読者思いの小説を書こう♪

作者 野口剛

21

8人が評価しました

★で称える

レビューを書く

ユーザー登録(無料)をして作者を応援しよう! 登録済の方はログインしてください。

★★★ Excellent!!!

――

カク側の人にとって「書く」というのは楽しくもあり、大変でもあり…。その中には「こういう表現でいいのだろうか?」とか「ここは文章過剰・不足気味か?」とか、悩みは尽きません。
だけど、これを読めば解決の糸口が見えるかもしれません!(自分は見つかりました!)カク側で、「どうしよう…」と悩んでいる方へオススメです!

★★★ Excellent!!!

――

「読者思いの小説を書こう」。
シンプルにしてすっと胸にしみこむストレートな題名に、まず引き付けられました。

「この文章は読者にとってどう受け止められるか」、つまり読者の視点を常に意識するというのは、プロを目指すのであれ趣味で書くのであれ、人様に読んでいただく以上は忘れてはいけない視点です。

書籍の作品では滅多に出会わないのですが、web小説ですと編集さんや校正さんの手が入らないせいか、視点や描写に違和感が……というものが散見されます。
面白いのに余計なことが気になってしまい没入できない……非常にもったいない状況に何度も出くわしました。

そういうモヤモヤを抱いていたところに、この気持ちの良い直球の問題提起。
本当に、そうなんだよ、そこに気を付けてくれよ!! 私も気を付けるから!! と言いたくなる内容ばかりです。

鋭い問題提起にも関わらず、文章に嫌味がなく、素直にうなずける良作です。
是非、多くの作者さんに読んでいただきたいなと思いました。