第56話・ハードモード

 美月さんの家にお邪魔した俺はリビングへと通され、そこにある四人家族用テーブルの椅子へと腰を下ろした。このテーブルは最近購入したと美月さんは話していたけど、少し不思議に思った事がある。

 俺や杏子は知っているが、美月さんは一人暮らしで家族は居ない。そんな美月さんが、わざわざ四人家族用のテーブルセットを買ったのはなぜだろう――と思ったからだ。

 俺が知る限り、美月さんは気まぐれでこういう物を買ったりするタイプではない。ぽや~っとしていてるところもあるけど、その行動には毎回ちゃんとした意味があるから。

 でも、そんな相手の心の内側へと無闇に踏み込む事が出来るほど、俺は無神経ではない。ちょっと気になるところではあるけど、美月さんの生い立ちを考えると、軽々しく詮索してはいけない部分だと思う。

 そんな事を考えている間に、可愛らしい子猫のイラストが描かれたエプロンに身を包んだ美月さんが、次々とテーブルに料理を並べていく。その様をじっと見ていると、まるで新妻が一生懸命に作った料理を運んで来ている様に見えてくる。

 俺は軽く、新妻美月さんを妄想して新婚生活を脳内シミュレーションしてしまった。


 ――はあっ……何を馬鹿な事を考えてんだ俺は。


 美月さんの様な才女が、俺なんかに釣り合うわけがない。そんな彼女が俺に優しいのも、好きだと言ってくれるのも、全ては気の合う友達としてなんだから。

 そう、期待なんてしてはいけない。現実はどこまでも冷酷で残酷なのだから。


「龍之介さん。どうかしましたか?」

「えっ? ああ、いや、何でもないよ。それよりもこれ、美月さんが全部作ったの?」

「はい。そうですよ」


 にこっと微笑んで頷く美月さん。

 目の前にはほかほかのご飯に、豆腐とほうれん草の味噌汁、ベーコンエッグにほうれん草のお浸しと、とても美味しそうな料理が並んでいる。

 並べられた料理はどれも見栄えよく作られていて、味噌汁のかぐわしい香りと、ベーコンエッグの程よく焼けた香ばしい匂いが俺の鼻を通って空腹のお腹を刺激する。茜が作る料理の様な派手さはないが、この丁寧で素朴な感じが実に美月さんらしい。


「凄く美味しそうだね。それじゃあ、いただきますっ!」


 早速お箸を右手に持ち、ほうれん草のお浸しへと箸を伸ばす。

 口へと運んだお浸しは程よく下茹で処理されていて、その食感もさる事ながら、醤油と他の調味料との絶妙な混ぜ合わせで非常に美味しくなっている。そしてさり気なく混ぜ合わされているすりゴマが味を更に引き立てていて、香ばしくもいい感じだ。

 それにお味噌汁は濃くも薄くもなく、程良い塩梅。ベーコンエッグのベーコンは表面カリカリで、口に含むと中の肉汁と油が染み出るコンボ攻撃で、ちょうど良く振りかけられているブラックペッパーがいい引き立て役になっている。


「どうですか?」


 夢中になって料理を食べていた俺の顔を、美月さんは覗き込む様に見る。


「凄く美味いよ。本当に料理の腕を上げたよね」

「本当ですか? とても嬉しいです」


 満面の笑みを浮かべながら自分の胸に両手を持っていき、安心した様子で息をはあーっと吐き出す美月さん。

 本当によくここまで腕を上げたものだと思う。出会った頃はカレーの具材選びすらまともにできず、伸びきったカレー蕎麦を我が家に持って来ていたと言うのに。あの時の美月さんとは、まさに天と地の違いだ。

 俺は人の成長した様をひしひしと感じ、ちょっと感動していた。


「――やりますね。龍之介さん」

「へへっ。なかなかのもんでしょっ!」


 のんびりとした昼食タイムを終えたあと、俺は美月さんの部屋で格闘ゲームの勝負に興じていた。ゲームで遊んでいる時の美月さんは本当に楽しそうで、見ているこっちも釣られて楽しくなってしまう。


