ゲームの国のアリサさん!

月の女神

第1話 マジ、ムリゲー!

暑い夏のことです。

「あー、また死んだ!」

誰もが暑さしか感じないような猛暑の中、

「ありえないわー!」

エアコンも付けずにゲームをする、一人の少女がいました。

「お金、湧いて来ないかなー?」

本来なら金の斧とかを授けてくれる泉も、彼女にとってはお金を吸い取るもの(ガチャ)でしかありませんでした。

「誰か……食べ物だけでも…」

もう3日も食べていません。国を救う為の寄付(ゲーム)に全て使ってしまいました。

彼女に救いの手を差し伸べてくれる者はいません。と、その時

「あー、誰か助け、てぇぇ」

画面から1匹のウサギが手を伸ばし

「アリ…ス……世界……救って」

ノイズがかった声でそう言います。

「なんて言ってんの?聞こえない」

少女が画面に顔を近づけます。髪がウサギの手に触れた途端

「うわーー!」

部屋から少女の姿は消えていました。



落ちてるーーーーー!

「ここ、どこ?!」

まず頭の整理をしよう………

えーっと、ゲームやってたら、ウサギ出てきて…

「あ、そうだ、ウサギ」

あいつどこいったんだ?

見つけたらただじゃおかないからなー!

そんな事を考えながら急降下していると、だんだん地面が近づいて来ました。

「え、ヤバくね?死ぬじゃん!」

近くに傘が浮いています。

「これで落下速度が落ちるとか?」

いくらかの期待を込めて傘を開きます。

「おお!良いんじゃない?!」

と言った矢先

『ボキッ』

大きな音をたてて傘の骨が折れました。

「全滅…ww」

その後の事はもう言わなくても分かりますね?

ハイ、そうです。


お亡くなりになられました……ww

          

                 1話 FIN


ーアリサ 残機 −1ー


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます