スピリチュアルとは何か

 まずこの日記を書くにあたってこの基本的な言葉から始めなければいけません。

 とは言え気になったならこんな駄文より検索ワードにスピリチュアルと打ち込むかヘイシリ!とかオッケーグーグルとかの音声入力で検索すれば一発です。


 一応ネット辞書でのスピの説明では、ラテン語の spiritusに由来するキリスト教用語で、霊的である事、霊魂に関するさま。英語では、宗教的・精神的な物事、教会に関する事柄、または、神の、聖霊の、霊の、魂の、精神の、超自然的な、神聖な、教会の、などを意味する。となっていて、元ネタ的にはキリスト用語みたいです。私も検索して今初めて知ったぞい。


 現在一般に広く使われているのはニューエイジからの流れでのスピリチュアルでしょうね。パワースポットとかパワーストーンとか前世とか守護霊とかああ言うアレ。テレビとかではそう言う紹介のされ方が一般的です。

 ああ言うのはスピリチュアリティと呼び方が区別されている……ってネット辞書に書いてますナ。これも初めて知ったゾ。


 さて、ネット辞書を参考にするのはこの辺にして、今からは日記らしく私の認識だけで話を進めますね。正確性なんてポイーで。


 スピリチュアルと言う言葉が流行る前に似た概念を示す言葉にオカルトがありました。オカルトは今ではホラーに限定された感じのイメージですが、少し前までは要するに科学で解明されていないもの全般を示すワードだったんですよ。今でも胡散臭いもの全般をオカルトと呼ぶ人はいると思います。


 オカルトとスピの一番の違いとして、スピは概念上聖なるもののイメージが付き従うところですね。逆にオカルトはどこか悪魔的なイメージを連想しがちではないでしょうか。明と暗、上手く対比がなされていますね。


 一般の人の現世利益的なスピリチュアルのイメージは飽くまでも入り口であり、本来のそれはもっと深淵にあると私は考えています。簡単に言えばより良く生きるための指針ですね。信仰という言葉が近いかも知れません。もしくは修行。


 実際、この世界で生きる事そのものが修行なのですが、それを意識するかどうかなのだと思います。そこが第一歩。そこから全てが始まるんです、多分。


 まぁアレです、ちょっとこじらせた人がアレな主張を繰り返すようなそんな内容には極力しないように気を付けたいと思います。この日記はそんな世界観があるんだー程度の娯楽として読んでいただけたら幸いに思いますですよー。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る