第15話 夢を見る方法

 久しぶりにポメラを開いた。電源はつかない。最後に開いたのはいつのことだったろうか。ポメラは、有り体にいってしまえば、旧式のワープロを手のひらサイズに納めた、どこでも気に入りのキーボードがないとイヤでたまらないテキストフリークのための、愛らしい機械のことだ。ポメラは単四電池二本で動く。背面のロックをはずして、古い単四電池をはずし、新しい電池を二本滑り込ませる。儀式のように慣れた僕の手つき。

 そうして、真新しい動力を得たポメラは、その小さな液晶の中に薄墨のような文字を映し出した。自動的に、最後に編集していたファイルが立ち上がる。

 その、書きかけのテキストは……やっぱり、君のことについて書いたものだった。

 中野さん。去年、北海道からの帰り道、羽田空港で別れてから会っていない。

 君は、今、どうしているの。相変わらず、真っ赤なエレキギターを弾いているの。その綺麗な声で、誰かの後ろでそっと歌っているの。

 ねえ。どうしている、中野さん。

 もう一度、僕の隣に立って、同じ空を見上げる日はくるの。

 あの日々が夢だったというのなら、どんな風に眠ればいいんだろう。眠り方すら、忘れてしまった気がする。

 中野さん、君は眠っている? 起きている? 夢は見ている?

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る