■五月十四日(木) 博之

「次は日曜日だからね! 絶対に来てよ!!」


 美佐が博之の横で大きな声を出す。


 JRの諏訪山口すわやまぐち駅近くにあるチェーンの居酒屋。二人ともそれぞれ一人暮らしだが、ここから歩いて十分程度の場所に住んでいる。


 博之はため息をついた。いつもの作業着服。バイト先のパチンコ店に朝一番で入って、さっきまで働いていた。美佐も昼間はファーストフードバイトのはずだ。


夏凛かりんがめっちゃ怒ってるんだよ」


「何で夏凛に話しちゃったかなー! そりゃ、あの子は意外とお堅いから怒るに決まってんじゃん。黙ってやって、それで結果を出してから報告すれば、あの子だって納得してくれるのに」


 左手で長い茶髪をかきあげて、美佐がじろっと博之を睨む。


「ビールお待ち!」


 店員が二人の前に中ジョッキを置く。


「ま、乾杯。仕事お疲れ。……夏凛のせいで来ないとか言ったらあたし泣くよ。プラスアルファがいいっていうのは博之も判ってんじゃん? 人が増えたらお小遣いだって増えるし、悪い話じゃないと思うのよ」


「俺だってそう思うよ! だけど夏凛が……」


「何よ、おまえあいつの子分なの!? 夏凛、夏凛って、いくら親しいからって関係ないじゃん」


「だけど夏凛が怒るんだよー」


 半泣きで博之が言う。


 美佐はため息をついた。


「博之が夏凛に頭上がらないのは判ってるけどさぁ」


「判ってるんだったら、美佐から説得してくれよー。俺じゃ無理だよ。夏凛頭いいから、俺じゃ説得できねえよ」


 博之が頼むと、美佐は困った顔になった。


「だってあたし、あの子に嫌われてんじゃん。あたしが言ったら何だってあの子は反対するよ」


「えー、意外と夏凛、そういうところはちゃんとしてるっていうか、怒ってるときはダメだけど、落ち着いてるときは話聞いてくれるよ?」


「だから落ち着いてるときにおまえが説得しろよ。兄貴分だろ?」


「だから俺じゃ無理だって。あいつ怒ると怖いんだよ」


「……えーそっち?」


 美佐はあきれて左ひじをカウンターについた。それから煙草を咥える。


「あれ、美佐、煙草やめたんじゃなかったのか?」


「ストレスたまるんだよー。やっぱやめられねー。しょうがないじゃん、イライラすることいっぱいあるんだもん」


 美佐が言い募る。博之は頷いた。


「判る。世の中、いい人もいるけど、ヤな奴もいっぱいいるよなー」


「……そんな単純な話でもないけど、まあそうか」


 美佐が苦笑いする。それから美佐は博之の目を覗き込んだ。


「今のパチンコ店、けっこう長いよね」


「ああ、二年半くらいかな」


「がんばってんじゃん。偉いよ、博之。今日はあたしがおごる!」


「マジ?! ありがとう! 俺、次の日曜日は絶対行く!」


「早めに来て、他の会員さんとも話しなよ。いろんな人と仲良くなってくれれば、また道も開けるよ」


「……よく判んないけど、まあ、こないだ行かなかったし、次は早めに行くよ」


 博之が言うと、美佐は嬉しそうに笑った。


「ありがとう。待ってる。……今日は飲めよ! おごりだよ」


 美佐の言葉に、博之はメニューを手に、次々と注文を決めていった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます