第8話 カミノインボウ

 あるところで何者かが協議をしていた。彼ら自身は特に呼び名は無いが、人間は“カミ”と呼んでいた。

「最近の人間どもの勝手さには愛想が尽きた」

「全くだ。我々は古代の頃から人間を支えてきた。それなのに人間どもはろくに感謝していない」

「ああ、中でもあの侮辱的な扱いは許せん」

「くっ、あれは本当に耐え難い」

 口々に人間に対する不満が上がる中、1つの声が上がった。

「そこでだ。我々は人間に対して抗議の撤退を起こすことにした」

「「何?」」

「仲間と連絡を取ってあの場所から全て我々が撤退することにした。まずはこの会議を開いている日本からだ」

 大胆な提案に周りはどよめいた。

「時刻は明日の正午に決行する」

「これは人間どもにダメージを与えられるな」

「思い上がった人間どもめ、思い知るがよい。クックック」

 かくして彼らの陰謀は実行された。


「あちゃー、トイレットペーパー無い。ならばウォッシュレット使って乾燥するか」

……日本ではカミが無くても問題は無かった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます