第89話・秘密のお手紙

 七夕祭りから三日後。

 今日も朝から太陽は全力で地表を熱していて、学園へと向かう最中もその熱気はどんどん増してきていた。

 そして今、教室の外に見えるグラウンドでは、あまりの熱気に陽炎かげろうすら見えている。

 そんな外の様子を見ながら授業を受け続け、そろそろお昼を迎えようかという頃。太陽はその力を最大限に発揮して地上を照らしていた。


「あち~い……休みた~い……」


 炎天下のグラウンド上を今にも倒れそうな気持ちで走っている俺の口から漏れ出る言葉と言えば、さっきからこればっかり。

 でも、これは当然だと思う。だって、ギラギラと照りつける太陽が真上に在る炎天下で、俺達は地獄のマラソンをしているんだから。こんな状況では、弱音や文句の一つも吐きたくなるのが普通だ。


「頑張れー! 龍ちゃーん!」


 グラウンド上を走る俺に向け、何度目かになる声援をプールサイドから飛ばしてくる茜。


「アイツは気楽でいいよな……」


 男子は炎天下のグラウンドで地獄のマラソンをしているというのに、女子達は楽しげにグラウンドの片隅にあるプールで優雅に水泳ときたもんだ。

 男女同権だとか、男女平等を訴え続けている世の中なのに、現実はどこまでも厳しい。

 まあ、全てが平等なんて現実ではありえない事だけど、それにしたってこの落差は納得がいかない。俺だってこんな暑い日は、プールで涼しく楽しく遊びたいんだ。

 マラソンで疲れた身体に鞭打つ様にして必死に走りつつ、よろよろと片手を上げて茜の声援に応える。


「はあはあ……いいよな女子は……俺はあっちに混ざりたいよ……」

「そうだな。めっちゃ涼しいだろうからな……」


 後ろから走って来た渡が、俺と並走しながらそんな事をぼやく。

 渡も俺と同じく既にヘトヘトになっていて、荒い息遣いと共に両肩が大きく上下に動いている。


「いや、涼しいとかそう言う問題じゃないんだよ」

「はあっ? それじゃあいったい何だよ?」


 俺は顔をしかめながら並走する渡を見る。

 すると渡は息を切らせながらも、真剣な表情でこちらを見て大きく息を吸い込んだ。


「そんなの決まってるだろっ! 女子が水着姿でわいわい遊んでるんだぜ!? それを食い入る様に見たいからに決まってるだろうがっ!」


 渡は吸い込んだ息を全部使い切る勢いでまくし立てる様にそう言った。

 そんな渡の言葉で全てを理解した俺は、渡に向けていた視線を前へと戻した。


「欲望に素直なお前らしいな……」

「ふうっ……龍之介だって見たいだろう? 女子の水着姿をまじまじとさ」


 ――んな事は当たり前だろうがっ! どこの世界に女子の水着姿を見たくない男子が居るってんだ! 健全な男子はすべからくそうに決まってるだろうがっ!


 と言いたいところだが、そんな欲望を素直に口にするのはアホのやる事なので、俺はもちろんしない。


「お前なあ、自分の欲望をストレートに口にするのはどうかと思うぞ?」

「ちっ、格好つけやがって……本当は見たくて見たくて仕方ないくせに。お前みたいなむっつりさんは、一生女の子の水着姿が見れない呪いにでもかかればいいんだっ!」


 渡はそんな捨て台詞を吐くと、急に力尽きた様にしてスピードが落ち、俺の横から姿を消した。

 それにしても、とんでもなく失礼な事を言う奴だ。だいたい世の中の男が全員アイツみたいなオープンスケベだったら、世の中は大変な事になる。

 そう言った意味ではむっつり男子は世界にも女性にも、とっても優しい存在なんだ。むっつり差別をしている人には、そのあたりを是非とも理解していただきたいと思う。

 でもまあ、そもそも『むっつり』って言葉自体がイメージを悪くしているんだと俺は思う。ならばむっつりに代わるいい感じの言葉は無いだろうか。

 そう、例えばだが、好色を秘めた紳士――という言い方はどうだろうか。スケベという言葉を好色と言う難しい言葉で表現する事によりその軽さを消し、更に紳士という言葉で肉付けする事により、そのいかがわしさを消し去る効果があると思える。

 うん。これから俺はむっつりと言われたら、好色を秘めた紳士と呼べ――と、そう言う事にしよう。

 そんな事をわりと真面目に考えながら、俺は炎天下のマラソンをこなした。


× × × ×


「疲れがとれねえ~」


 地獄の炎天下マラソンを終えたあとの昼休み。

 弁当を食べ終わった俺はさっさと弁当箱を片付け、自分の机に突っ伏した。


「龍之介、大丈夫?」


 目の前にある美月さんの席に座って一緒にご飯を食べていたまひろが、心配そうな声でそう問い掛けてくる。


「大丈夫じゃないけど大丈夫だよ。まひろの方こそ大丈夫なんか?」

「うん。僕は日陰で見てただけだから」


 昼休み前の体育の時間。まひろは体調不良だったらしく、授業を見学していた。

 こちらに転校して来た時からあまり身体の丈夫な方ではなかったけど、中学、高校と駒を進める度にそれが顕著になってきている様に感じる。


「そっか。まあ、気を付けろよ? 夏はまだまだ始まったばっかりだしな」

「うん、そうするよ。ありがとう」

「お、おう……」


 いつもの様に天使の笑顔を見せてくれるまひろ。

 それにしても最近のまひろは、妙に色っぽさが出てきた気がする。おかげで俺のまひろに対する妄想力は、上昇の一途を辿っている。

 そう思いながら窓の外に視線をやると、中庭のベンチの一つを何人かの女子が取り囲んでいるのが見えた。


「何だありゃ?」

「誰かを取り囲んでるみたいだね」

「あれはサッカー部のエースの森山だな」


 窓の外を見る俺の左隣にいつの間にか来ていた渡がそう言い放つ。


「へえ~。あれが噂のサッカー部の森山か。初めて見たな」


 渡が言う森山という人物は、この学園ではちょっとした有名人だ。

 入学当初から森山のルックスと運動能力の良さは噂でも聞いていて、ついでに頭も良く、性格も良いと聞いている。つまり話しに聞くだけなら、森山は完璧人間ってわけだ。


「あの人が森山君なんだ。噂通りに人気があるんだね」

「ルックスが良くて頭も良くて、運動もできて性格も良いとか、どんだけ欲張りさんだよって感じだけどな。そして何より、女の子にモテまくってるのが気に入らん! 龍之介もそう思うだろ?」


 苦々しい表情をしながら、渡が嫉妬に満ちた言葉を出す。まあ、その気持ちは分からなくもない。


「別にいいんじゃないか?」

「ありゃ? 意外だな。普段から、リア充爆発しろっ! ――とか言っている龍之介がそんな事を言うなんてさ」

「そりゃあお前。モテる奴ってのは、モテる理由があるからこそモテてるんだろうからな」

「龍之介はイケメンの味方をするのか? この裏切り者めっ!」


 さっきのマラソンの時もそうだったが、今日のコイツは本当に失礼な事を言いやがる。


「別に俺はイケメンの味方をしてるわけでも、モテる奴の味方をしているわけでもねーよ。だけどよく考えてみろ。世の中には別にイケメンじゃなくても、モテる奴は居るだろ?」

「うっ……まあ、確かにな……」


 渡は俺の言葉に同意の言葉を漏らす。

 そう、世の中ではイケメンが絶対的にモテるとは限らない。そもそもモテるというのは、色々な要素が相まって完成するもので、サクッと簡単にできるものではないのだ。

 それは例えば性格だったり体格だったり雰囲気だったりと、その要因は様々。性格一つ取ったって、内面も千差万別。その複合要素たるや、人の身では計り知れない。

 つまりモテる奴というのは、そういう複合要素を上手く持ち合わせているからこそモテるわけだから、そんな複雑な要素に対してどうこう言ったところで虚しくなるだけだ。

 でもまあ、渡の様に嫉妬する気持ちが無いかと言えば嘘になる。人はどこまでも自分に無いものに憧れ、そして嫉妬する生き物だから。

 とりあえず渡に対し、俺は一つ一つさとす様にしながらそんな事を話した。そしてそんな下らない事に時間を費やしている内に昼休みも終わり、気だるい午後の授業へと時は移って行った。

 俺がそれに気付いたのは、本当に偶然だったと思う。

 特別何かを考えていたわけでもなく、ただ気だるい授業を眠ってしまわない様にと頑張っていただけだった。

 右隣に居るまひろの前の席。その席の主は茜なのだが、ふと視界にその姿が入った時、なにやら茜がソワソワしているのが見えた。

 何をそんなにソワソワしているんだろうかと思い、視線を茜に固定させる。そしてよく見てみると、机の引き出し部分で何かを隠してそこに視線を落としている。

 俺の席から見える角度では、それが何なのかはっきりとは分からない。しかしチラッと見えた感じからすると、どうやら手紙の様な物を持っているのは分かった。

 そんな茜の横顔は高揚した様に紅くなっていて、その様子はさながら、突然ラブレターをもらって困惑しながらも喜んでいる――と言った感じにも見える。

 しかしそんな事を思いつつも、茜に限ってそれは無いだろうな――と、この時の俺はそう思っていた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます