極月の鴉

作者 鐘方あまね

15

5人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

寒村に舞い降りたのはツグミ。越冬のため冬季に日本に飛来する鳥です。
全体的に黒味を帯びつつ褐色の羽が特徴的なスタイリッシュで凛々しい姿。

山深い環境、そして閉鎖的な人間関係に絡め取られた華たちは、知らずの内に互いを茨で拘束し合って、飛び立とうとする者を許さないのかもしれません。
誰も彼もが疑わしく思えてくるミステリーの面白さの部分はそのように感じました。

ストーリーが進行するごとに深部に潜り、周辺環境の視界が拓け出すことで、もし舞台モデルがあるならあの辺りかな〜、などと事件の本筋とは別の視点でも想像を膨らませて楽しむことが出来ました。

登場人物の名前にも注目してみて下さい。
一匹だけ熊が紛れてるのが面白いんですよ。

★★★ Excellent!!!

古い因習と血族が支配する寒村――影山村。
一癖も二癖もある一族が揃った十三回忌の夜に殺人事件が起きて……。

……と、まるでボサボサ頭にチューリップハットを被った探偵が迷い込みそうな舞台ですが、事件に挑むのはなんと現役の女子高生!

繊細で丁寧な筆致で描かれる古式ゆかしいクローズド・サークルを真っ直ぐで感情豊かな女の子が駆け回り、鮮やかに事件を解決する様は痛快の一言。

その原動力が好奇心よりも女の子らしい優しさに起因しているところも素敵で、もっとつぐみ探偵の活躍を見てみたいです!

★★★ Excellent!!!

 山奥にある烏丸家でで発生した事件を、主人公のつぐみちゃんが解決するという内容の、本格推理小説です。作品の舞台となる「影山村」が、ミステリーの面白さを見事に演出しています。
 烏丸家の複雑な人間関係が絡み合う中、つぐみちゃんは色んな協力者の支援を得ながら、烏丸家の事件を解決します。
「影山村」の雰囲気をはじめ登場人物たちも個性的で、読者を作品の雰囲気へといざないます。その独特の雰囲気は是非『極月の鴉』を読んで、みなさんに感じ取って欲しいです!

★★★ Excellent!!!

重大な発表の直前に起きた殺人事件。犯人は誰なのか……そして発表しようとしていた内容は何なのか。

久し振りに良いミステリーを読ませてもらいました。やはりミステリーはクローズドサークルものがいいですよね。
屋敷に集まった人間誰もが怪しく、その面々が織り成す物語はミステリーたる重々しさを醸し出しています。ほぼその一家と繋がりがない女の子主人公つぐみが奮闘し、友人達から助言をもらいながら犯人、そして一家の秘密を解き明かしていく。その姿は危なっかしくも最後は毅然と決めて見せます。カッコイイです。

ミステリー好きは一読の価値ありです。是非ご一読を。