「はい。でも、負けませんよ?」

「くっ! あっ!? ああーっ!! くっそー、また負けた……」


 俺はピンク色の絨毯じゅうたんが敷かれた床に、大の字で背中を預ける。

 最近発売されたばかりの格闘ゲームで対戦をしていたんだけど、なかなか美月さんには敵わない。その手慣れた動きはまるで、何年も何年も経験を積んできたプロの様だ。


「お疲れ様です。龍之介さん」


 勝負に負けて悔しさが隠せない俺に向かい、優しく声をかけてくれる美月さん。本当にどんな時でも気遣いを忘れない優しい人だ。


「お疲れ様。それにしても、流石は美月さんだね。俺じゃあ相手にならないよ」

「そんな事はありませんよ。龍之介さん、以前よりも格段に腕を上げていましたし」


 美月さんはこう言ってくれるけど、結果は二十戦二勝十八敗と、散々なものだ。内容としてはかなり善戦した方だろうけど、それだって美月さんが俺のレベルにある程度合わせてくれているからだと思う。


「ありがとう。ああー、なんとか美月さんから連勝出来る様になりたいなー。そういえばさ、美月さんて何でそんなにゲームが上手になったの?」


 大の字で寝転がっていた床から上半身を起こして質問をする。

 もしも上手になるコツがあるなら、是非とも聞いてみたかったからだ。


「それは……ずっと昔の小さな頃、私にゲームを教えてくれた人が言ってたんです。『ゲームが上手になりたいなら、難易度は常にハードモードだ』って」


 ――なんだかどこかで聞いた事があるセリフだな……。


 それにしても、確かに難易度を上げてやり込めばそれなりに上手くなるのは分かるけど、だからって常にハードモードを選択しろとか、美月さんに助言をした奴はどんだけ厳しいんだ。


「それでずっとハードモードでやってたら上手くなったと?」

「そうです」


 何の躊躇ちゅうちょも迷いも無く即答する美月さん。

 継続は力なり――とはよく言ったもので、美月さんはゲームを教えてくれた人の教えをずっと守り続け、この強さを得るに至ったのだろう。俺が美月さんから余裕で一勝をもぎ取るには、それこそ一生を使わないと無理かもしれない――と、そんな風に思ってしまった。


「ん? どうかした?」


 気が付くと美月さんは、俺の顔をじーっと見つめていた。その瞳は何と言うか、何かを期待しているかの様な印象を受けた。


「あ、いえ、何でもありません……」


 俺がそう尋ねると、美月さんは力無くそう言ってから小さく微笑んだ。

 そして美月さんが微笑む前に見せた表情は、俺に対するちょっとした落胆の様なものを感じさせた。


「美月さん。俺、何か悪い事しちゃったかな?」

「いいえ。龍之介さんは何も悪くありません。悪いのはきっと、私だから……」

「えっ? それってどうい――」

「龍之介さん。せっかくですから、夕飯もご一緒しませんか?」


 こちらが聞き返そうとした内容が分かったのか、美月さんは俺の言葉に被せる様にしてそう言ってきた。

 美月さんは相手の話を途中で遮ってまで、自分の話を切り出す人ではない。そんな人があえて俺の言葉を遮ったという事は、それ以上は聞かれたくない、もしくは、聞いてほしくない――という事なのだと思う。


「うん。いいよ」

「ありがとうございます」


 美月さんは俺の返答に対して微笑んでいた。いつもの様に。

 でもその微笑は、聞かないでくれてありがとう――と、そう言っている様にも見えた。


「よしっ! それじゃあ、一緒に買い物に行こっか」

「はい」


 とりあえず難しい事は後に回そう。その内に美月さんが話をする気になれば、その時に話を聞けばいいだけだから。

 俺は笑顔の美月さんからエコバックを受け取り、夕食の材料を買う為に美月さん宅を一緒に出た。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます