133

 マンションの十五階。部屋の鍵を開けると、ナイトは目を見開いた。


『すげぇな。車といい、マンションといい、風月桜といい、随分羽振りがいいんだな。流石、王子だ。王国の金や宝石を日本で売り捌いたのか』


「そんなことしないよ。異世ファンや俳優で稼いだ金だ」


『どーなんだか。ナギに金が湧く魔術でも教わったか?』


「……ちょ、ちょっと待って。矢吹君とかめなしさん会話してるよね!?どーして会話出来るの!?まさか、矢吹君にもかめなしさんが人みたいに見えるとか?そーなのね!」


「……まぁ、そんなとこかな」


「嘘!?私の他にかめなしさんが人に見える人はいなかったわ。両親だってそうよ。もしかして猫耳も見えてる?」


「……一応、見えているけど」


「凄い!凄い!私ね、自分だけが変なんだと思ってた。でも……王子とか、魔術とか、それって新作映画の話?」


 ナイトが俺をチラッと見る。


『なんだ。まだ話していなかったのか』


「お前が先走ってペラペラ話すからややこしくなっただろ」


 優香は目を丸くし、俺達の話に聞き入っている。


「そういえば、異世界ファンタジーのナイトは……まだ来ないの?」


「ナイトなら目の前にいるよ。優香、一緒に暮らしていて今まで気付かなかったのか?」


 ナイトが優香の目の前で、ニカッと笑った。


「う、うそっ!?かめなしさんが異世界ファンタジーのNAITO!?どーして猫なのよ!?」


『タカ、どう説明すんだよ』


「優香、実は俺達……地球人じゃないんだ。勿論、ナイトも本当は猫なんかじゃない。魔術師に猫にされたんだ。俺は人族だが、ナイトは獣族、生まれつき獣耳と尻尾がある。異世界から転移したんだよ」


「……い、異世界から……。ふぁ……」


 優香の視線は宙を彷徨い、そのまま気を失った。


 それはそうだ。

 魔術師とか、獣族とか、俺達が異世界から転移したなんて、そんな非現実的な話、誰だって信じられないよ。


 現実逃避し、気絶したくもなるな。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます