その温もりを感じていたくて。

作者 胡桃澪