光と熱

 天の川銀河の中心部付近。

 星の海。どちらを向いても光が輝く。

 水色を基調とした機体は、光る刀を逆手で持っていた。

 関節まわりは青。装甲の一部が灰色。装飾品は緑。鋭い追加装甲に覆われている。全長、約13メートル。

 頭にハチマキ。口元はマスクのような形状。

「フォトンカタナは、錆つかないね。それもまたよし」

 20メートル伸びた光が切断したのは、30メートルの装置。緑の正六面体。

 チャンドラは機体を止めない。息つく暇もなく、次の防衛装置へ向かう。爆発する敵。

 といっても、パイロットは仮の身体。ロボットなので呼吸は必要ない。

 コックピットは球形の空洞。壁に周りの映像が映っていた。

 足元はすこし平ら。

 大きな耳の男性が、右手と左手にそれぞれ金属の棒を握る。

 敵を倒し続ける巨大ロボットは、Dシリーズ・タイプRという名前。通称、Dエイティーン。

「何で攻撃しても同じだ。フォトン武装ってそういうもの、だろ?」

 たずねたのは、赤いロボットを操るウリセス。装置をフォトンハンマーで捉えた。

 装甲が増えて尖った見た目の、Dナイン。

 帽子をかぶっていて、マスクのような形の口元。

 太い眉毛の男性も、すぐ次へ移動する。

 ミドリタンスは荷電粒子砲を備えている。弾は秒速29万キロメートル。

 立ち止まることはできない。

「気を抜くなよ。武器の話は、帰ってからするべきだ」

 警戒を怠らない、厚い唇の男性。

 濃い黄色を基調とした機体で、腕の2ヵ所からブレードを発生させた。片方でミドリタンスを切り裂く。

 二重装甲により各部が尖っているDトゥエンティー。

 ヘルメットをかぶっていて、口元はマスク形。

 ビームの連射に対応するには、速度しかない。Dの速度は、秒速20万キロメートルを超える。

「こちらの機体が小さいから、といって、油断しないほうがいいわ」

「言われるまでもない。ビームさえなければ、あとは、物理的にクサリを破壊してやる」

 桜色のDエイトを駆るファリアと、緑色のDトゥエンティーフォーを操るアイザックも、連携して戦っていた。

 すべての元凶に迫り、戦いは目まぐるしくなっている。

 天の川銀河を管理下に置く、巨大なネットワーク、ムネン。

 中枢であるクサリまで、あと1天文単位。

 1億5000万キロメートル。

 軍艦は後方に下がっていた。最前線では、ビームに対抗して接近戦をおこなっている。

「おかしくないか? バーティバ」

「なにか、ありましたか? 紅蓮さん」

 薄い黄色のDを操る、黒い短髪の男性。太陽を見た。

 動きを止めずに戦いつづける。20メートルのフォトンブレードで、ミドリタンスを両断した。

「かなり昔の話だろ? クサリが地球の姿だったのは」

「はい。なるほど。太陽が姿を変えていないこと、ですか」

 白いDファイブを操作する、銀髪で長身の男性。サイドがすこし伸びた髪型。

 話しながらも動きを止めない。左右の腕から伸ばしたブレードで、続けて2機撃墜した。

「イリヤによると、白色矮星っていうのになるらしいぜ」

「おそらく、ムネンの力によるものでしょう。原子を操り、姿を維持しているのです」

「過去に囚われてる、ってことか」

 ムネンの技術である、物質の変化。

 バーティバたちケイ素生物の技術である、仮の身体の操作。

 両方の技術をあわせ持つ装置、ツインタイム。

 天の川銀河奪還作戦で宇宙をかける全員が、装置を使う。

 時間と空間に影響されない、時空並列通信を使って会話しながら。

「歪みは、元から断たねばなりません」

 白いDが軌跡を描き、緑の装置が破裂した。


 ムネンの中枢、クサリまで、あと400万キロメートル。

 地球から月までの距離の、約10倍。

 行く手を阻むのは緑の防衛装置。隊列を組んでいる。

 10機から次々と発射されるビーム。分厚い光る壁が削られていく。

 緑色のロボットが被弾した。

 リアクターの最大出力、500ギガクーロン・ボルト。2基搭載していても、防ぎきれなかった。

「ここまで、のようだな。あとは頼んだ」

「アイザック!」

 グレンが助けることはできない。ビームは速すぎる。

 右足を破損したDトゥエンティーフォー。頭部にはゴーグルをつけている。

 操縦するアイザックは、奥の手を使っていた。

 外部からのエネルギー伝播を待つ。

 支援用の、衛星級マトクスター。とてつもない大きさの銀色の球体。

 ビームに対処できるよう最前線から離れているため、エネルギー到達までに数秒を要する。

 鋭い見た目の機体は、左手も破損した。

 コックピットの男性が、高い鼻を鳴らして笑う。

「固まってるから、こうなる!」

 エネルギーが届いた。最大出力1000ギガクーロン・ボルト。それを50基搭載しているマトクスター。

 緑色のロボットが光る翼を発生させ、防衛装置の隊列を一瞬で両断した。

 おくれて爆発する緑の装置たち。

 翼は、全長200メートル以上。光る飛行機のような姿で、次の隊列を破壊していく。

「連携重視の姿勢は、どこへいったのかしら」

 桃色のDエイトも被弾していた。頭部にはメガネがある。承認を待つファリア。

 コックピットの女性が、つり目ぎみの目に力を入れる。

 エネルギーが届いた。

「実はわたくし、接近戦は、あまり得意じゃないのよね」

 機体の周りに発生する、丸い光る壁。半径100メートル以上。

 きらめきが一瞬で加速した。緑の防衛装置、ミドリタンスの隊列に壁をぶつけて潰していく。

「ファリア!」

 グレンは、目の前の敵と高速戦闘を続けていた。

 奥の手にはリスクもある。

 膨大なエネルギーは長時間使えない。効果が切れると、クールダウンのために性能が落ちてしまう。

 つぎつぎに敵を撃墜していく緑の機体。

 制限時間の警告を無視して突っ込んだアイザックが、ビームを受ける。敵とともに爆発。

 仮の身体を失い、戦線から離脱した。

「無茶しやがって」

 薄い黄色のDは、変わらず敵を撃破し続ける。グレンは、白いDと連携して戦っている。

「効果的ではありますが、危険が大きすぎます」

 すこし強い口調のバーティバ。

 クサリまであとわずか。緑の防衛装置は、隊列を組んだものしか残っていない。

 桃色の機体が、ミドリタンスにひたすら壁をぶつけ続ける。

 隊列の最後の1体を倒す前に、動きを変えた。

 ビームを同時に放ち、同時に命中。ファリアからの応答が途絶えた。

 クサリまで、あと約40万キロメートル。

 月から地球までの距離。


 巨大な光る鈍器が通り抜けた。

 緑の隊列が光と熱に換わる。

 200メートル以上の大きさのフォトンハンマーが、宇宙に軌跡を描く。

 赤いDナインは、両足を失っていた。頭部の帽子も損傷している。

「なんか、ガラじゃねぇな。俺の分も頼む、なんてよ」

 奥の手を使ったウリセスは、笑っていた。

 白いDを駆るバーティバが告げる。

「ウリセスさん。あとは任せてください」

 赤いDへのエネルギー伝播が止まった。そのままミドリタンスの隊列に突っ込み、相打ち。光を放った。

「あとは、人工衛星みたいに回ってる装置だけだ!」

 全方向ディスプレイをにらんで、グレンが叫んだ。

 目標のクサリが見える。灰色。月はなかった。

 地球と同じ大きさ。大気はない。海すらない。生き物の営みが感じられない。

 その周りを回るミドリタンスが、知覚的に分かりやすく表示されている。

「月は、長い年月の果てに、クサリの重力を振り切って、離れたようですね」

「もともと、月は炭素生物の生命を安定させるために、作り出されたもの。だったりして、な」

 グレンが前に出ようとすると、制止された。

「おいしいところを頂こうっていうのは、よくないなあ」

 コックピットにいるのは、大きな耳のチャンドラ。

 水色のDエイティーンが先行した。

「ぼくたちに任せてくれ。いまこそ恩を返すとき」

 操縦するのは、厚い唇のディエゴ。

 濃い黄色のDトゥエンティーが続く。

 フォトンカタナとフォトンクローの連携で、クサリを回る荷電粒子砲を破壊していく。

 ともに、武器の長さは20メートル。

 重力制御装置により、クサリの重力に引かれて落ちることはない。

「チャンドラ。ディエゴ。なんだよ。オレたちも――」

「嫌な予感がするのさ。僕のわがままを聞いてくれないかい」

「それに、この機体もそろそろ限界だ。奥の手を使わせてもらう」

 水色のDと濃い黄色のDは、同時にエネルギーの伝播を受けた。

 長さ200メートル以上のフォトンカタナが、一瞬で緑の隊列を両断する。

 同じくらいの長さのフォトンクローも、ミドリタンスを切り裂いていく。

 リミッターを外した状態のDと連携することはできない。

 すこし険しい表情で見守るバーティバ。

 時間切れが迫るのにも構わず、二人は攻撃の手を止めない。クサリの周りを駆ける。

 放たれるビーム。チャンドラが受けて、カタナが消えた。

 フォトンクローは届かなかった。

 ディエゴがビームを受ける。二人からの通信が止まった。

 残る隊列は1つ。敵の数は10。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます