Alptraum. -a tale of valentine's tragedy .

正保院 左京

前章

それは学校で次々と起こる悪夢の様な現実。誰もが目をそむけたくなる様な血生臭い事件。そして、闇に微笑む少女。彼女の目には何が映るのだろうか。


 男ならば、誰しも心躍るとされる二月一四日。俗に云う、バレンタインデーと呼ばれるイベントだと云う事は云うまでもないだろう。女性が、好きな男性にチョコレートを贈る風習が現代にはあるらしく、それゆえに男共は舞い上がるのだそうだ。


 さらに近頃は、同性、恋愛の対象外の仲の良い男性、そして近年は自分に贈る人までいると云う。もう何が何だか、時代に取り残された様な僕にはわからない。

 僕はそれ程、この日のことが好きではない。いや、大嫌いだ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る