第14話・妹の立場

 今日も朝から真夏の太陽がギラギラと眩しく照りつける中、俺は妹の杏子あんずと一緒に市民プールへと来ていた。


「また全身に力が入ってきてるぞ? もう少し力を抜くんだ」

「う、うん。分かった」


 わざわざ杏子とプールに来た目的は、もちろん遊ぶ為ではない。今日は甘えん坊な我が妹様に、泳ぎを教える為に来ている。

 杏子は昔から色々な事をそつなくこなす万能タイプなんだけど、泳ぎに関してだけは話が別だ。なにせ小学生の頃に家族で海に行った時に、杏子が犬掻きをしているのを見た事があるんだけど、その様は何と言うか、溺れかけの犬――と言った感じだった。

 そういった事もあり、これまでは泳ぎの練習を避けていた様子の杏子だったが、中学生最後の夏に一大決心をしたらしく、金槌を克服したいと俺に申し出て来た。そういう経緯もあり、朝の開場時間からプールに来て泳ぎを教えているわけだが、予想に反して杏子が上達する気配が見えない。


 ――うーん……どうしたもんかな。


 泳ぎの特訓を始めてから約一時間が経過し、今は安全管理の為にお客さん全員がプールから出ている。

 そして俺は思ったよりも上達しない杏子を前に、プールサイドで腕を組んで指導方針を悩んでいた。もちろん杏子は真面目にやってくれてるんだけど、如何いかんせん感覚の違いがあるせいか、いまいちコツが上手く伝わらない。


「見回りが完了しましたー! ご協力、ありがとうございます!」


 プールサイドの向かい側。そこから聞き覚えのある声が聞こえたので前を見ると、偶然にも見知った顔を見つけた。


「杏子、ちょっと知り合いを見つけたから挨拶して来るな」

「うん。分かった」


 俺がそう言って立ち上がると、杏子は返事をしてから同じく立ち上がった。どうやら一緒に来るつもりらしい。まあ、別にいいけど。


「頑張ってるね、雪村さん」

「えっ? あっ、鳴沢君。プールに行くって言ってたけど、ここのプールだったんだね」

「うん。偶然だね」


 外で偶然知り合いに出会うと、妙にテンションが上がるのはなぜだろう。やはり状況や場所が違うと新鮮に感じるからだろうか。


「ところで龍之介君、後ろに居る可愛い子は?」

「あっ、俺の妹だよ」

「妹の鳴沢杏子です。兄がいつもお世話になってます」


 背後からひょこっと出て来て俺の隣に並び、礼儀正しく自己紹介をする杏子。こういったところはちゃんとしていて、兄としては素直に嬉しく思う。


「しっかりした妹さんだね。私は雪村陽子です。よろしくね」

「よろしくお願いします」

「さてと。仕事の邪魔しちゃ悪いし、俺達はそろそろ行くよ」

「うん。わざわざありがとう。またね」


 監視員の仕事に戻る雪村さんに手を振り立ち去ったあと、俺達は再びプールに入って泳ぎの特訓を再開した。

 そこからお昼を迎えるまで杏子はしっかりと泳ぎの特訓を頑張ってくれたんだけど、その頑張りはなかなか実らず、杏子の泳ぎは不安定なままだった。


「――泳ぎの練習は上手くいってる?」


 行き詰った状況の中、特訓を続ける俺達にプールサイドから雪村さんが声をかけてきた。

 杏子に泳ぎを教えているとは言っていないけど、監視員をしているなら、俺達の様子を見れば何をしているかくらいは分かるのだろう。まあ端から見ても、俺達は泳ぎの練習をしている様にしか見えないだろうけど。


「残念ながら上手くいってないんだよね。俺は人に何かを教える事に向いてないみたいでさ」

「…………」


 別に杏子が悪いわけじゃないんだけど、俺の言葉を気にしてしまったのか、杏子は申し訳なさそうに顔を俯かせてしまった。


「そうなんだ……あの、もし良かったらだけど、私がレクチャーしてみよっか?」

「えっ? 仕事中なのにいいの?」

「うん。今は休憩時間だから大丈夫。杏子ちゃんさえ良ければだけど」


 この申し出は正直ありがたい。なぜなら雪村さんは、人に何かを教えるのが抜群に上手いからだ。俺もバイトで何度助けられた事か。


「どうかな? 杏子ちゃん」

「是非よろしくお願いします!」

「ごめんね、雪村さん。よろしく頼むよ」

「うん。任せておいて」


 はっきりとそう言ってくれる雪村さんは、実に頼もしかった。

 兄としては泳ぎもまともに教えてやれないのは情けなく、プライドにも響くが、それでも杏子が泳げるようになるなら、俺のちっぽけなプライドなどさして問題ではない。

 そこから俺は、雪村さんに手を引かれて泳ぎのレクチャーを受ける杏子の様子をしばらく見ていた。


「――休憩時間にありがとう。助かったよ、雪村さん」

「ありがとうございました」


 約三十分くらいのレクチャーを受けただけなのに、杏子は凄い勢いで上達し、なかなか様になった泳ぎを出来るようになった。今日この場所に雪村さんが居て本当に良かったと思える。


「ううん。役に立てて良かったよ。それじゃあ、私は少し休憩に行って来るね」

「うん、ありがとう。今度何かお礼をするから」

「本当? 期待してるね」


 二人で丁寧にお礼を言うと、雪村さんはにっこりと微笑んでから休憩所へと向かって行った。


「さてと、もう少し練習するか?」

「うん!」


 コツを掴んで段々と泳げるようになったのが嬉しかったのか、杏子は元気良く返事をしてから泳ぎの練習を再開した。こうしてプールから帰るまでに、杏子が二十メートルくらいまでを泳げるようになったのは、間違い無く雪村さんのおかげだ。

 そして杏子の特訓を終えた十五時過ぎ、俺はロビーで待ち合わせをしていた杏子と合流してから帰宅しようとしていた。


「二人共、今から帰り?」


 ロビーで合流した杏子と一緒に帰ろうとしたその時、ちょうどロビーを通りかかった雪村さんと遭遇した。


「うん。今日はありがとうね、おかげで助かったよ。妹もかなり泳げるようになったし」

「ありがとうございます。雪村さん」

「良かったね、杏子ちゃん」

「はい!」


 にこやかな笑顔を見せながら、杏子はペコリとお辞儀をする。泳ぐ為のコツを掴めた事が、よほど嬉しかったんだろう。


「ふふっ。この前の妹さんといい、鳴沢君には可愛らしい妹さんばかりだね」

「そうかな?」


 雪村さんとそんな他愛無い会話を交わす隣で、杏子が何やら不機嫌そうな表情になっている事に気付いた。俺はそんな杏子の様子が気になりながらも、短い時間だが雪村さんとの会話を楽しんだ。


「――杏子よお、何怒ってんだ?」


 雪村さんと別れ、プールをあとにした帰り道でも杏子の不機嫌そうな表情はずっと変わらず、口を尖らせたままで俺の後ろから黙ってついて来ていた。

 何で不機嫌そうにしているのかは分からないけど、泳ぐコツを掴んでご機嫌だった時とは随分と様子が違う。


「別に怒ってないもん」


 この手の発言を女の子がする時は、だいたい怒っている事が多い。いや、正確に言えば不機嫌なだけと言えるかもしれないけど、男から見ればそこに大した差は無い。


「俺が何かしたんか?」

「…………この前の妹さんって、誰?」


 杏子の言葉を聞く限り、それはさっき雪村さんと話していた内容の事を言っているんだろう。何でそんな事を聞きたいのかは分からないけど、とりあえず事態を収拾させる為にまひるちゃんの話をした。


「――へえ。まひろさんて妹さんが居たんだ」

「ああ。俺も最近知ったんだけどな」

「理由は分かったけど、お兄ちゃんの妹は私だけだもん……」

「何だそりゃ? そんなの当たり前だろ?」

「……うん! そうだよねっ! ねえ、お兄ちゃん。何か甘い物でも食べて行こうよ!」


 あまりにも当たり前の事を言う杏子にそう言うと、今までのむくれっ面から一変、溢れんばかりの笑顔になった。


「今から!?」

「だって、泳ぎ疲れちゃったんだもん。お兄ちゃんは泳げるように頑張った私に、ご褒美をあげる義務があると思うんだよね」


 いつから俺には杏子に対してそんな義務が課せられたのだろうか。杏子キングダムの法律はいつも突然出来上がり、突然改訂されるから恐ろしい。

 やれやれと思いながら溜息を吐くと、杏子は期待の眼差しでこちらをじっと見ていた。俺はそっとズボンの後ろポケットに手を伸ばし、手に取った財布の中身を開き見る。


「……安いやつにしろよ?」

「やったー!」


 我ながら妹への甘さを痛感しつつ、先程よりも大きな溜息を吐く。まあ、俺にとっては可愛い妹だから、これくらいはいいだろう。


 ――そういえば、杏子が頑張ったご褒美を俺が出してやるのはいいとして、俺が頑張った分はどうすればいいんだ? 試しに杏子に請求したらどうなるかな?


「お兄ちゃんとスイ~ツ~」


 まあ、こうして嬉しそうにしてるし、俺の分を請求するのは勘弁してやるとしよう。

 ところですっかり目的を見失っていたけど、結局、杏子は何で機嫌が悪かったんだろうか。どこに機嫌が悪くなる要素があったのか、俺にはさっぱり分からない。だが、既に機嫌が良くなっている以上、無駄にそれを追求する必要はないだろう。

 このあと、杏子の要求どおりにスイーツを出すお店へと立ち寄ったのだが、そこで杏子がスイーツを食べまくった為、俺の財布は超氷河期を迎える事になってしまった。


 ――ちくしょう……やっぱり杏子にご褒美の請求をしよっかな。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます