まりんこ!~立ち塞がる敵はすべて倒す! 不屈の悪役令嬢は異世界を海兵隊と駆け抜ける~

草薙刃

第1章~お嬢様、海兵隊員になるってよ!~

第1話ブートキャンプへようこそ!



「There is my recruit. I will train her to the best of my ability. I will develop her into smartly disciplined, physically fit, basically trained Marine, thoroughly indoctrinated in love of Corps and country. I will demand of her, and demonstrate by my own example, the highest standards of personal conduct, morality, and professional skill !!」


(これなるは我が新兵なり。我は我の能力の及ぶ限り、彼女を鍛える。我は基礎的に訓練され、軍団と祖国への愛を徹底的に叩き込まれた海兵員に彼女を成長させる。我自身が規範となり、彼女に最高水準の個人的品行、道徳、そしてプロとしての技術を示すだろう!)



 放たれる謎の呪文ともに、目の前に立つ人間の衣服が光を放ちながら魔力によって別のものへ再構成されていく。


 そうして現れたのは、茶色のキャンペーンハットを被り、グリーンシェード色の制服に身を包んだ姿。

 まるで地面に深々と打ち込まれた杭であるかのように直立不動で立ち、少女を正面から見据えている。


 それは少女が今まで生きてきた中で見たこともない類の恰好ではあったが、その身から放たれる圧倒的なオーラというかプレッシャーだけは理解できた。


 魔力といった力の放射ではなく、あくまでも視線を浴びせられているだけのはずなのに――――。


 夏の炎天下にいるにもかかわらず、少女の背筋がぞくりと寒気で震えた。


「傾注!! ……さて、お嬢様! たった今この時より、貴様はこの地上で最下等の生物に格下げとなる! これからが貴様をひとりではなにもできない無様な公爵家令嬢おじょうさまから、敵として立ちはだかる者たちを無慈悲に薙ぎ払えるクソッタレのファッキン殺戮兵器キリングマシーンに変えてやる! 俺を呼ぶ時は“教官殿ドリルインストラクター”と呼べ。また、口からクソを垂れる最初と最後に“サー”をつけろ!」


 聞くに堪えない罵声の嵐。

 それを放っているのは、ひとりの少年と青年の狭間にいると言っても差し支えのない人間であった。


 細身の長身に、色の薄い銀色の髪と線の細い鼻梁が描くかおは美少年と呼ぶにふさわしく、双眸に嵌る冬の湖を思わせるコバルトブルーの瞳もまた美しいアクセントとなっている。

 誰が見ても高貴なる血統貴族に身を連ねると確信することができるだろう。


 だが、今の彼はそれらの要素をすべて吹き飛ばしても足りないだけの荒々しい気迫に満ちていた。


「ちょっ、これはいったいどういうことですの!?」


 一連の光景を前に、半ば呆然としていた少女から苦情じみた声が放たれる。

 ようやく、彼方に旅立ちかけていた意識が現実へと帰還したのだ。


「納得のいく説明を――――」


「ふざけるな、金髪縦ロールが! 誰が質問を許した!」


 少女の言葉を遮って怒声が放たれた。


「そのくるくるぱーのドリルヘアーが貴様の本体か! 許可なく口からクソを垂れるな! “はい”以外の選択肢は用意されていない! それと繰り返すが、口からクソを垂れる最初と最後に“サー”とつけろ! わかったか! わかったら返事をしろ!」


 少女がどう思っていようが関係ないといわんばかりか、さらにそれに対して数倍の言葉で怒鳴り返す男。


「さ、サー……!」


なにもI Can't聞こえねぇぞHear You! その縦ロールは飾りか! 腹の底から大声を出せ!」


 今にも消え入りそうな少女の声を覆い被すような大声が、畳みかけるように放たれる。慈悲もなにもあったものではない。


「サー! 状況が理解できません、サー!」


 状況が飲み込めない様子ながらも、腹の底からできる限りの声を捻り出し、なんとか相手に合わせようとする少女。

 相手の目を見て、これが冗談でやっているものではないと気がついたからだ。


「よろしい! 普段なら質問をする際には許可を取るものだが、貴様は初めてだ! 今回だけは特別に答えてやろう!」


 より一層、少女に向ける視線を強くして少年――――いや、“教官殿”は口を開く。


「貴様はつい先日ウィリアム第二王子殿下より婚約破棄を受けたな、ウジ虫め! しかも学園の大勢の見ている前で! さぞや悔しいことだろう!」


 ゆっくりと、しかし鋭い動作で小幅に歩を進めながら、“教官殿”は少女に一気に喋り切りながら説明を行う。

 時々飛び出る生まれてこの方一度も浴びたことのない罵声が、少女の胸に棘となってつき刺さる。


「しかし! 我々はで決して逃げ出したりはしない! 脳みそがピンク色になったボンクラどもを相手に屈辱的な敗北を喫したままでいることは許されない! もしそれで終わらせようものなら、公爵家はおろかこの国は亡国の一途を辿るだけだ!」


 淀みのないリズムで語り続ける“教官殿”。

 記憶がフラッシュバックしそうになる中、少女は何も言うことができない。


「だから、この夏期休暇の間に、貴様をどこに出しても恥ずかしくない、ひとつの完成された兵器に仕立て上げてやる! 安心しろ、公爵閣下より「すべて任せる」と仰せつかっている!」


 その言葉を受け、少女の背中に冷や汗と脂汗の混合液体が浮き出てくる。

 本能で逃げ場はないと理解したのだ。


「俺は厳しいが必ず“我らの陣営”に勝利をもたらす! わかったか! わかったら返事をしろ!」


「サ、サー! イェッサー!!」


 ヘタをするとどうしようもないことになると思い、反射的に大声で返事をする。

 幸運なことに、この時点で少女が生来持つ順応性の高さがプラスに働いていた。


 そして、この時から始まるのだ。


 地獄の夏休みヘル・ブートキャンプが――――。







「どうした! 貴様の根性はそんなものか! あの庶子上がりの男爵家令嬢淫乱ペギーにすべてを持っていかれたままで終わるのか!? 悔しくないのか!! それともよわい二十を前に、修道院にブチ込まれて葉っぱを散らした枯れ木ババアのような生活が送りたいのか!? 答えろ!!」


 “教官殿”の容赦ない罵声が炎天下の訓練場に木霊する。


「サー! 絶対に嫌であります、サー!」


 腕立てをする姿勢のままで少女が叫ぶ。


「ならば腕も動く! 動かないのは貴様が動かないと思っているからだ! 根性で何とかしてみせろ! 俺は無茶は言うが無理は言わん! 続けろ!」


 無茶苦茶な根性論だが少女は決して反論だけはしようとしない。

 もしも反論などしようものなら、間違いなく十倍以上の罵声となって自分に返ってくるからだ。


 すでに秀麗な顔は五キロのランニングにより汗でボロボロになっている。

 ついでに涙がこぼれそうなのを堪えてくしゃくしゃだ。


「どうした、ちゃっちゃと腕を動かせ! その棒っきれみたいな腕が食人鬼オーガのように太くなるのが心配でできないのか!? ふざけるな! 腕立てができるようになってから心配しろ! とっととやれ!」


 それでも少女は決して諦めようとはしなかった。


 震える腕を無理矢理動かそうとして腕立て伏せを続行する。もう回数は十回を越えていた。

 この年齢になるまで、蝶よ花よくらいの勢いで手塩にかけて育てられた少女には、腕がおかしくなるどころか今すぐにヘシ折れるのではないかと思える回数だった。


 左右の腕はどちらもとうの昔に限界を迎えている。両足もランニングの負荷でプルプルと震えていた。動くのは腰だけだ。

 泣いてはいけないとわかっているのに、あまりのつらさに視界が新たに出てきた涙で滲んでいく。

 とうとう目尻から溢れた涙が水滴となって落ち、渇いた地面へと吸い込まれる。


「泣くな! 誰が地面とファックしろと言った!! そんな腰使いで誰が満足するんだ!! 俺が命じたのは腕立てだ、腕立て!! ストリップダンスじゃねぇ!! あと十回だ!! やってみせろ!!」


 しかし、どれほど辛そうにしても一切の容赦はなかった。

 このままではやって来る“最悪の結末”を回避するために、ふたりは必死で鍛えていた。



 そう、すべては――――あの時から始まっていたのだ。



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます