第5話 日本語化

 書く文書、ではなくエディタ自体(メニューや設定画面)の日本語化です。

最悪、日本語化しなくても日本語での書き物は可能なので、何とでもなります。




『Atom』



 パッケージの追加で日本語化できます。

たまに環境設定画面が日本語化されないことがあります。その際は一度エディタを閉じてもう一度立ち上げてくださいませ。でも気にしないのが一番です!そんな使わないですし(笑)

 また、スペルチェックを無効にしないと真っ赤になります。



 パッケージ

 ・japanese-menu


 設定変更

 ・環境設定(ctrl + ,(カンマ)) ⇒ パッケージ

   インストール済みのパッケージで『spell-check』を検索、もしくはずっと下の方まで探して、『spell-check』の『無効にする(Disable)』ボタンをクリック (スペルチェックを無効にする)

 

 キーボード操作(ショートカットキー)

 ・なし




『Brackets』



 最初から日本語化されているので、ありがたいです。

日本語化ではないですが、昔は文字コードがUTF-8のみだったそうです。

しかし現在のVersion 1.11では初期状態からいろいろな文字コードが使用できます。

なので拡張機能で文字コードを追加するとバグるようです。追加しないでください。



 拡張機能(エクステンション)

 ・必要なし


 設定変更

 ・必要なし


 キーボード操作(ショートカットキー)

 ・なし

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます