第15話・ささやかなお願い

 人は一生の内に、どれだけの悩みを抱えるのだろうか。

 悩みを持たない人間など、おそらく一人として存在しないだろう。仮にそんな人間が居たとしたら、その人は地球一の幸せ者かもしれない。

 夏休みも残すところあと一週間となった。

 過ぎ行く日々が秒刻みで惜しく感じる静かな夜。枕元に置いていた携帯が、綺麗な着信音をかなで始めた。その着信音に反応し、寝そべっているベッドの枕元から携帯電話を手に取り画面を見る。


「雪村さんから電話?」


 連絡先を交換してからはメッセージを交わす様になったけど、こうして雪村さんから電話がくるのは初めてだった。俺はとりあえず、携帯電話の画面に出ている応答表示をスライドさせて電話に出た。


「もしもし?」

「もしもし? ごめんね、こんな遅い時間に」


 その言葉を聞いて部屋の掛け時計に視線を向けたが、時刻はまだ二十一時を少し過ぎたところで、雪村さんが言う程遅い時間でもない。


「大丈夫だよ。どうかしたの?」

「えっ? あ、えっと……あの……」


 何か用事があったんだろうと思っていたので、その答えはすぐに返ってくると思っていた。

 しかし予想に反して雪村さんの歯切れは悪く、つむごうとしている言葉が続かない。


「何かあったの?」

「あっ、う、ううん、何でもないの……ごめんね、おやすみなさい!」

「えっ!? ちょ、ちょっとまっ――」


 俺が言葉を言い終わる前に通話はプツッと切れてしまった。相当慌てていた様子だけど、いったいどうしたんだろうか。


「なんだろう……雪村さんらしくないな」


 雪村さんの様子は気にかかるけど、電話をかけ直して聞くのもどうかと思うし、今の事をメッセージを使って聞くのもどうかと思う。

 突然の出来事に驚いていた俺は、それからしばらく腕を組んでどうしたものかと考え込んでいた。


× × × ×


「あれ? お兄ちゃん、こんな時間にどこに行くの?」


 雪村さんから謎の電話があった翌日の二十二時前。

 俺は玄関で靴を履いているところをお風呂上がりの杏子に発見されてしまった。


「ちょっとコンビニにな」

「そうなんだ。それじゃあ、チョコミントアイスを買って来て欲しいなあ」

「お金は当然、お前が払うんだろうな?」

「ん? それは優しいお兄ちゃんが払ってくれるはずだから」


 にっこりと微笑んでそう言う我が妹様の表情は本気マジだった。本当ならそんな要求は即座に突っ撥ねるところだけど、妙な詮索を受けない為にはその要求を受け入れる方がいいだろう。


「分かったよ」

「やった! だからお兄ちゃんだーい好き」

「はいはい。そりゃあどうも」


 妹とは、自分にとって都合のいい時にだけ兄を好きになるもんだ。それが分かっていながら甘やかす俺も俺だけど。

 自身の妹に対する甘さを感じながら溜息を吐き出し、玄関を開けて暗い外へと足を踏み出す。


「さてと、それじゃあ行きますかね」


 玄関先の駐輪スペースに止めてある自転車に乗って軽くペダルを踏み出し、街灯が道を照らす住宅街へと出て行く。

 杏子にはああ言ったけど、コンビニに行くというのは咄嗟とっさについた嘘だ。本当の目的は、雪村さんと会って話をする事。

 昨日の電話がどうにも気になっていた俺は、かつて少しの間だけ働いていたバイト先へと向かった。


「――あっ、雪村さん!」

「鳴沢君? こんな所で会うなんて珍しいね。こっちに何か用事?」


 もう少しで元バイト先へ着こうかという頃、幸運にも道端で雪村さんと鉢合わせした。


「ちょっと雪村さんに用事があってね」

「えっ? 私に?」


 道端で立ち話をするのも迷惑だからと、俺達はここからすぐ近くにある小さな公園へ向かった。

 二人で向かった公園は俺が幼い頃からある公園だけど、その頃は小さな街灯が公園の真ん中に一つあるだけで、夜は結構不気味な雰囲気だったのを覚えている。だが、今ではしっかりと数本の街灯が公園内に設置され、公園全体を明るく照らしている。

 雪村さんには公園の中にあるベンチに先に行ってもらい、俺は公園前の自動販売機で飲み物を二人分買ってから急いで雪村さんのもとへと向かった。


「お待たせ。どっちがいいかな?」

「あっ、ありがとう。それじゃあ、フルーツジュースの方で」


 ご所望のフルーツジュースを手渡したあと、俺は雪村さんから少しだけ距離を空けてベンチに座り、缶コーヒーのふたを開けて口をつけた。

 飲み物を口にする俺達の間に、少しだけ沈黙の時間が流れる。


「それで、話って何かな? 鳴沢君」


 一口、二口と飲み物を口にした雪村さんが、俺より先にその沈黙を破った。


「えっと……俺の気にし過ぎなのかもしれないけど、昨日の電話が気になってさ。雪村さん、何か話したい事があったんじゃないかと思って」

「それでわざわざ会いに来てくれたの?」

「うん。ごめんね、バイトで疲れてるのに」

「ううん。私こそごめんなさい。気を遣わせたみたいで……」

「いやいや、俺が勝手にそう思っただけだからさ」

「「…………」」


 再び俺達の間に沈黙が訪れる。

 雪村さんは地面をじっと見つめたまま、何かを考え込んでいる様に見えた。


「…………実はね、最近ちょっと悩んでた事があって。それでね、一人で悩んでたら急に鳴沢君とお話をしたくなっちゃったの」

「そうだったんだ」

「うん……ねえ、自分にやりたい事があって、もしもそれを誰かに止められたとしたら、鳴沢君ならどうする?」


 この質問にどのような意図があるのか、それは俺には分からない。だがとりあえず、その質問の答えを考えてみる事にした。


「うーん……俺なら止められても、やれるところまではやるかな」

「どうして?」

「だって、自分がやりたい事なんでしょ? それなら納得がいくまでやってもいいんじゃないかな?」

「納得がいくまで……か」


 俺の答えを聞いても、雪村さんの曇った表情は変わらなかった。でも、その理由は分からなくもない。

 納得がいくまで――なんて言うのは簡単だけど、実際にそうするのは難しいし、ほとんど理想の領域と言えるからだ。どれだけそうしたくても、俺達が現実に生きている以上、その過酷さにはあらがえない事がほとんどだから。


「今のは言い方が良くなかったかな。この場合は、自分がやれるところまで――って言った方がいいのかも」

「そっか……そうだよね」


 雪村さんはそう言って少しだけ微笑んでくれる。

 それから少しの間、俺達は他愛無い雑談に興じていたんだけど、そのせいで時間が遅くなってしまったので、俺は雪村さんを家の近くまで送る事にして公園をあとにした。


「――ここまででいいよ。鳴沢君、送ってくれてありがとう」


 自宅へと続く道を一緒に歩く間も、やはり雪村さんの悩みについての詳しい話はされなかった。

 結局、彼女が何について悩んでいたのかは分からなかったけど、それは無理やり聞くものではないだろう。


「いや、こっちこそごめんね。こんな時間まで」

「ううん。それじゃあ、気を付けて帰ってね、鳴沢君」

「うん。またね」


 雪村さんに軽く手を振った後で方向を変えて自転車にまたがり、ペダルに足を乗せる。


「鳴沢君!」


 突然勢い良く名前を呼ばれ、少しビックリしながらも後ろを振り向く。


「どうかしたの?」

「あ、あの……この前の約束、覚えてるかな? プールでの」

「もちろん。ちゃんと覚えてるよ」

「良かった。あ、あのね、お願いがあるの」


 街灯に照らされている雪村さんの顔が紅くなっているのが分かった。よほど言いにくいお願いなのだろうか。


「雪村さんから要望を言ってくれるのは助かるよ。正直、どんなお礼をしたらいいのか分からなかったからさ」


 言い辛そうにしている雪村さんが、少しでも気楽にお願いを言えればいいと思ってそう言ったけど、果たしてその効果があったかどうかは分からない。


「その、あのね…………龍之介君――って呼んでもいいかな?」


 雪村さんは消え入りそうなくらいに小さな声でそう言い、そのまま顔を俯かせた。

 そんな雪村さんの申し出は、お願いと言うにはあまりにもささやかで、俺は思わず首を傾げてしまった。


「そんな事でいいの?」

「うん……ダメかな?」


 雪村さんは俯かせていた顔を少しだけ上げてこちらを向いたが、俺と視線が合うと、また顔を俯かせてしまった。


「いや、そんな事でいいなら全然構わないけど、本当にそんな事でいいの?」

「うん。それがいいの」

「分かった。それじゃあ、そう呼んで」

「うん、ありがとう。りゅ、龍之介君……」


 照れくさそうに名前を呼ばれると、なんだかこっちまで照れてしまう。

 気恥ずかしそうに俺の名を呼ぶ雪村さんは、普段の凛とした雰囲気の時に見せる可愛さとはまた別の可愛らしさが見えた。


「じゃ、じゃあねっ! 龍之介君!」


 雪村さんはそう言うと、紅くなった顔をそむける様にし、急いで自宅があるであろう方へと走り去って行く。そんな雪村さんの姿を見送りながら、俺は気恥ずかしさで顔が熱くなっているのが分かった。

 どうして雪村さんがあんなお願いをしたのか、それは俺には分からない。けれど、他ならぬ本人がそれでいいと言ったのだから、それでいいんだろう。人の思いの奥底など、どんなに目を凝らしても見えはしないのだから。

 そんな事を思いながら自転車のペダルを踏み込み、自宅へと帰り始める。


「――あっ!?」


 しばらくして自宅前に着き、自転車を降りた時、俺は大事な事を思い出した。


「アイス買うのを忘れてた……」


 杏子にはコンビニに行くと言った手前、手ぶらで帰ると我が妹様にどんな代償を求められるか分からない。

 俺は渋々と方向転換をしてから再び自転車にまたがり、結構な時間を待たせてご立腹であろう妹様のご機嫌取りを考えながら、コンビニへチョコミントアイスを買いに向かった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます