02 博愛ギルティネー

例えば


僕の背後、静かに降り立つ

絵に描いたような黒衣の使者のように

ひとみの奥の影を見透かして

君の心臓の在処を探したがったなら

抗うことなく捧げるだろう


誰に?


少なくとも苦しいのは

君のためだけではない

君がその気なら、架空の愛も神も

容易く仕立て上げられるから


大仰なその大振りの鎌で

魂を狩り取って、持ち去っておくれ

僕は君のようにひとりを深く愛せない

全てを守りたいと願って止まないんだ


(そうして犠牲を払って来たんだね)


踏みしだいた骨の欠片を

意識することもなく羽根を広げ

この両手に掬った脈打つ心臓を

誰とも知らぬむくろめ込みたい


けれど心臓も魂も

等しく分け与えられる

神には遠く及ばない


知っている、それでも止めないのは

一種の憧れに似ていた


僕と君の神

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます