神様のパスワード

作者 かぎろ

37

13人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

特別な物語は何も起こっていない、ただゴミ箱へゴミを投げ入れるという行動のみを描いた小説です。
しかし、その行動の裏に作者の思考がどんどん広がって行き、そこにひとつの宇宙が生み出されます。
何気ないその行動が、もしかすると世界を動かすかもしれない。
爽快な読後感の、小気味いい短編小説でした。

★★★ Excellent!!!

非常に哲学的な、思わず立ち止まって考えさせられる短編でした。

無って怖いですよね。何も無いとか言われると、僕も不安になります。でも僕も「何も無いなあ」って気分になってる時もあるし、いや「気分になってる」ってことは無はないってこと……?

登場人物の最後のサラッとした一言で、全て救われた気分です。無いことを無闇に考える必要も無いのかな。気楽に行こうと思えました。

★★★ Excellent!!!

小説(もしくは創作全般)というのは作者の持つイメージの結晶です。作者が大切に育ててきたキラキラした結晶を気軽に楽しめる読者という存在は神様みたいなものかもしれません。
イメージが読者に影響を与えた時、ほんの少し何かが変わるのかも知れないなぁ。という様な事を読んでいて思いました。

この小説は『ホッとするイメージ』があふれていてとても楽しかったです。読む前と読んだ後で、ほんのわずかだけど何かが変わったんじゃないか。そんな気持ちになります。

おすすめです。