第79話 魔女

 ノックもせずに扉を開く。


 テーブルを囲んで人が座っている。

 会議中だったようだ。


 元はイザベルの執務室だった壁には世界地図がある。正確さを何より求めらるそれは、世界を描いた絵画というのが相応しい。


 不正確さは、世界を知らぬ俺でも一目瞭然だ。


 南部は大きく壮大に、それ以外は、何処か歪……特に西部のニーベルン城であろう城より先の山脈を、越えた所の西側は、森と雲ばかりで何もない酷い有様だった。


 その地図を背に、イザベルとレティーシアは椅子に腰掛け、俺を見る。


 突然の訪問者に部屋は静寂に包まれた。


 息を大きく吸い込み、ゆっくりとあたりを見渡す。

 ジークにエド、髭のカラム、そして伯爵もいる。

 その他に、見知らぬ顔がいくつかあるが、それも都合が良いだろう。


 すくにでも、王都に行って、帝国をぶっ飛ばしても良かったが……。


 それじゃ、あんまりだろ?

 なんか、かっこ悪いじゃん。


「話があるから聞いて頂戴!」

 ドーンと登場、ドーンだ!


「ちょうど良かったわ、私たちもソフィアさんに話があるのよ」

 イザベルが口を開く、隣のレティーシアはうつむき加減で目が合わない。

 彼女とは、最近、口を聞いていない、いつも、忙しそうだ。


 だから……。


「昼間のことは気にするな、すまなかった」

 席を外し、エドが近づいてくる。

 あら、いたのね。


「昼間のことは、忘れて頂戴」

 あれは、忘れろ、エドワード。

 だって、恥ずかしいーし……。

 パンツ脱ごうとする姿なんて、ダメじゃん。


「いや、私がついてさえいれば……」

 ん? そっちか……、まぁ、いーや、お前のせいにしておこう。


「そーよ、バーカ」

 彼の尻でも蹴とばそうかと距離を詰める。


 それを邪魔する、騒がしい気配!


 チビはブルンブルンと尾を振って大歓迎モードに突入しそうだ。

 精神年齢は一緒だからな……。


「師匠〜っ!」

「師匠〜っ!」

 パタパタ、ドタドタと息ぴったりの少年、少女の懐かしい声が俺にまとわりついてきた。


 誰だっけ、お前ら?


「師匠、もしかして」

 おさげを揺らし、少女が可愛らしい小さな口を尖らせる。


「忘れちゃった?」

 少年が、キュッと俺の腰に抱きつき、


「私達のこと」

 少女が続いて腕に巻きつき、あどけない身体を主張した。クララ、お前、完敗だぜ……、小学生に……。


 あと、お前ら、セリフのリズム、ぐちゃぐちゃだ!

 でも、それだけ、ショックだったということか……。


 可愛そうに思い。

「アンアンね」

 と告げてあげるが、


「私の名前は?」

「僕の名前は?」

 止せば良いのに、二人はしつこく聞いてくる。


 知るか! ボケ! 面倒くさい!

 と言うときっと泣くので、エドワードに片目をつむって合図を飛ばす。


 それでも、彼は、勘が悪いのか、馬鹿なのか、エドワードだからなのか、察してくれない。


 ほれ、エド、言ってやれ、言ってやれ!


 もう一度、片目をパチクリすると、

 自分の不甲斐なさにか、はたまた、俺の物忘れの激しさにか、顔を赤くし横を向く。


 もうぉ、短気は損気だぞっ!


 それでも、止まぬアンアン達の、キラキラの純真無垢さが、俺にはイタイ。


 ごめんねっ! と頭を叩いて、テヘペロをする前に見知らぬ女性の声が俺を助けてくれた。


「もうっ、アンナ、アントニー、席に着きなさい」

 初対面の女性と目が合う、彼女は、おっとりした微笑を湛え、頭を下げた。


「魔女さまーー」

 二人は声を揃えて彼女の元へと戻っていく。


 相変わらず騒がしい奴らだ……。


 席についても、興奮が収まらないおさげの女の子、アンナは、上半身を前後に揺らし、シュッ、シュッと口ずさみながらパンチを繰り出すのにご執心だ。


 その度に、となりの、魔女さまーー、におさげがペシペシと当たる。


「あらあら、ソフィアさんには、弟子が、大変お世話になったようで、感謝してますわ」

 彼女は、そう言うとゴツンとアンナの頭をを叩いた。

 アンナは、テーブルに顔面をぶつけ、動かなくなった。

 きっと気を失ったのだろう。


 自業自得、

 落ち着きが無いからだぞっ!


 さぁ、茶番はここまでだ!


「ねぇ、私の話を聞いて頂戴!」

 俺の決意を聞け!


「私が先よ!」

 イザベルだ。


「あらあら、私の話の方が先っ!」

 魔女さまーー、が割って入る。


 くそ!

 こいつら!


 自己主張の塊じゃねぇか!

「私の話が一番なのよ!!」

 くそっ、俺に譲れ!!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます