ブリキの騎士は眠りたい

澤田慎梧

プロローグ

 の見た目を一言で表すなら、「超巨大なウニ」が一番近いだろう。

 全身からどす黒いトゲを生やした球形の生き物――なのかどうかはちょっと怪しい――が、大地を豪快に転がり、こちらに迫ってきていた。

 どんなカラクリがあるのか、傾斜も殆ど無い平地なのにドえらいスピードが出ている。


 背後をチラリとうかがう。

 そこには高い高い城壁がそびえているのだが……所々に無数の穴が穿うがたれていて、それが壁の上の方にまで続いている。

 これはの際、この巨大ウニが城壁を登っていった痕跡らしい。

 やつは全身のトゲを城壁に突き刺しながら、ゴロゴロと転がってそのまま城壁を登ってしまったのだとか……。


 話だけ聞けば、なんともシュールなだけの光景に思えるが、実際はそうではない。

 なにせ、このウニ野郎はそのまま城壁の中――街へと侵入し、そこでもゴロゴロゴロゴロと転がりつ続け、そこらじゅうを穴だらけにしていったのだ。

 ――道も、家も、家畜も、そして人間も。


 沢山の人達が穴だらけの無残な死体になった。

 今また、このウニ野郎が街へ侵入すれば、更なる犠牲が出るだろう。

 ――俺が、止めなければならない。


『来いや、このウニ野郎! 俺が相手だ!』


 まさか、ただのサラリーマンだった俺が、こんなヒロイックな台詞セリフを吐く日が来ようとは、夢にも思っていなかった。

 人生、分からないものだ。


 もちろん、普段の俺ならばあんなウニの化け物を前にして、こんな堂々とした言葉は吐けない。

 だが、今の俺の体は。あんなウニ野郎のトゲを恐れる必要のない、強靭きょうじんな装甲と、それを支えるパワーがある。


 ウニ野郎が目前に迫る。

 大地に無数の穴を穿ちながらゴロゴロと転がり、土煙と共にこちらへ向かってくる。


 まずは、やつの動きを止める!

 俺は鋼鉄の脚を大地に踏ん張り、やつを受け止めるべく構えを取った。


 ――刹那、俺とウニ野郎とが激しく激突した。

 硬いもの同士がぶつかり合う甲高い音が周囲に響き、俺の視点はグルグルと回転を始めていた――ん? 回転……?


 そう、世界が回っていた。グルグルグルグルと、物凄い勢いで。

 ようやく「俺はウニ野郎のトゲで全身を貫かれ、そのまま回転に巻き込まれているのだ」と気付いたのは、意識が遠のく直前だった。


 ――一体、どうしてこんな事になったんだっけ?

 薄れ行く意識の中で、俺はつい数時間前の出来事を思い出そうとしていた。


 そう、あれはいつも通り終電で家に帰り着いた後の事だった――。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます