時間検問官

寝坊丸

第1話

これで何人目だろうか。













人の記憶を消したのは。














日々絶え間なくやってくる、《戻り人。》


誰もがその切なる想いを胸にして、この時空の狭間に押し寄せて来る。








何回聴いただろうか。










その時に戻らんとする熱い想いを。


魂の叫びを。






切実な、そして切迫した表情を浮かべ懇願する者たちに対し、


僕はどこか淡々として告げるのだ。














『規則ですから。』












  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます