ただいま。

作者 満月 愛ミ

18

7人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

ホラーを怖がるヘタレなのでびくびくしながら読ませていただきました。
しゅんしゅんって何だろう? と思わず首を傾げるスタート。
何気ない日常描写が、だんだんと不穏な空気を感じさせるさまには震え上がりました。
元々霊感体質の吉彦さんに迫る確かな危険信号。
何が起こるのかと身構えていたらその後の展開は目を見開く程にスピーディ。
確かな恐怖を覚えました。
衝撃と恐怖が入り混じる感情、と言えばいいのでしょうか。
得体の知れない何かの存在。
ああ、こういうのもこの世界にあるんだよなあと。
最後の『心は私、身体が父はぞっとする』の一言で緊張が和らぎました。
非常に恐怖を駆り立てられるドキドキな作品でした!
これからも応援させていただきますね!
では失礼しました!

★★★ Excellent!!!

しゅんしゅんってなった、
と体験が表現されている。
当事者にとってはそんな風に口語するのがぴったりだろうし、読んでいてもなるほど、しゅんしゅんしてると思う。

幽体離脱を扱う話はあれど、作者さんが本当に恐れている問題に
とほうもない戦慄を覚えてしまった。
思考実験のすえをおぞましい、と取るか羨ましいと取るか、あなたはどっち?