第55話・初めての一人訪問

 ゴールデンウイーク四日目。

 連休も残すところ、今日を含めて三日。そんな残り少ない休日の中、俺は朝早くからリビングのソファーに寝転がり、美月さんに借りていたラブコメ漫画を読み耽っていた。

 本当はお昼くらいまでは寝ている予定だったけど、今日は杏子に朝早くから叩き起こされてしまい、現在こうしているわけだ。

 杏子が出掛けたあとに部屋の本棚から借りた漫画本の全てをリビングに持って下り、ソファーに寝転がってからそれを読み耽っていたわけだが、これで横にあるテーブルにお菓子とジュースでも置いたなら、怠惰たいだな日常を送る見本の様なダメ人間の出来上がりになるだろう。

 だがもちろん、飲み物も食べ物もそこには置かない。下手に食べ物や飲み物を近くに置くと、本を汚してしまう原因になるからだ。自分の所持品ならまだしも、これは借り物だから細心の注意を払う必要がある。

 静かな部屋の中から聞こえてくるのは、掛け時計の秒針が進む音だけ。

 ここは閑静な住宅街だから車の交通量も少なく、外から聞こえてくる音も、強いて言うならスズメのチュンチュンという鳴き声くらいだ。住む場所としてはとても良い環境だと思う。

 漫画本を両手に持って内容を読み耽りつつ、ふとリビングにあるアナログの掛け時計へ視線を向けると、時刻は午前八時前を指し示していた。


「杏子はそろそろ着いた頃かな」


 これは朝早く杏子に叩き起こされた時に初めて聞かされたんだが、今日からゴールデンウイーク最終日までの間、杏子は友達と有名なメルヘンの国へと泊りがけで遊びに行く事になっていたらしい。

 それならあとから携帯に連絡をくれたらいいんだけど、杏子は俺も連れて行きたかったらしく、早朝の五時に叩き起こされてから約一時間くらい、『お兄ちゃんも一緒に行こうよ!』とせがまれ続けた。

 いつもなら杏子の要望をだいたい聞いている俺だが、今回ばかりはそんな杏子のお願いを断った。なぜかと言えば理由は単純で、泊りがけで遊びに行くお金なんて、今の俺は持ち合わせていないからだ。最近は立て続けに面白い本やゲームを買ったから、次の小遣い日まではかなり自重しなければいけない。

 しかし杏子がこんな理由で納得するはずもなく、最後には『私がお兄ちゃんの分も出すから』とか言っていたが、それは断固として拒否した。兄が妹に遊ぶ金を出してもらうなんて、プライドが許さないからだ。

 とりあえず俺は、杏子が出発するまでの時間を要求を拒否し続ける事で乗り切り、杏子は非常に不満そうな表情を浮かべながらも出掛けて行った。杏子には悪いけど、友達と楽しむ時は、友達と思う存分に楽しめばいいんだ。

 そんな事を思いながら掛け時計から視線を戻し、再び漫画本を読み始める。

 それにしても、この漫画は面白い。流石は美月さんがお勧めしてきただけはあると思った。ラブコメってのは基本的な流れとかキャラクター設定はわりとありふれている物が多いけど、それでもやっぱり面白いと思う。

 でも、毎回こういったラブコメ作品などを読んでいると思うんだけど、本当にこういった作品に出て来る主人公ってのは鈍感過ぎだ。もちろん主人公が勘の鋭い人物だと、話を成立させにくいからというのは分かっているんだけど、読んでいる身としては非常にヤキモキしてくる。

 あからさまにヒロインから好意を向けられているのに、それにまったく気付きもしない主人公を見ていると、『俺とそこを代われ!』と言いたくなる。きっと誰しも一度は同じ様な事を思った事があるはずだ。

 もしも俺がラブコメの主人公だとしたら、すぐにヒロイン達の好意に気付いてあげられる自信がある。それにはっきり言って、ラブコメの主人公みたいに鈍い男は現実には存在しないと思う。

 基本的に男ってのは、女の子が少し優しくしてくれただけで、俺の事が好きなんじゃないか――とか、本当にそんな些細な事から、あらぬ勘違いを起こす生き物だから。だから物語の主人公の様な鈍さは、現実ではありえないと言える。

 しかし俺の場合は、女の子の優しさを好きと勘違いする程愚か者ではない。過去にはそれなりに苦い経験もしたし、それなりに辛い失恋もした。だからこそ今の俺は、現実のそういったラブトラップには引っかからない。伊達に辛い思いをしてきたわけではないのだ。

 自分の恋愛遍歴を思い出しながら黙々と漫画の続きを読み、借りていた漫画の最終巻を読み始めた頃、テーブルの上に置いていた携帯がブブブッと震えながら動いてすぐに止まった。バイブがすぐに止まったという事は、メッセージが届いたと言う事だ。

 俺は携帯を手に取って画面のロックを解除し、メッセージ画面を開いた。するとそこには、杏子からのメッセージが届いていた。


「ちゃんと着いたみたいだな」


 届いたメッセージの次には一枚の写真が送られていて、そこにはメルヘンの国を背景に友達と一緒に笑顔で写っている杏子の姿があった。

 それを見た俺は、『兄ちゃんの分も沢山楽しんで来い』と返事を書いてメッセージを送り返した。

 そして最終巻をじっくりと読んでから携帯の時計表示に目をやると、そろそろお昼の十二時を迎えようとしていた。俺はお昼ご飯を作る前に借りた本を美月さんに返そうと思い、テーブルの上にある本を丁寧に積み重ねて抱え上げ、お隣の美月さん宅へと向かった。


「しまったな……」


 自宅の隣にある美月さん宅の玄関前へと立った俺は、両手が塞がっていて玄関のチャイムが押せない事に気付いた。

 地面に本を置くわけにもいかずにちょっと悩んだ挙句、俺は少しだけ腰を落としてからおでこでチャイムのボタンを押そうとした。


「あっ、龍之介さん。こんな所で何をしているんですか?」


 もう少しで俺のおでこがチャイムのボタンに触れようかという瞬間、玄関の扉がカチャッと音を立てて開き、中から美月さんが顔を出した。


「お、お辞儀の練習をしてたんだよ。ほら、本を返す時にはちゃんとお礼を言わなきゃだからさ」


 我ながら苦しい――いや、間抜けな言い訳だと思う。ここで素直に本当の事を言えないのは、それだけ俺が見栄っ張りという事かもしれない。


「龍之介さんはとても礼儀正しいんですね」


 涼やかな笑顔でこちらを見ながらそう言う美月さんは、どうやら俺の言った事を疑いもせずに信じてくれたらしい。そんな美月さんのけがれを感じさせない笑顔を見ていると、凄まじい罪悪感が沸き起こってくる。


 ――ごめん、美月さん。本当の理由を言えない見栄っ張りな俺を許してくれ……。


「あ、ありがとう。ところで借りてた本を返しに来たんだけど」

「そうだったんですか。私も龍之介さんに用事があって訪ねに行くところだったんです。ちょうど良かったですね」

「そうなんだ。用事って何?」

「はい。三十分くらい前にですが、杏子ちゃんから『お泊りで遊びに行っているので、私が居ない間はお兄ちゃんを頼みます』ってメッセージが届いたんです。それで龍之介さんの分の昼食も作ったので、お誘いしようとそちらを訪ねるところだったんです」


 杏子は相変わらずお節介と言うか心配性だ。まあ、アイツなりに俺の事を考えての事なのは分かる。だけど杏子が美月さんに送った文面だと、まるで俺が、一人では何も出来ないダメ兄貴――みたいに思われそうだ。


「そっか、わざわざありがとう。それじゃあ、せっかくだしご馳走になるよ。その前に、この借りてた本はどこに持って行けばいいかな?」

「それではすみませんが、私の部屋まで運んでいただけますか?」

「了解」


 俺は借りていた本を美月さんの部屋まで持って行き、そのあとで戸締りをする為に一度自宅へと戻った。そしてきっちりと家の戸締まりをした俺は、再び美月さん宅へと向かった。

 よくよく考えてみれば、杏子抜きで美月さんの家に行くのはこれが初めてだ。別に何かがあるわけじゃないけど、少し緊張してしまう。

 妙にドキドキした気持ちを抱えたまま、俺は美月さんの家の中へと入った。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます