第百二話 王女の恋心

 翌日、午前中に書類と格闘し、午後からはサティ達の所へ行く予定だった俺は、大魔王城三階の廊下を歩いていた。


 サティやアルタイ師匠、そしてゼロノのおかげで、奴隷の首輪を外す術式は日々進歩しており、今では普通の魔術師でもかんたんに解除できる程になっていた。

 術式は量産され、全国民を奴隷にされた北の十二か国へも送られている。


 更に残された転移ゲートや馬車型改造人間の解析も進んでいた。

 なんとしても彼らを人に、せめて人型の改造人間に戻したかった。


 ふと廊下の窓から外を見ると、大魔王城の前庭にアムリータ王女を見つけた。

 彼女は停められている馬車から、なにやら大きな木箱を取り出した。

 そのまま抱えて、小柄な王女はよたよたと歩き出す。


 おいおい、王女様なのに力仕事か?

 アムリータ王女は、普段からドレスを着て綺麗にしている事が多い。

 今も赤いドレスで着飾っており、足元はヒールの高い靴を履いている筈だ。


 さすがは王女様と言うべきなのだろうが、作業にはまるで向いていない。

 動きにくいだけでなく、高価そうな服が傷むだろうに……。

 騎士と侍女はどうしたんだ?

 

 あああ、ふらついて今にも転び……転んだよ。

 大丈夫か?

 だが、王女は一瞬も怯まずにすぐ立ち上がり、落とした木箱を持ち上げようとする。


 相変わらずの不屈さだ。


 彼女はシャムティアの王宮で、そして敵の改造人間を相手にしても、決して折れずに戦いぬいてきたのだ。

 あの強さは素直に尊敬できる。

 

 アムリータ王女が渾身の力を込めると、木箱はなんとか持ち上がった。

 だが反動でふらついてまた転んでしまう。

 あ、足を痛めたみたいだ。


 いかん、なにをのんびり見物していたんだ、俺は走って彼女の元へと向かった。



 ◇



「無理をしない方が良い、アムリータ王女!」


 俺が前庭についた時、王女は痛めた足のまま木箱を持ち上げようとしていた。

 いくらなんでも無茶だ。


「大魔王陛下!」


 俺に気が付いたアムリータ王女が木箱から手を離して、慌てて身なりを整える。


「あ痛っ!」


 痛めた方の足に体重をかけてしまったようで、彼女は痛みで声を発していた。

 ともかく怪我を見せてもらおう。


「アムリータ王女、その木箱に座って左足を見せてくれ」

「え! でも、あの……はい……うっ」


 アムリータ王女は少し逡巡したが、結局素直に従って木箱に座り左足をそっと差し出した。

 木箱を覆い広がったスカートから、赤いヒールを履いた可愛らしい足が出ていた。

 似合っているとは言いがたいハイヒールをそっと脱がし、絹かなにかで出来た高そうなソックスに注意深く触ると、くるぶしの辺りが腫れている。


「……っ」

「あ、ごめん、痛かったよな」

「い、いえ、平気ですわ」


 アムリータ王女は頑張って笑顔を作る。

 これでは木箱を持つどころか、普通に歩くのも苦痛だろう。


「魔法治療師の所へ行こう」

「いえ、あっ!」


 よし、お姫様をお姫様抱っこだ。

 俺が王女を抱き上げると、高価そうな香水の匂いがした。

 これもまるで似合っていない。


 魔法治療師達はふつうの魔術師と一緒に、連日ホールで奴隷の首輪を外している。

 ここから一番近いホールへ向かうとしよう。


 竜形態で瞬間移動する手もあったが、王女の前で裸になるのもためらわれる。

 一刻を争うような事態でもないし、いくつか聞いてみたい事もある。

 このまま歩いて進もう。


「こんな、陛下のお手をわずらわせては……」

「まったく煩わしくないし、俺は君の婚約者なんだから堂々と頼ってくれて良いと思うよ」

「はふっ」


 俺の言葉にアムリータ王女は頬を真っ赤に染める。


「でも、なぜ自分一人で荷物を運ぼうとしていたんだ?

 君の騎士や侍女はどうしたんだい?」


 王女様なのに。


「それぞれ、お城の仕事をお手伝いさせて頂いておりますの」


 家来には城の事を優先させて、自分はひとりで頑張ってくれていたのか。


 確かに大魔王国は、どこも慢性的に人手不足だ。

 しかし、この子の騎士はそれでいいのか?

 この城の中なら安全だとは思うけど、ナルスト士爵が居たら止めただろうな。


「ありがとう、でも、せめてもう少し動きやすい服装に着替えた方が良いとおもうよ。

 フェンミィか誰かに言えば、貸してもらえる筈だ」


「あ、いえ、ドレス以外の服も持っておりますわ、動きやすい服装も……」


 ん? ならなんで着替えないんだ? 一人で着替えが出来ないとか?

 

「けれど、その、わたくしは貧相でみすぼらしい身体をしておりますので、せめて着飾らねば大魔王陛下に失望されてしまいます……」


 アムリータ王女は消え入りそうな声でそう言った。


「え?」


「分かっておりますの。

 陛下のお気持ちが、わたくしにはまるで向いていない事くらい。

 なにもかもが、フェンミィ様には遠く及びませんもの。

 ですから、せめて……」


 あ、駄目だ。

 これは駄目だ。


 三人と結婚する事を決めたのだ。

 ならば、フェンミィばかりを思ってはいけない。

 他の二人も大切ならば、同じくらい愛さないと駄目なんだ。

 これは義務で、たぶんフェンミィもそれを望むだろう。


「ごめん、アムリータ王女。俺が悪かった。

 大丈夫だ、そんなに頑張らなくても君は十分に魅力的だ」

 

 嘘ではなかった。


 王女の顔立ちはとても可愛らしく、小さく華奢で軽いこの身体も、あと数年で丸みを帯びて女性らしい魅力を発揮する事だろう。

 その聡明で不屈な精神も尊敬できる。


 そして何よりも、これ程まで真っ直ぐな愛情を向けられて、嬉しくない男が居るだろうか?


「わ……わたくしが……魅力……的?」


 どうもこの子は、自分に強いコンプレックスを抱いている節がある。

 無理もない事だろう。


 悲惨な過去に大きく心を傷つけられ、それでも必死で戦った勇敢なこの子を、誰もが否定し続けたのだ。


 あ、そう考えると、なんかちょっと腹が立つな。

 よし、これからは俺がたくさん肯定してやろう。

 誉めまくりだ。


「ああそうだ、君はとても可愛い顔をしている、魅力的だ」

「ひゃうっ?」


 王女という立場なのに、容姿を誉められ慣れていないのだろうか? こんな美少女なのに……。

 俺の腕の中でアムリータ王女が驚いた顔で硬直する。

 耳まで真っ赤だ。


「君の凛とした声と、発せられる優しい思いやりに満ちた言葉が好きだ」

「はぁう、そんな……わたくしなんか……」


 王女が両手を、顔の前で否定するように振る。


「……なんか、じゃないよ。君の容姿はとても素敵だ。

 体つきだってすぐに女性らしくなるよ、焦る必要はないんだ」

「うう……は、恥ずかしいですわ」


 彼女は両手で顔を覆ってしまった。

 だが俺は容赦しない、これからが本番なのだ。


「この残酷な世界へ、負けずに挑み続けた君の在り方は素晴らしいと思う。

 共感するし尊敬する。そして、とても愛おしいと思う」

「ひうっ、も……もうお許しくださいませ……」


 アムリータ王女は、俺の腕の中で身を縮ませて震える。

 よし、とどめだ。


 彼女の耳に口を近づけて、声を落としてささやくように言ってやる。


「大丈夫、ありのままの君はとても美しく魅力的だ。

 慌てなくて良い、焦らなくて良い、俺はちゃんと君を好きになる。心配いらないよ」

「ひっ」


 アムリータ王女がピクンと小さく震えた。


 そして、顔を覆う指に隙間が空き、俺の目を見つめた。

 まるで恐る恐る、その真贋を確かめる様に。

 俺の言葉はすべて本音だ。自信を持って彼女の瞳を見つめ返す。


「う……うう、嬉しいですわ陛下、すんっ、わたくし、ただ あなたを……あなただけを、お、お慕い申し上げております……わ、ぐすっ、ぐすっ、うううぇぇぇ」


 アムリータ王女が泣き出したので、俺は歩む速度をおとす。

 ホールに着くのはゆっくりでも良いだろう。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます