転生したら、そこはイバラキだった

おもちさん

第1話  知らない方が幸せ

「あなたは、死にました」


暗闇の中で、不躾(ぶしつけ)な声が聞こえてきた。

若い女……だろう。

とても明瞭で、そして透明感のある美しい響き。

姿カタチは見えないが、何となく美人なんだろうなと思う。



「死んだかー。とうとうオレも……、死んだ?!」



本当に?!

これマジのやつ?

友達の悪ふざけとか、イタズラじゃなくて?


確かに自分が置かれている状況には強烈な違和感がある。

言葉を発せない、というか口と呼べる部分が『無い』ようだ。

もちろん比喩なんかじゃなく、口を動かしたという感覚がない。

反射的に手で顔をまさぐろうとしたが、ダメだった。

どうやら両手も同様に『無い』ようだ。

腕どころか、指一本分の感覚が消え去ってしまっている。


てっきり寝ぼけているのかとも思ったが、意識は妙にクリアだった。

まるで8時間寝た後のような爽快感すらある。

ただ、体だけを何処かに置いてきたような感覚だ。

そこまで思考が辿り着くと、寒気に襲われた。



ーーオレ、本当に死んだのかも……。



何者かの声が聞こえてくる。

これも『聞いている』んじゃなくて『感じてる』のかもしれない。

きっと耳も無くなっているだろうから。



「あなたは20歳にして、この世を去る事となりました。死因は割と雑なので、割愛します」

「そ……そうか。できれば知りたいんだけど」

「では、かいつまんで。あなたは幼なじみの女性に猛アタックするもアッサリ振られ、やけ酒を始めます。ビール、サワー、水割りまでは良かった。何を思ったのか焼酎を原液のままラッパ呑みを始め、そこで倒れます。自宅に一人でいた為そのまま……」

「わかった! もういいからその辺で止めてくれ!」

「そうですか。知らないままでいたかったでしょうか」



ああああ、色々思い出してきた。

大学から帰る途中のアイツを呼びとめて、近くの公園に連れてった。

そして夕焼けをバックに告ったんだ。

相手は言葉よりも先に、顔で返事をした。

最初は「え?」という驚いた顔。

それが段々曇っていき「あー。これどうすっかなぁ」という表情で落ち着いた。


結果?

轟沈だよこのヤロー!

この声の主の通りだ、知らずにいた方が良かったよ!



「ですが、嘆く事はありません。あなたには次なる人生が用意されています。今までの暮らしとは大きく違う世界での、新たな日々が待っていますよ」

「へえ、小説で読んだ事あるぞ。こんな話が実際あるんだなー」



板橋区の1ルーム暮らし、Fラン大学在籍の非モテ男がどこまで変われるやら。

ひょっとしてチートスキル貰えたり?

美少女ハーレムやらケモミミ美女とかもある?

奴隷嫁とかも付いてきちゃったりたり?



「随分と好意的に捉えてもらってるようですが。はじめに謝っておきます、すみません」

「ええっ? 何に対しての謝罪なんだ?」

「あなたの転生先についてです。他の枠は全て埋まっていました。これも巡り合わせだと思って諦めてください」



淡々と恐ろしい事実が告げられた。

一体どんな世界に飛ばされちまうんだ……。

恐竜や猛獣が支配している世界とか、男色なオジさんしかいないBLな世界とか?

聞いておくべきだろうが、質問をするのが怖い。

『知らぬが仏』をものの数分前に体験した身としては。



「私から、最初で最後のアドバイスです」

「最初で最後……?」



これはきっと聞き逃したらマズイだろう。

今後生きていく上で重要な情報になるはずだ。

忘れてしまったが為に『詰み』の状態になるなんてお断りだ。



「ええと、アドバイスですが……。すいません、やはり何も言うことはありません」

「はぁ?!」

「では、新しい人生をお楽しみください。生きてればいい事ありますよ」

「アドバイスを寄越せよぉぉーー……」



そうしてオレの意識はプツリと途絶えた。

次に目を覚ましたときは、芳醇な草木の匂いによって出迎えられる事となる。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る