垂れ耳エルフと世界樹の街 ~Prequel~

小田島静流

prologue


「オルト君、キミ異動ね」

 横長の瞳で見つめられて、ぶるると翼を打ち震わせる。

「なんでですか、局長! オレ、何かやらかしましたか!?」

「違うよ、急な欠員が出たの。という訳でキミ、来月から十二番街の《黄昏通り》担当ね」

「十二番街!?」

 常緑の巨木を中心に、渦巻き状に連なる《世界樹の街》。そして十二番街は巨木の根元にある最奥の街だ。

「めちゃくちゃ遠いとこじゃないですか!」

抗議の声を聞き流し、問答無用とばかりに辞令を押しつけて、局長はすい、と目を細めた。

「キミの翼なら一飛びだろう」

 実直な彼はお世辞など言わない。だからこれは、純然たる事実を述べているだけなのだろう。

「左遷じゃないから安心して」

「ほんとかよ!」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます