電子世界を生きる(旧タイトル 死んだ後の世界で)

作者 トカゲ

14

6人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

凝った設定と、そうした設定が非現実的であるにも関わらず、主人公目線のリアルな語りが主軸の、読んでいるとどこか身近に感じる文体。

SFチックな要素が仄かに感じられて、どこか異世界みを感じる冒険譚。

自分が一読者として、SFニワカ+ファンタジー冒険ニワカオタとして、カクヨムの小説に求めていた要素がこれでもかと詰まっています。正直言って溜まりません!


隙の無い設定! 女の子も可愛い! 文体も読みやすい!
言わずもがな、オススメの作品で御座います。

★★★ Excellent!!!

死後、生前の記憶と人格を保存した電子の世界で”生きる”人々が居た。
でもそれは永遠の生を約束するものではなく、その世界の維持費が尽きるか、その世界で死んでしまえば失われるものだった。

そんなわけで、あくせく日銭を稼いで生き延びようとするおじさんと、その弟子の快活な女の子が冒険するお話です。

設定が斬新で「異世界転生」や「ゲーム世界」の良い所取りをしつつ、割とシビアな世界が描かれております。
やっぱり準備と訓練は大切です。

ひょんなことから弟子となった女の子。
その子の願いを遂げるため、師匠のおじさんは頑張ります。
二人のやり取りは微笑ましく、おじさんのつっこみも快調ですが、潜ったダンジョンで待っていたものとは――。

一風変わった設定で楽しめるおすすめな作品です!