺は杏子の指差す方の空を見上げた。

 すると指し示された空には数発の花火が打ち上がり、闇に染まった空を明るく鮮やかに照らしていた。どうやら花火が始まる五分前の合図用花火が上がったらしい。


「そろそろ花火が始まる時間なんだな。それじゃあ行くか」

「うん!」


 俺達は花火を上げる場所へ向かう人波に逆らって移動をし、そのまま祭りの会場を抜け出した。そしてそこから例の神社へと向かう。

 祭りの会場から少し離れた場所にある神社の境内へと続く階段を、一歩ずつゆっくりと杏子の歩調に合わせて上がって行く。こうして二人でこの階段を上って行くのは、もう何度目になるだろうか。


「わあー! 綺麗だなあ……」


 階段を上って境内の方へ進むと、連続で打ち上がる花火の光が境内を明るく照らしていた。俺はその光を頼りに、じっくりと花火を見れる場所を探して辺りを見回す。

 だがこの高台にある神社には既に沢山の人が集まっていて、その中へと分け入って行くのはもう無理だろう。でもまあ、そこまで近付かなくても花火は十分に見えるし、特に問題は無い。

 俺達は花火見物のギャラリー達が居る方とは逆の位置に移動をし、そこにあるベンチに腰を下ろした。


「年々この神社に花火を見に来る人が増えてる感じがするよな」

「そうだね。ここって花火を見るには丁度良い位置だから」


 座ったベンチから空を見上げながら、しみじみとそんな事を話す。

 こんな感じでしばらくは空を彩る大輪の花火を見つめながら、様々な大きさの花火に二人して歓声を上げていた。それは花火を見物している他のギャラリー達も同様で、大きな花火がドドーンと打ち上がる度に、それなりに離れた位置に居るにもかかわらず、大きな歓声が俺達の居る方に届いていた。


「――こうしてお母さんの着てた浴衣を着てると、なんだかお母さんが一緒に居る気がするなあ……」


 見物していた花火もそろそろ終盤を迎えようとしていた頃。杏子が突然そんな事をぽろっと呟いた。


「……杏子のお母さんてさ、どんな人だったんだ?」


 杏子が自分から母親の事を口にするのは、あの日以来の事だ。

 ちょっとした戸惑いがあったのは確かだけど、俺はそう聞いてみた。


「お母さんはね、優しくて温かい人だったよ」


 空に向けていた視線を下ろし、杏子はにこやかにそう答えた。そんな杏子の一言に、全てが詰まっているという感じがした。


「そっか。俺も一度会ってみたかったな」

「お兄ちゃんならきっと、お母さんのお気に入りになってたと思うよ?」

「どうしてだ?」

「だって、私とお母さんは凄く好みが似てたから」

「なるほど。つまり杏子が気に入るものは、お母さんも気に入ったはずだと?」

「うん。きっとね。だからもしお母さんが居たら、私はお母さんとお兄ちゃんの取り合いをしてたかも」


 ――二人で俺を取り合うって……お母さんはどんだけ性格が杏子と似てたんだ?


「それは頭が痛くなりそうな話だな……でもさ、もしもお母さんが生きてたら、そもそも俺と杏子は出会ってなかっただろうけどな」

「そっか……そうだよね……」


 杏子は少しだけ寂しそうに呟く。

 そして少しの間お互いが沈黙したあと、杏子は再び口を開いた。


「……ねえ、お兄ちゃん。もしも私のお母さんとお兄ちゃんのお父さんが死なないで私達が出会ってたら、いったいどうなってたのかな?」


 いつものおちゃらけた感じとは違い、真面目な感じでそんな事を聞いてくる。

 さっきも言った様に、俺も杏子も片親が亡くならなければ、おそらく出会う事は無かっただろう。

 だけど杏子にそう尋ねられると、ついそんな『もしも』を想像してしまう。いや、正直に言うとそんな事を考えた事が無いかと言えば嘘になる。

 そしてもしも杏子と普通に出会っていたとしたら、俺は杏子に対して恋心を抱いていたかもしれない。杏子ははっきり言って可愛い方だし、性格も良くて明るいし、ぽ~っとしてたりもする事も多いけど、基本的に元気で前向きだし、一緒に居ると嫌な事も忘れて元気になるから。


「そうだな……少なくとも、良い友達にはなってたんじゃないか?」


 思っていた本心を口にできる訳もなく、俺は至って無難な答えを述べた。


「えーっ!? 友達~?」


 そんな俺の返答に対し、杏子は口をアヒルの様にして不満そうにしている。


「なんだか不満そうな顔だな?」

「別に~。そんな事は無いけどさ……」


 そう言って口を尖らせたままでそっぽを向く杏子。

 これは誰がどう見たって、拗ねている様にしか見えない。


 ――まったく、何を拗ねてるんだか……。


 たまにこうして分からない事で拗ねたりするけど、未だに杏子のこういったところはよく分からない。

 そして杏子との会話に気を取られていた俺が再び周りを見ると、花火を見ていたギャラリー達が散り散りになって神社の外へと向かい始めていた。どうやら俺達が話をしている間に、花火の打ち上げが終わったみたいだ。


「杏子。花火、終わったみたいだぞ」

「あっ、本当だ……」


 杏子は儚げな表情をし、さっきまで明るい花火が上がっていた空を見つめた。


「……帰るか」

「うん……」


 ギャラリーのほとんどが神社を去ったあと、俺達は名残惜しむ様にしてベンチから立ち上がり、ゆっくりと神社の階段を下り始めた。俺が杏子の一歩先を歩き、そんな俺の左斜め後ろから杏子がゆっくりとついて来る。


「きゃっ!」

「おっと!」


 杏子の様子を見ながら階段を下りていると、途端に杏子がよろめいて声を上げ、俺の方へと倒れてきた。

 俺はよろめいて倒れてきた杏子をしっかりと抱き止め、体勢を安定させる。


「大丈夫か?」

「ごめんね、お兄ちゃん。もう大丈夫だから」


 そう言って俺から離れると、杏子はしゃがみ込んで右足を触り始めた。


「ああ。鼻緒が切れたのか」


 しゃがみ込んでから携帯のライトを使って杏子の右足を見ると、見事に下駄の鼻緒が切れていて、このまま歩いて帰るのは無理な状態だった。


「――お兄ちゃん。大丈夫?」

「大丈夫だよ」


 下駄の鼻緒が切れて歩けなくなった杏子を俺はおんぶし、帰路を歩いていた。

 あの時は鼻緒を直せるかなと思って色々とやってみたんだけど、やはり素人の俺には無理だった。なので俺は、杏子をおんぶして自宅へと帰る事にした。家はそんなに遠いわけではないので、それだけは幸いだったと思う。

 それにしても、小さな頃はこうやって杏子をおんぶしながら家へ帰る事もあったけど、今こうしておんぶをしていると、本当に大きくなったなと実感する。

 俺の中の杏子はいつまでも小さな子供のイメージだけど、こうしていると少しずつ大人になってきているのが分かる。それは凄く良い事なんだけど、なんだか少しだけそれを寂しくも思う。

 そんな事を思いながら自宅への帰路をゆっくり歩いていると、少しずつ周りから人が居なくなっていく。そしてもう少しで自宅へ着こうかという頃、杏子が小さく耳元で声を出した。


「ねえ、お兄ちゃん。私と兄妹にならずに出会っていたら、私とお兄ちゃんは恋人になれたりしたのかな?」

「はあ? いきなり何言ってんだよ?」

「答えられないの?」

「当たり前じゃないか。杏子だってそんな事には答えられないだろ?」

「私だったら……私がお兄ちゃんと普通に出会ってたら、恋人になってあげても良かったよ?」


 そんな事を可愛らしく耳元で囁く杏子。

 それにしても、言ってる内容が上から発言なのが気にかかる。


「恋人になってあげても良かったよ――か。それだと俺が完全に尻に敷かれる未来になるな」

「ふふっ。そんなの気のせいだよ、お兄ちゃん。それにお兄ちゃんが大好きって気持ちがあるんだから、それでいいじゃない」


 杏子はそう言ってから組み合わせていた両手をぎゅっと締め、おんぶをされた状態で俺を強く抱き締めてくる。


「ちょっ!? 苦しいって杏子!!」

「えへへ~♪」


 俺の言葉などまるで聞こえていないかの様に、杏子は抱き締める腕の力を強める。

 すると杏子は俺の背中に自分の顔をスリスリと擦りつけ、なにやらクスクスと小さく笑っていた。


「聞いてるのか!? 杏子!」

「いいじゃない。未来のお嫁さんがする事なんだから♪」

「だからそれは、昔した約束だろ?」

「昔でも今でも、約束は約束だもん。だからお兄ちゃんも、お兄ちゃんの物も私の物だもん♪」

「お前はどこのガキ大将だ!」

「いいの。私はお兄ちゃんの妹で、お兄ちゃんのお嫁さんなんだから♪」


 まったくもって理屈になってない妹様の発言に、思わず苦笑いが浮かぶ。しかしまあ、これはこれで杏子らしいとは思う。


「分かった分かった。分かったから、少し大人しくしてろ。このままだとお前が地面に落ちちまうぞ?」

「はーい♪」


 ようやく大人しくなった杏子をおんぶしながら、目前に見える家へと歩いて行く。

 まだまだ甘えん坊なところが抜けない妹だけど、俺にとっては最愛の妹。きっと俺と杏子は、ずっとこんな感じで兄妹をやっていくんだろう。

 そんな事を考えながら我が妹様と自宅へ入り、着替えを済ませたあとで庭に用意していた小さな笹に、二人でお願い事を書いた短冊を括り付けた。

 そしてその日は夜遅くまで二人で星を見ながら、七夕の夜は過ぎて行った。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます