第1部 バルバデン=ギリウスの復活

第1章 王都改革編

第1話 目覚むれば地下墳墓

 初めてこの世界を訪れたとき、あたりは闇に覆われていた。


 新世界への扉を開け、勢いよく一歩を踏み出したはずの彼は、見えない壁でヒザをしたたかに打ち付けたのだ。


 漆喰と石灰の粉が舞う。


「いな、いな……」


 あまりのダメージに声が出ない。


「なんだよ、真っ暗だぞ。しかも、前も後ろも何かあって動けない。いきなりバグってんのか。この匂いだって、サーバーが焼けてるとしか」


 ひとしきり悪態をつくと、冷静に考えはじめる。


「身体が満足に動かないってことは、操作をまだ受け付けていないのか」


 オープニング・ムービーの続きか。

 あるいはチュートリアルが始まるのか。

 オンラインRPG初挑戦という彼でも、それくらいの発想はできた。


 しだいにガンマ値が変化し、情景が見えてくる。

 どうやら自分が石造りの棚に寝かされていることがわかると、彼は身体をじりじり横滑りさせて、ようやく足を床につけた。


 土ともカビとも違う、渇いた臭いが鼻をつく。

 

「くっさ!」


 どうやら、このキャラクターは夜目が利くようだ。

 あたりを見回すと、ひからびた死体や、破壊された棺桶が、あちこちに散らばっていた。


「なんだよ、死体置き場じゃんよ」


 正確には共同墓地である。

 それも、久しく打ち捨てられた地下墳墓だ。

 棚という棚には、剥き出しの遺体が無造作に寝かされ、さながら黄泉路への寝台列車である。


「おかしいな、マニュアルでは街はずれに出現するはずなのに。まあ、まだ正式リリース前だから、いろいろ調整してる最中なんだろうな」


 自分の身体を手探ると、どうやら半袖の服を着ているようだが、バッグの類いはない。

 腰には短剣。

 頭には帽子。

 ポケットにはあかがね色の小銭が少々。


「つぁー、ヒザ、すげぇ腫れてるじゃん。いてて。没入型って、ダメージも痛みで把握するのな」


 没入型RPGとは、俗にVRMMOとも呼ばれる、精神を丸ごとサーバーに預けたかのごとき超リアル体感を可能にしたロールプレイングゲームのことだ。


 彼が涙目になってるうちに、ステータス画面が表示されていた。


「ずっと目の前に表示されてたのか? 観ようと思ったら焦点が合うって、不思議な感覚だな、これ」


 上から内容を確認していく。


 名前:ふるちん


「うぉぁあっ? なんだ、これ!?」


 キャラクター・メイキングの段階で、適当に付けた記憶はあったが、とんでもない名前になっていた。


「いいのかよ、これ。猥褻な言葉とか、差別用語とか、規約で禁止されてたはずだろ」


 職業:盗賊シーフ 12


 後ろの数字は年齢のようだ。

 全身像ペーパードールのウィンドウでは、たしかに中学生くらいの少年が描かれている。


「十八歳以上ってのも規約にあったはずだが……キャラはいいのか。しかし、十二で盗賊たぁ、すさんだ世界だな」

 

 この職種というのは、ゲーム開始時の心理テストの結果が反映されているらしい。

 深く考えず、ほぼ直感でいいかげんに回答したので、問題文はほとんど覚えていない。


 その他もろもろ、数字の羅列を眺めてみる。

 集中していないと、すぐに消えてしまう難儀な操作画面インターフェースだ。


「他の能力値と比べると、やっぱ敏捷性アギリティ手先の器用さデクスタリティが高いんだな。これでモンスターと戦えるのか?」


 初めて見る画面なのに、不思議と理解が脳に流れ込んでいる。


 この最新の没入型ゲームでは、五感のすべてが脳に直接送られているそうだ。

 情報も、見ようと思った瞬間、直感的に転送されているのかもしれない。


「おっそろしい技術だな。このゲームの基幹技術が一般社会に応用されたら、どんなことが起こるやら」


 彼――ふるちんはゲームに疎い。それでも、この技術がとんでないことは理解している。


 そんな高度な科学技術によって創造された仮想空間が、この古めかしい石造りの共同墓地だとすれば、ずいぶんギャップと浪漫ロマンにあふれた話だ。

 どこまで現実の史跡に似せているかは不明ながら、実感としてのリアリティは、申し分ない。


「監修に文科省がからんでるって話、まさかこのへんの絡みか?」


 ぐしゃりと踏んだのは、すっかり枯れ果てた手向けの花や、色あせたリボンの類。そして、時代もわからない遺骸の一部だ。

 足の裏の感触もまた、不気味なほど現実味があった。


「とにかく人がいる場所を探そう」


 より暗い方向を見つめるたびに、何かの数値がチキリ、チキリと増えていく。

 暗視ナイトビジョンのスキルが鍛えられているのだ。


「『人生これ修業』……ってやつか。何でもかんでも評価されるんなら、寝てるだけで開花する才能もあるんだろうな」


 ようやく見つけた扉から外に出ると、そこもまた墓地だった。

 やはり人気ひとけはなく、芝やらシロツメ草が生い茂っている。


 石碑のほとんどは倒れて久しく、コケと木の枝で覆われていた。

 平型の墓石の上には、野良イヌが寝そべっている。


「この世界にも、イヌはいるんだな」


 地下から表れた彼に驚くふうもなく、すんすんと臭いをかいでくる。


「お前の主人もここに眠っているのか? さっき蹴飛ばした遺体がそれでないことを祈るぜ」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます