第47話・イタズラ心と遊び心

 俺は夢を見ている時、それが夢だと分かる時がある。少なくとも俺の場合、心地良い感覚を味わっている時にはそれが夢の場合が多い。

 その感覚は例えるなら、じいちゃんの家にあったゆらゆらと揺れる椅子、ロッキングチェアに座って穏やかに揺られている様な感じだ。


「お兄ちゃん」


 穏やかな眠りの世界に居る俺の耳に、誰かの声が聞こえてきた。

 俺がその声に対して特に反応を示さないでいると、今度は身体が大きく揺さぶられ始める。


「お兄ちゃん。起きて」

「ううん……もうちょっと……」

「えーっ!? あとどれくらい?」

「あと五――」

「五分?」

「五十年……」

「お兄ちゃん。即身仏そくしんぶつにでもなりたいの?」


 ぼやけた頭で、なんだかこんなやり取りをした事があるような――などと思っていると、俺の頭にビシッと鋭い衝撃が走った。


「いって! 何すんだよ、杏子」

「お兄ちゃんが早く起きないからそうなるの」


 雑な起こし方に対して不機嫌に上半身を起こすと、そこには杏子に美月さん、まひろの姿があった。そしてそのまま辺りを見回していくと、既に昨日から場所取りをしていたほとんどの場所で花見と言う名の宴会が始まっている。

 寝袋から出て胸ポケットに入れていた携帯を見ると、時刻は午前九時を表示していた。


「もうこんな時間だったのか」

「おはよう、龍之介。場所取りありがとうね」

「おはようございます。龍之介さん」

「おはよう。まひろ、美月さん」


 挨拶をしたあとで欠伸をしながら傍らに視線をやると、そこには気持ち良さそうに眠っている茜の姿。


 ――俺が安らかな眠りから叩き起こされたというのに、すやすやと寝やがって……そうだ! 面白い事を思いついた!


 俺はニヤリと笑みを浮かべ、傍らで眠る茜の耳元にそっと顔を近付けて行く。


「お兄ちゃん、何やってるの?」

「んふふ。なーに、ちょっとしたイタズラだよ」


 杏子の問いかけに答えたあと、俺は再び茜の耳元へと口を近付ける。


「茜、起きろ。朝だぞ」


 まるで恋愛物語に出て来る主人公の様に、耳元で甘く囁いてみる。

 しかしこちらの期待とは裏腹に、ターゲットからの反応はまったく無い。


 ――ちっ、こんなんじゃダメか? もっと刺激的な事を言ってみるか。


「起きろ茜。早く起きないと、ほっぺにキスしちまうぞ?」


 我ながらむず痒くなる事を言っているとは思うけど、イタズラをするならこれくらいやらないと意味が無い。


「ん……」


 ――おっ、反応ありか?


 茜の口元が僅かにだがニヘッとなった。

 それを見た俺は更なる追い討ちをかけるべく、さっきよりも甘く耳元で囁く事にした。


「早く起きろよ、マイハニー」

「んんっ……」


 耳に優しく吐息を当てると、茜は艶っぽい声を出して顔を紅くする。

 さすがにこれには目を覚ますと思い顔を覗き見たが、茜は夢の世界から現実へと戻っては来なかった。これで茜が起きないと思って完全に調子に乗った俺は、普段なら絶対に口にしないセリフを耳元で囁いてみる事にした。


「茜、早く起きろよ。そして大好きなお前の笑顔を早く俺に見せてくれ」


 我ながら、なんと歯の浮くセリフだろうか。人生で一度は恋人に言ってみたいセリフだ。


「な、なななっ!?」


 ニヤニヤしながら自分のセリフに悶えていたその時、俺の耳に茜の声が聞こえてきた。


「あ、あれっ!? 茜さん、もしかして、今の聞いてたかな?」

「今の言葉、ホント……?」


 横たわったままの体勢で俺をじっと見つめる茜。


 ――やべえ……なんとか誤魔化さないと、俺の命がついえる。


「いや、あれはだな――」

「お兄ちゃんは茜さんにイタズラをしてたんですよ」

「バ、バカッ!」


 ――なんて余計な事を言ってくれやがるんだ杏子! 事実をありのままに伝えたら俺が死ぬじゃないか!


「えっ? イタズラ?」


 杏子の言葉を聞いた茜は低い声でそう言いながらむくっと上半身を起こし、ゆっくりと寝袋のファスナーを下ろしていく。

 顔を俯かせているからその表情は分からないけど、間違い無く笑顔ではないだろう。なぜならその雰囲気からは、凄まじいまでの悪寒を感じるからだ。

 もしもこの場面を漫画的に表す事ができるとしたら、きっと茜の背景には燃え盛る炎と、ゴゴゴゴゴッ――という効果音が見えるだろう。


「あ、茜さん! 落ち着いて話を聞いてくれっ!」

「何? 遺言なら聞いてあげるけど?」


 俺の淡い望みも虚しく、もはや茜の中には極刑以外の選択肢は無いらしい。


「……遺言は無いみたいね?」


 慌てていた俺が何も言えずにいると、茜は右手を力強く握り込んでから肘を後ろに引き、処刑の準備を始める。

 そして目の前に居る茜の顔がスッと上がると、その鋭い視線が俺を捉えて金縛りにした。まさにこの様な状況を、蛇に睨まれた蛙――と言うのだろう。


「ま、待てっ!!」

「龍ちゃんの……バカ――――――――ッ!」

「ふぐぁっ!?」


 花見が始まる前の起き抜け。俺は茜のメガトンパンチを腹に受け、本日二度目になる夢の世界へといざなわれる事になった。

 そしてしばらくして夢の世界から目覚めた俺は、みんなと一緒に花見の準備を始めた。危うく花見を開始する前に天国を見に行く破目になるところだったが、どうやら天国には行かずに済んだ様で良かった。


「そういえば杏子、頼んでおいた飲み物は買って来てくれたか?」

「ちゃんと買って来たよ。凄く重かったんだからね」


 杏子は沢山の飲み物が入った袋を見せると、褒めろ褒めろと言わんばかりに頭を俺の前へと突き出した。


「はいはい。杏子は偉いな」


 とりあえず、そんな杏子の頭をよしよしと撫でる。こういうのを拒否すると、後々面倒だから。


「えへへ~」


 まるでチョコレートが溶けていく様に、表情を緩ませる杏子。これで満足してくれるんだから、本当に安上がりな妹だ。


「龍之介さん。荷物運びは私も手伝ったんですよ?」


 そんな様子を見ていた美月さんが、期待に満ちた目をしながら頭をこちらへと出す。


「み、美月さんも偉い偉い~」


 まるで妹がもう一人増えた様な錯覚に陥りながら、空いている方の手でその頭を撫でる。


「りゅ、龍之介。僕もその……手伝ったんだよ?」


 右手で杏子の頭を撫で、左手で美月さんの頭を撫でていた俺を、真正面から上目遣いで見るまひろ。


 ――何この可愛い生き物!? 両手で思いっきり撫で回したいっ!


 気が済むまで頭を撫で回したくなるまひろの可愛さ。だけど俺は、その衝動をグッと抑えつける。


 ――まひろは男、まひろは男、まひろは男、まひろは男、まひろは男――。


 俺は衝動を抑える為にその真実を心の中で復唱し続け、思わず涙が零れそうになってしまった。


「ほら、今は両手が塞がってるしさ」

「そ、そうだよね。ごめんね、龍之介……」


 しゅんと残念そうにして俯くまひろ。

 そんな様子のまひろを見ていると、全てをかなぐり捨ててでも、まひろの頭を撫でてやるべきだったと激しい後悔の念に駆られてしまう。


「むう……」


 そしてそんな俺を見て、なぜか膨れっ面をしている茜。


 ――いったい何なんだこの状況は……。


 こうして二人の頭を撫で終えた俺は、杏子達の買って来た飲み物の袋を開けて中を見た。


 ――あれっ? 確かみんなで飲めるジュースやお茶を杏子に頼んだはずだが……。


 袋の中には見た事の無い柄の缶が所狭しと入っていた。

 しかしそれは一見すると、お茶やジュースのたぐいには見えない。まさかとは思うけど、ここはちゃんと確認しておくべきだろう。


「杏子、これは何だ?」

「ん? 何って、飲み物だけど?」

「いや、それは見れば分かるんだけどさ。まさかアルコールじゃないだろうな?」

「そんなわけ無いでしょ? 私達は未成年だよ? アルコールなんて買えるわけ無いじゃない」

「まあ、そうだよな」

「そうだよ。それに気になるなら、中の商品を取り出して見ればいいじゃない」

「仰るとおりで」


 一番簡単な方法を失念していた俺は、袋の中の商品を一つ取り出してみた。


 ――はっ? お酒気分?


 取り出した缶には確かにそう書かれていた。

 俺はその缶を傍らに置き、別の缶を袋から取り出してみる。


 ――酔いどれ気分?


 それから俺は、次々に袋の中の缶を取り出してみた。

 アルコール気分に泥酔気分、陽気な気分に吐きそうな気分と、様々な気分シリーズが次々とお目見えする。どれもこれも、お酒を連想させる商品名ばかりだ。最後のに至っては、絶対になっちゃいかん気分だろう――と、思わずツッコミたくなる。


「杏子。これってお酒じゃないのか?」

「お兄ちゃん、ちゃんと表示を見てよ。それ、ノンアルコールだよ?」


 杏子にそう言われて成分表示などを見ると、確かにノンアルコールだった。


「なるほど、だから『気分』ってわけか」


 それにしても、商品名を考える人って大変だろうなと思う。名前一つがヒット商品になる切っ掛けになったりもするわけだから。

 俺は興味から飲み物の商品名を一つ一つ確認しながら、再び花見の準備を進める。

 そして準備を進めながら迎えた午前十時。

 花見の準備が整った俺達は、意気揚々と花見を開始した。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます