プロローグ

 警視庁110番受理台に赤ランプが灯った。「人が倒れてる。助けて、助けて!」という悲鳴が入る。受理台の係官は即座に通話を作戦指揮台に流し、ゆっくりした声で「落ち着いてください」と応え、「事故ですか、事件ですか?」と言った。

「とにかく人が倒れてるんです。早く来て!」

「男の人ですか、女の人ですか?」

「男の人です。死んでるみたいです」

「男性の死体ですね。あなたが現在いる場所に何か目印はあるでしょうか?」

「池袋の西口の広場から少し入ったところなんですか・・・」

 同じフロアの作戦指揮台では、係官が眩しく輝く都内全図の道路網を仰いだ。現場は、豊島区西池袋一丁目の路上。所轄は池袋南署になる。

「警視庁から池袋南。110番受理中。重要案件の模様」

「池袋南署です、どうぞ」

「豊島区西池袋一丁目の路上に、男性の変死体がある模様。関係各部署は至急、確認を願いたい。警視庁から池袋南署。警視庁から二機捜本部」

「池袋南四号了解。現場に向かいます、どうぞ」

「二機捜本部了解」

「池袋南署。指揮台どうぞ。池袋駅西口交番より一名、現場へ向かいました」

 津田昂生は交番から外へ出て、ちょっと闇を仰いだ。じっとりしたボタン雪が乱舞のように振り続いている。今冬一番の低気圧のせいだった。無線のイヤホンを耳に装着し、奥の部屋で仮眠を取っている同僚に「ちょっと行ってきます」と震えた声を出した。

 警視庁の通信指令センターに通報が入ったのは、1月18日午前2時57分。西池袋一丁目の路上、正確には東京芸術劇場のそばに、男性の変死体が倒れているので確認してほしいという要請が、池袋駅西口交番に回ってきた。そのとき交番にいた2人の警官の内、1人は仮眠中だったので、新人の津田が出ていくことになった。

 足元に気をつけながら、津田は現場まで駆け出した。冬の平日の深夜ということもあり、人通りはほとんどなかった。

 現場の近くに到着すると、不意に緊張感が膨れ上がった。心臓の鼓動が耳のそばで聞こえ始める。

 ベージュ色のコートを着たサラリーマン風の若い男が、劇場の西側にある小さな階段のそばに青い顔をして立っていた。津田の顔を見るなり、「あそこ、あそこ・・・」と消え入るような声で、暗がりを指さす。

 津田は懐中電灯の光を暗がりに向けた。

 丸い光の中に、黒いコート姿の男が階段の上に仰向けで倒れている。真っ赤に染まった顔面はところどころ裂けた肉がのぞき、まるで肉の塊のようにしか見えなかった。すでに光を失った黒い双眸が自分を睨んでいるようで、津田は遺体から顔をそむけた。

 喉元にこみ上げてくる胃液をどうにか抑え、津田は現場と遺体を可能な限り丁寧に見回した。状況を整理すると、津田は無線に口を当てた。

「警視庁どうぞ・・・死体は男性。仰向け状態で倒れております。死亡してから時間が経過しているようです。年齢は40歳から50歳くらい。黒いコートを着ています。以上」

「警視庁了解。死体に外傷はあるか、どうぞ」

「頭部、顔面ともに創傷多数・・・鼻が、鼻がありません。どうぞ」

「警視庁了解。捜査専務が到着するまで、第一発見者の確保と現状保存に留意願います。どうぞ」

 無線が切れると同時に、機動捜査隊の覆面車が現場に到着した。私服を来た三名の捜査員が覆面車から降りてくる。津田はふっと何かが切れるのを感じた。慌てて近くの植え込みに近寄ると、津田は吐き出した。胃が飛び出してくるような勢いだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます