ぱらいそ・ヴァンパイア

作者 千石綾子

10

4人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

美人ハンターのミハイラ、料理上手なヴァルラ、狼男のウィル、情報屋のラウなど、キャラがそれぞれに魅力的です。
それぞれに辛い過去もありながら、それを現在の心の支えにして、前向きにバンパイアと対峙している。時に「ヴァンパ嫌ー」と叫びながら、踏みとどまる姿にエールをおくりながら読ませていただきました。
時折挟まれる軽快なやりとりも楽しいです。

★★★ Excellent!!!

 テレビや映画などでおなじみのヴァンパイア。だが現実にはそんなものは存在しない。

 と思いきや、この世界には存在してしまっている。ヴァンパイアごと隔離された島国で活躍するのはヴァンパイアハンター。
 凄腕の女ハンター、ミハイラと、ヴァンパイアが苦手なヴァンパイア、ヴァルラは「ぱらいそ・ヴァンパイアハンターサービス」として活動している。
 時には喧嘩もしながらさまざまなヴァンパイアを(主にミハイラが)退治する。二人は息の合ったペアだ。

 だがミハイラは島を出ることを望み、ヴァルラにはどうしても倒さねばならない仇敵がいる。
 コミカルに、時にシリアスに、ミハイラとヴァルラは目的に向かって進んでいく。

 見どころは、多種多様なヴァンパイアとの戦い、ヴァルラとミハイラや協力者との絆、最終決戦と結末。
 一風変わったヴァンパイアものを楽しめる作品です。