SMって……知ってる? ~超々ひっそり裏日記~(完結)

NEO

軽くSM論

 深く書いても理解されないので、かるーく書きます。


 最近、やらたと「俺どSだから」とか「どMだねぇ」とか聞きませんか?

 はい、この時点で九割九分九厘、勘違い様です。ただ我が儘なだけです。Sと名乗る人もMと名乗る人も……。


 加虐願望、被虐願望、ちゃんと持っていますか? また、それが性的快楽に繋がっていますか?

 恐らく違うでしょう。大抵、ノーマルに飽きてサーカスをやりたいだけです。「好きなように出来るんだぜぇ」とか「気持ちいいのが欲しいのぉ。痛いのは嫌」などなど。

 はい、反吐が出るほど見てきました。人を否定する事はしないのですが、こればかりははっきり否定させていただきます。お前らただのノーマルだろと。


 SMとは本来アングラなものです。そんなに異常な性癖を持った者が溢れていたら、この国は終わってしまいます。

 S……すなわち、サディストは人を加虐することで性的快楽を得ます。M……すなわちマゾフィストは、加虐される事で性的快楽を得ます。これは、精神病としてちゃんと定義されている、ある意味病気の人たちなのです。世の中ではもうちょっとマイルドに変態といいますけれど……。


 この性癖を持つ人は、大きく分けて先天性と後天性があります。先天性はもう物心つく前から、生まれ持ってこの性癖を持ってしまった人、後天的な場合は何らかの強い精神的なショックやストレスで、いわば「目覚めて」しまった人。これを書いている私は、先天形のマゾフィストです。


 この数十年見てきましたが、業界内(?)では圧倒的にマゾフィストが多いです。私が知っているサディストは五本の指で数えられてしまいます。当たり前です。サディストが世に溢れたら……怖いですね。


 さてここで問題ですが、Mが要望することだけを叶えているだけで、サディストと言えますか? これではサービスのSです。反対に、あれこれ嫌な事を注文するマゾフィストをマゾフィストと言えますか? これでは満足のMです。

 根本的にここが違うのです。ここを勘違いしている人が多いのです。それが様々なメディアに載っかって、なんだかよく分からない変なものになってしまうのです。

 もちろん、これをプレイとして商売しているのなら、別の話になりますが……。なにせ、人気商売ですからね。


 SMが怖いという人は多いです。それは正解です。本当の意味を知った上で躊躇するなら、それは当然のこと。一度壁を抜けてしまったらもう戻れません。

 もっとも、ただ痛そうとか熱そうとか、まあ、そんなレベルで怖がっている人がほとんどですけどね。あえて言いますが、回れ右して帰った方がいいです。嫌な思いをするだけですので。


 さて、実際の話ですが、マゾフィストは本能的にサディストを嗅ぎつけます。これはまた逆も然りですね。例え、それが同性だろうと異性だろうと関係ありません。隠そうとしても隠せないのです。ちなみに、私は別に性別は気にしません。

 しかし、性癖の前に人間ですから、お互いに引き合えばまずは軽く会話から始まります。まずは、様子見の軽いジャブの打ち合いですね。ここで、まず相手の人間性を探ります。鍵穴が合いそうだなと感じたら、まずはちょっと遊んで見ます。私の場合は鞭筋で判定しています。サディストは道具の手入れと技術を磨くことに余念がありません。自分が楽しむためですから当たり前の事です。

 鞭の一つもロクに手入れされず下手くそなら、サディストではあるけれど、所詮はまだ開花していないお遊び程度なんだなと、そこでグッバイです。ダテに「鞭ソムリエ」と呼ばれているわけではありません。「サディストクラッシャー」の異名も持っております。言わせると、お前は「深すぎて」並では手に負えんとか。その基準を超えたのが五人以下なんですけどね。


 都内はそういうお店が豊富ですが、その中の一軒にちょいちょい顔出ししています。超ベテランも多く集まるのですが、一度だけそこのママと本気で勝負して負けました。初めてではないですが、屈服させられて本性全開の快楽は滅多に味わえませんよ。まあ、あちらもパンツがビチョビチョ、恥ずかしいと言っておりましたので、痛み分けという感じですが(笑)


 まあ、こんな体たらくなので、ノーマルな子孫繁栄行為には全く興味がありません。気持ちが萎えます。この辺りがある意味病気たる所以ですが、面倒なだけの苦行なのでやりません。別に、気持ちよくないし……。


 さて、ディープな世界を触りだけ書きましたが、なんでマゾフィストの男性ってクソ馬鹿にされるんですかね?

 お前に心許してねぇよ!! という感じなのですが、いわゆるオラオラ系が多くて困ります。一方的に来られてもねぇ……。


 一話で終わらせるつもりでしたが、緊縛でも書いてみますかね。あれ、SMとは違う独自世界を構築してしまっているので……

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます