90年代ライトノベル不完全ガイド

祭谷 一斗

神坂一『日帰りクエスト』を読む(1)

   前置き


「初回が神坂一先生なのは分かるけど、『スレイヤーズ!』じゃないの?」


 そう思ったあなたは正しい。なので、本稿のラインナップ選定は個人的な好みである、とあらかじめ述べておこう。2010年代も終わりに差し掛かった今、かつてリアルタイムで愛読した作品を、なるべく歴史&技術的に覗けるよう記すつもりでいる。余力その他があれば、作者の他の作品についても取り上げるかも知れない。



   第一回目次(予定)


1 周辺事情&年表 ※本稿です。

2 『日帰りクエスト』1巻1pを技術的に読む

3 『日帰りクエスト』シリーズ全体を一ファンとして読む

4 次回予告 



   1


 まずは『日帰りクエスト』刊行当時の事情から入ろう。今となっては分かりづらいが、90年代著者の作品的には次点、一時期は『ロスト・ユニバース』より知られているほどだった。「神坂一なら『スレイヤーズ!』、次に『日帰りクエスト』」と言う時代が確かにあったのである。


 無論これは、筆者の周囲だけの話かも知れない。そう思い関連年表を作成した所、あっさり裏付けがとれた(資料として末尾掲載)。コミカライズなどの時期が違っており、95年から97年までは『日帰りクエスト』関連の出版が一方的だったのだ。


 話は単行本だけに留まらない。漫画雑誌『月刊ASUKAファンタジーDX』、後に『ふぁんデラ』連載当時の『日帰りクエスト』は、たびたび表紙を飾ってもいる(96年8月号、97年6月号など。表紙での告知も比較的大きい)。『日帰りクエスト』は2番目の知名度であった、そう言っていいだろう。


 90年代半ば。『スレイヤーズ!』があまりにヒットし多忙なせいか、はたまた売り上げか。ともあれ『ロスト・ユニバース』は年単位で刊行間隔が空いており、あるいは打ち切りなのかとも囁かれていた。それが間違いだったと分かるのは98年、続刊と新装版刊行、TVアニメ放映があってのことだ。


 冒頭で私は、


「神坂一なら『スレイヤーズ!』、次に『日帰りクエスト』」と言う時代が確かにあった。


 と述べた。それはもちろん、今大半の人にとってそうでは無いからだ。


 現在。知名度差が再度返る兆しは、今のところ無い。どちらかと言えば『日帰りクエスト』は、「神坂一ファンなら知る人ぞ知る、現在大流行中の異世界ものの先駆的作品」として今に至っている。((2)に続く)




   付録:『ロスト・ユニバース』&『日帰りクエスト』資料年表


★=『ロスト~』関連 ○=『日帰り~』関連。 †=漫画。 ◆=TVアニメ。

 小説・漫画の単行本とTVアニメ以外は省略した。刊行年は奥付による。


92年12月 ★ 『ロスト・ユニバース』 1巻

93年 3月 ○ 『日帰りクエスト』 1巻

    8月 ★ 『ロスト・ユニバース』2巻

    9月 ○ 『日帰りクエスト』 2巻

94年 4月 ○ 『日帰りクエスト』 3巻

    5月 ★ 『ロスト・ユニバース』3巻

95年 3月 ○†『日帰りクエスト』漫画版 1巻

    4月 ○ 『日帰りクエスト』 4巻(完結)

    7月 ○†『日帰りクエスト』漫画版 2巻

   11月 ○†『日帰りクエスト』漫画版 3巻

96年 6月 ○†『日帰りクエスト』漫画版 4巻

    8月 ○†『日帰りクエスト すぺしゃる』漫画版 1巻(番外編)

97年 1月 ○†『日帰りクエスト』漫画版 5巻

    7月 ○†『日帰りクエスト』漫画版 6巻

   10月 ○†『日帰りクエスト すぺしゃる』漫画版 2巻(番外編、完結)

98年 2月 ○†『日帰りクエスト』漫画版 7巻(完結)

    4月 ★ 『ロスト・ユニバース』4巻

    4月 ★†『ロスト・ユニバース』漫画版 1巻

    4月 ★◆『ロスト・ユニバース』TVアニメ版

         『ロスト・ユニバース』新装版刊行開始

99年 2月 ★†『ロスト・ユニバース』漫画版 2巻

    4月 ★ 『ロスト・ユニバース』5巻(完結)

   12月 ★†『ロスト・ユニバース』漫画版 3巻(完結)

02年11月 ★†『ロスト・ユニバース すぺしゃる』漫画版(番外編)

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます