天使と悪魔

作者 奈月沙耶

3

1人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

本来なら完結してから書くべきなんでしょうけど、我慢できないです、書いちゃいます。

『清陵学園シリーズ』、『Lotus』、に続く第三部です。でも、第二部である『Lotus』はまだ連載継続中なのです。であるにも関わらず、その後(第二部主要登場人物たちの子供たちが出てくる)を描くというある種離れ業をやってのけられています。

正直言って、驚きです。第一部を読んでいるときは、まさかこんなことになっていくとは思ってもみませんでした。その意外性にまず惹かれます。

そして、なんといっても、第二部ではまだ「これからいったいどうなるんだ?」という段階なのに、ある部分でその結果が出てきてしまう第三部をオープンにしてしまうというのは(まだ伏せられている事実があるにせよ)すごく勇気のいることだと思います。

それと……これは書くかどうか迷ったのですが、書いちゃいます。第二部でのヒロインの行動は、人によってはちょっと受け付けられないのでは……と危惧していたのですけど、作者がここまでの展開を想定しているのなら、これはもう、読み手もすべて受け入れる覚悟をするしかないな、と思いました。

作者自身も書かれているように、その設定自体が挑戦だと思いますけど、私は断然「あり」だと思います。

それにしても、ここまでの展開を用意しているなんて、本当の悪魔は作者である奈月さまではないかと思ってしまいます。

まだまだ明らかになっていないことも多いので、完結まで、これからいろいろと楽しみです。