第3話 一撃必殺!

「おや、コロ……、お出かけかい?」

「……、……」

「ちょっと待っててね。今、いつものやつをあげるから」

「ニャア……」

定食屋のおばさんは、めざとく俺をみつけてくれた。


 いつものやつ……、ってことは、ハムのことだろう。


 この世界に来て、色々と戸惑うことも多かったが、最初からとても嬉しいこともあった。

 それが、食べ物の美味さだったりする。


 どういうわけか、何を食べても美味いのだ。

 エイミアが出してくれるミルクは濃厚で、今まで飲んだことがないようなコクと甘さがあったし、そのミルクに浸されただけのパンからは、上等なバターの香りがする。

 定食屋のハムもそうだ。

 何の肉を使っているのか分からないが、噛む度に味が染み出てきて、飲み込むまでずっと肉の味が消えないのだ。


「はい、お待ちどうさま」

おばさんは、白い陶器の皿にハムをのせ、俺の鼻先に置いてくれた。

 皿は、端の方が少し欠けている。

 いつもこの皿で出してくれるので、おばさん的には、俺専用のつもりなのかもしれない。


「もうすぐ日が暮れるから、遠くに行くんじゃないよ」

ハムを食べ終わり、背を向けて歩き出す俺に、おばさんはいつものように声をかけた。


 ……って、猫はこれから動き出す時間なんだがなあ。

 まあ、でも、いつも気に掛けてくれるおばさんが、俺は好きだ。





 俺は、いつもの散歩コースを辿る。

 と、言っても、村内の繁華なところをぶらぶらするだけなんだが……。


 村には、店らしい店は、数えるほどしかない。

 靴屋と仕立屋、それに、おばさんの定食屋とエイミアの薬屋だけだ。

 だから、繁華と言っても、常に人がわさわさといるわけではない。


 ただ、その店が集まっている一角の隣には広場があり、朝から昼にかけては露店が並ぶ。

 つまり、朝市のようなものが毎日開催されるのだ。


 露店は、農家が採れたものを並べ、猟師が仕留めた獲物を売りに来る。

 それらが村の近隣から集まるので、小さな村の朝市にしては、なかなか活気に溢れていると言えた。


 俺の散歩コースは、店が並ぶ一角を通り過ぎ、広場を一周してくるだけだ。


 昼を過ぎると、広場にはほとんど人がいなくなる。

 だから、俺はいつも気ままに散歩コースを闊歩するのだった。


 そんな閑散とした広場に、ポツンと一軒だけ、まだ露店が残っている。

 その露店は、毎日、決まって夕方まで残っていたりする。

 簡易な机を出しているだけで、特に品を並べているわけでもない露店に、女主が一人、椅子に座っているのであった。


 女主は、エイミアやアイラと同年配……。

 俺が看た感じでは、女子高生くらいの年頃で、昼過ぎには決まって目を瞑って座っている。

 これが、先ほどアイラが言っていた、占い師のヘレンだ。


 そして、ヘレンの露店が、俺の散歩コースの終着点でもあった。





「ヘレン!」

「……、……」

「ヘレン! おいっ!」

「……、……」

「おいっ! 聞いているのか?」

「……、う、うるさいなあ」

俺より一足先に着いたアイラが、しきりと怒鳴り立てる。

 しかし、ヘレンは意に介さず、目を瞑ったままだ。


「さっきから何度も聞いているだろう? 何故、あんなゴロツキが言いがかりをつけてくるんだ?」

「……、……」

「おかしいじゃねーか。こんな片田舎の占い師に、難癖をつけるなんて」

「……、……」

「それに、あいつ、徴兵されてないのか? 戦争のまっただ中なのに……」

「お客様のことを話すことは出来ないわ」

「それは分かってる。だが、だからお前は殴られかけたんだろう?」

「……、……」

アイラは、イライラした声で、ヘレンに詰め寄る。


「アイラ……、私のことは放っておいて。それに、昼過ぎは瞑想の時間だって知っているでしょう?」

「放っておけって言ったって、今は王国の警備兵もいないし、何があったって誰も助けてくれないんだぞ」

「そんなことは分かっているわよ。でもね、私に災難が降りかかると言う占いの結果は出ていないわ。だから、大丈夫よ」

「う、占いってお前……」

「私の占いは外れないわ。それより、ちゃんと瞑想をしないと、明日の占いに差し支えるのよ。だから、帰ってちょうだい」

「ヘレン……」

勢いよくがなり立てるアイラを、ヘレンは冷静に拒絶した。

 アイラは、なおも何か言いたげだが、ヘレンのとりつく島もない態度に、次の言葉が出てこない。


「お取り込み中悪いが、占い師ヘレン、私に同行してもらおうか」

声の方を見ると、腰に剣を帯びた、頑強そうな中年の男が立っていた。


「バロール様の使いの方ですか? でしたら、先ほども同行はお断りしましたが……」

「バロール様は、お前の占いにいたくご立腹なのだ。だから、生意気な占い師を必ず連れて来いと仰せだ」

「私の占いは外れません。だから、いい加減なことを言っているわけでもありません。それに、バロール様が私をお疑いなら、気にしなければいいだけのことです」

「噂通り、気の強い女だな。だが、俺が来たからにはそうはいかん。必ず同行してもらう」

中年の男は、そう言って歩み寄ると、まだ目を瞑っているヘレンの二の腕を掴もうとした。


「嫌だって言ってるだろう?」

男の手を、アイラが払う。


「お前か? さっき、ウチの若いのを痛めつけたのは」

「そうだよ。さっきもヘレンは嫌がっていたからな」

「女だてらに凄い腕らしいじゃないか」

「フン……。徴兵を逃れて飲んだくれてる、バロール一味が弱いだけだろ」

「言ったな? じゃあ、この俺、バロール一家随一の腕を持つ、傭兵ブランが相手をしてやる」

「傭兵か……。少しは修羅場をくぐり抜けてきているようだね。いいよ……、相手をしてやる。性根を据えてかかって来いっ!」

言い終わりざま、アイラとブランはお互いに飛び退き、距離をとる。


 ブランは腰の剣に手を当てると、スラリと鞘から抜き取り、両手で構えた。


 アイラは、髪の毛をまとめていた額当てを外すと、右手に括り付ける。

 そして、両腕をだらりと下げたまま、リズムをとるようにステップを踏み始めた。


「お前……、得物はいらんのか?」

「傭兵ごときに武器を使わなきゃいけないほど、やわな鍛え方はしてないからな」

「口の減らん女だ」

「……、……」

「そうか、そのままでいいのだな? では、遠慮なく行くぞ……。ハアっ!」

気合い一閃、ブランは剣を突いた。

 は、速い……。


 しかし、アイラは首をわずかに傾げただけで、それを避けた。

 アイラの茶色い髪の毛が剣に触れ、パラパラと地に落ちる……。


 俺には、ブランの凄まじい突きをアイラが辛うじて避けたように見えたが、余裕があるのか、アイラは笑みさえ浮かべている。

 ブランは避けられたのが意外だったのか、ちょっと面食らったような顔をした。


「むっ……、やるな。俺の突きをかわすとは」

「フフっ……、あんたもね。思っていたよりはやるね。だけど、今度はこっちから行かせてもらうよ」

そう言うと、アイラはステップを止め、無造作にブランに近寄った。

 剣の切っ先が、アイラの目前に迫る。


「サアっ!」

アイラは、発声と共に身を屈め、身体を一回転すると、蹴りを繰り出した。

 蹴りは見事に脛を捉え、ブランの身体ごと刈り倒す。


「うっ……」

アイラが急に視界から消え、意表を突かれたのか、ブランはものの見事に倒れ、地面に這いつくばる。

 ただ、修羅場をくぐり抜けてきた傭兵は、次の攻撃に備えるために顔を上げ、アイラの姿を目で捉えようとした。

 その瞬間……。


「バシュっ!」

上げた顔に、アイラの右手甲がヒットした。

 アイラは、脛を刈った勢いのままもう一回転し、裏拳をブランの顎に叩き付けたのだ。


「ぐっ……」

呻きとも呟きとも分からないような声を出し、屈強な傭兵は頭から地面に突っ伏した。


 たった一撃……。

 アイラの恐るべき裏拳で、勝負は決まったのだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!